Carmake Artpro

職人の鍛錬×進化する技術

CAMPAIGN キャンペーン

MAGAZINE アートプロマガジン

  ガラスコーティングやオーダーメイドインテリア、
 レザーシート張替えなどの施工事例から、カーケアに役立つ情報まで。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。

今日のアートプロ

MINIなどなど色々張替

こんにちは。 本日はMINI等の張替えのお話です。 今回はファブリックシートからラウンジ仕様に張替えました。 リアも同じデザインです。 そして恒例のシートヒーターも張替えと同時に取り付けております。 クラブマンの場合、ドリンクホルダーとシフトの間にスイッチを取り付けております。 ここであれば、両方のスイッチが見れますので消し忘れを確認出来ますので、 助手席に置いた食材がホカホカになる事はありません。 最近は着座センサーが反応して音が鳴るので置くことは無いと思いますけど。 お次はRECARO CSEの張替えです。 コレも今ではなかなか手に入らないシートの一つですね。 完成はこんな感じです。 細かいシワ等はこれから調整して無くしていきます。 張替えをすれば古いシートもまだまだ使えますね。 モーターやスイッチがダメになったら部品はあるのかな?と思いますが そこはそっと置いておきましょう。 お次はポルシェのシート修理です。 どこを直すの?って感じですが… ぱっくり縫い目の所で裂けてます。 合皮は経年劣化で硬くなり裂けやすいですね。 それを考えるとファブリックの方が長持ちして耐久性があるので問題無いです。 とりあえず、剥がしていきます。 予想外のウレタンと表皮が張り付いてるパターンでした。 劣化してるので簡単に剥がれたのはラッキーです。 表皮を剥離後、裂けてる箇所を深めに縫い込みをし、組み上げれば完成です。 応急処置ぐらいの感じなのでやはり少し違和感が出たりしますね。 張替えやシート修理等、お気軽にお問合せ下さい。

今日のアートプロ

CITROEN C3 部分張替~完成~

こんにちは。 本日は前々回から書いているシトロエンC3が完成しましたので ご紹介します。 フロントはこんな感じです。 リアも純正と同じように施工しております。 今回は内装全て限定車デビューエディション仕様との事で他の箇所も同じようにやってます。 ステアリングを型取りし、手編みで仕上げていきます。 組み上げるとこのような感じになります。 助手席側のダッシュボードのパネル一部も施工しております。 張替えとなるとシート全部と言うイメージがあると思いますが このように部分的に張替える事も出来ますのでお気軽にお問合せ下さい。    

施工事例

Ferrari 612 Scaglietti

フェラーリ 612 スカリエッティにFenix Scratch Guardの施工をさせて頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが147μ、フェンダーが137μmでした。 今回の施工個所は人気のフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 施工後の膜圧はボンネット505μm、フェンダー619μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット(フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー): 459,000円+税 Fenix Scratch Guard ヘッドライト : 64,000+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

今日のアートプロ

CITROEN C3 部分張替~続編~

こんにちは。 本日は前回お話しましたC3の部分張替えの続きです。 まずフロントシートを解体していきます。 素っ裸です。 なかなか見れない状態ですね。 これは座面です。 この黄色いステッチが入っている所から先の黒い箇所を縫い変えて張替えします。 グレーの方を傷付けないように地道にほどいていきます。 バラバラにした後、型出しをし革を裁断→縫製していきます。 縫い合わせが出来るとステッチを入れていきます。 わさっと被せるとこんな感じです。 全体像はこんな感じです。 これで限定車デビューエディションの完成です。 と、言いつつもまだヘッドレストが残ってるので引き続きやっていきます。

今日のアートプロ

ロータス 3-Eleven Fenix Scratch Guard ペイントプロテクション施工

本日は京都府よりお越し頂いた「ロータス 3-ELEVEN」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、 綺麗な状態を長期に亘り維持出来るので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工箇所は一体型のフロントカウル、フロントリップスポイラー、ヘッドライト、カーボンリアウイング、サイドステップです。 まずはフロント周り、ヘッドライト、インナーフェンダー、カーボンリアウィングを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 まるでレーシングカーのようなモノコック構造ですね。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がったらバンパーやライト類を組付け、このままでも納車出来るレベルに塗り上がっているのですが ここから更に艶感を上げていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 ロータス 3-ELEVENのFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。 今回の完成動画をアップしておりますので是非ご覧ください!

今日のアートプロ

Kawasaki Z900RS Ceramic PRO 9H 10層コーティング 施工

こんばんは、コーティング担当 山本です。 本日はKawasaki Z900RSに施工致しましたCeramic PRO 9H 10層コーティングをご紹介します。   まずは洗車を行い埃や汚れ等を落としてガソリンタンク、フロントタイヤカウル等を磨いていきます。 磨き終わればコンパウンドを洗い流して脱脂を行ってからCeramic PRO 9Hを施工箇所に塗布して行き、 LEDライトなどでムラが残っていないかチェックしながらCeramic PRO 9Hを10層塗り重ねていきます。 手の入らないパーツなどにはスプレーガンで吹き付けていきます。 最後にトップコートのCeramic PRO LIGHTを塗布して施工完了です。 本日もアートプロブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きやガラスコーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さい。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

今日のアートプロ

CITROEN C3 部分張替中

こんにちは。 本日はC3の部分張替えの途中経過のお話です。 最近は途中のものばかりですが…。 別作業で止まっている物や完成し、完成写真を撮らずに出て行ってしまった車たちもちらほらと…。 まぁ出来るだけ完成まで書けるようにします。 とりあえず、いつものようにシートを降ろす所からスタート。 現在はリアシートから進めてます。 部分的に縫製を解き、バラバラにしております。 そして張替える革を裁断して縫製をしていきます。 完成はC3の限定モデル仕様になります。 現在はまだここまでなので徐々にアップしていきます。 写真の撮り忘れが無ければ…

今日のアートプロ

LEXUS RX450h 断熱フィルム施工

皆さんこんばんは、フィルム部の小川です! 今回ご紹介するお車は、LEXUS RX450hです! こちらは、レザーコーティング・ホイールコーティングとセットで 断熱フィルムの施工をさせて頂きました! フロント3面に透明断熱フィルム「IKC シルフィード FGR-500」 サンルーフ2面に「IKC FGR-3500」 を施工させていただきました! 熱成形後の写真です。 しっかり養生しての施工です。 サンルーフとフロントドアもさくっと施工し完了です! これから気温が上がり暑くなってくる時期です! 断熱フィルムを検討されている方は暑くなる前に対策されてはいかがでしょうか!! ご来店・お問い合わせお待ちしております!   お問い合わせはこちらから

今日のアートプロ

フェラーリ 599 ULGO AP-1 ガラスコーティング施工

「ガツガツしたフェラーリよりももう少しエレガントなモデルを」 という方に人気の高いフェラーリが誇るフロントエンジンモデル「フェラーリ 599」が入庫 ULGO AP-1 ガラスコーティング施工をご用命頂きました 「フェラーリ=乗りにくい?」というイメージを持たれている方も多いような気がしますが、 ところがどっこい、この599はもちろん、フェラーリはどのモデルもとても乗りやすいんですよ 変にガチガチした感じもありませんし、「一生に一度は!」と考えられている方は是非乗られることをオススメします 施工の模様を「CARMAKE ARTPRO YouTube」にアップしましたので 是非ご覧になられてください

今日のアートプロ

ポルシェ パーツ張替

こんにちは。 本日はポルシェの部品のみお預かりしている分の張替のお話です。 エアバック部を張替えするので、とりあえず解体していきます。 この部品を張替えるとエアバックは開かなくなるので、了承頂いた方のみ施工しております。 型取り、裁断をした状態でここから縫製をしていきます。 一気に完成です。 今回は黒のアルカンターラにイエローステッチでデザインを入れてます。 いくつかまだパーツあるのですが、他の物はまだ途中なのでまた今度。 センターコンソールもこんな感じに仕上がりました。 遠方でも部品をお送り頂ければ施工は可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

今日のアートプロ

フェラーリ 612 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクション施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「フェラーリ 612」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネットが147μmで、フェンダーが137μmでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です。 ボンネット505μm フロントフェンダー619μm フェラーリ 612のFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。 今回の完成動画をアップしておりますので是非ご覧ください!

今日のアートプロ

ランボルギーニ ウラカン ULGO AP-1 ガラスコーティング 施工

こんにちは! 本日はランボルギーニ ウラカンの鏡面磨きとULGOガラスコーティングの施工をご紹介致します!! まずは鏡面磨きからです!パールホワイトで傷などは目立ちにくいんですが かなりバフ傷、洗車傷などが入っているのでしっかり磨いていきます。 スーパーカーを磨く時はいつも以上に緊張しますね… キズの磨き残しのないようにLEDで確認していきます 大きいポリッシャーが入らない箇所はこのミニポリッシャーで可能な限り傷を磨けます。 特にスーパーカーは細かい箇所が多いのでこのポリッシャーがかなり役に立ちます! そして磨き終わればお次はボディのガラスコーティングです! アートプロでは現在、自社のコーティング剤「ULGO」と日本総代理店展開を行っている「Ceramic PRO 9H」の2種類を施工しています。 今回はULGO ガラスコーティング AP-1(撥水タイプ)でやっていきます! まずはベースコーティングをボディにまんべんなく塗り込んでいきます。 写真を撮り忘れててありません…すみません。泣 ベースコーティングを拭きとればトップコートのSP-1を塗り込みます。 その作業が終われば最後にLEDパネルでムラ、拭き残しがないかを点検していきます! このパネルのお陰でコーティングの拭き残しなどがかなり軽減されます! そして後は幌コーティングです! こちらのCeramic PRO TEXTILEは業者様から一般ユーザー様までご購入頂いたりして非常に施工自体は楽に出来ます! まだ試されたことのないお客様は一度お問い合わせ下さい! これで一連の作業は終了です(^^) パールホワイトでわかりにくいですが磨いて艶が出て、コーティングを塗ることで更に艶感アップです! 皆さんもこれから暑い日が続きますのでコーティングを施工して少しでも楽な洗車にしたいと思いませんか?? そんなお客様は一度アートプロへお越しください!

施工事例

Porsche 993

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが192μm、フェンダーが168μmでした。 施工個所は人気のフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 施工後の膜圧はボンネット561μm、フェンダー538μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット(フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー): 378,000円+税 Fenix Scratch Guard ヘッドライト : 54,000+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

今日のアートプロ

ポルシェ993 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクション施工

本日は大阪府高槻市よりお越し頂いた「ポルシェ993」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス・スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイント・プロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネットが192μmで、フェンダーが168μmでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です。 施工後の膜圧はご覧の通り、 ボンネット561μm、フェンダー538μmと脅威の膜圧に仕上がっています。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 ヘッドライトもご覧のとおりの仕上がりです! 貼るタイプのプロテクションフィルムだとこのようなフォグランプ等は施工しているのがわかってしまいましたが、 塗るタイプのプロテクションフィルムだと施工しているか分からない綺麗な仕上げとなっています。 ポルシェ993のFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。 今回の完成動画をアップしておりますので是非ご覧ください。

今日のアートプロ

BMW R1200GS Ceramic PRO 9H ガラスコーティング施工

こんばんは、コーティング担当 山本です。 本日はBMW R1200GSに施行致しましたCeramic PRO 9Hガラスコーティング施工をご紹介します。 まずは洗車を行い埃や汚れ等を落としてからCeramic PRO 9Hを塗布して行きます。 プラスチック製のパーツにもしっかり塗り込んでいき、 手の入らないパーツなどにはスプレーガンで吹き付けていきます。 動画を載せていますので見てください! 本日は弊社アートプロブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。 有限会社カーメイクアートプロ
ボディーコーティング担当 山本 世界最強のボディーコーティングCeramic Pro9H http://www.ceramic-pro.jp/ カーメイクアートプロ オリジナルディテーリングブランドULGO http://www.ulgo.jp プロテクションフィルムの世界トップブランド Fenix scratch guard http://www.fenix-sg.jp/ 世界初 傷が消える! 自己修復機能コーティングFEYNLAB https://m.facebook.com/FEYNLAB-Japan-265246650583234/

今日のアートプロ

MAZDA Roadster パーツ張替

こんにちは。 本日はマツダ ロードスターのパーツ張替えのお話です。 今回張替えをする箇所はステアリング・シフト/サイドブーツ&グリップです。 純正は全て黒色でしたがブーツのみシートに近いブラウンを使用し、 グリップは黒革に糸のみブラウンです。 これが元の状態です。 サイドグリップは本体から外れないので車内で型取り・編み込みをしていきます。 しっかりと編み込み、ブーツを被せるとこんな感じです。 シフトの方もこのように仕上がりました。 前側から見る事は滅多にありませんが、このように編み込みをしております。 小さい物は使用する革が少なくて安いんじゃないかとよく言われますが、 小さい物程シビアに作らないと合わないので何度か調整・仮合わせをして完成させますので案外難しいのです。 純正品でなくても張替えは可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。 ホームページが新しくなってからは写真も添付出来るようになってますので添付頂けたら助かります。

もっと見る

PICK UP CONTENTS ピックアップ

 お客様のカーライフのかたわらに寄り添い、驚きや感動をお届けする
私たちを知ってもらうおすすめコンテンツです。

ARTPRO PEOPLE

 匠の技とセンスで「大切な1台」と向き合う
アートプロのカーディティール職人たち。

アートプロの人

STORY

 1993年の創業以来、大切にしてきた
「車を美しくすること」への思いとこだわり。

ストーリー

FOR WOMEN

 ドライブの時間がもっと快適で楽しくなる
カーケアのメニューを集めました。

 女性に人気の
サービスメニュー

PRICE

 カーメイクアートプロが提供するサービスの
施工料金表をPDFでご覧いただけます。

料金表

SERVICE サービス

より快適で充実したカーライフのための技術とサービス。

WORKS 施工事例

  アートプロが手がけたガラスコーティング、オーダーメイドインテリア、
 シートリペア・クリーニング、レストアなどをご紹介。
希少なクラシックカーやスーパーカーの施工事例もぜひご覧ください。
アートプロが手がけた施工事例をぜひご覧ください。

施工事例

Ferrari 612 Scaglietti

フェラーリ 612 スカリエッティにFenix Scratch Guardの施工をさせて頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが147μ、フェンダーが137μmでした。 今回の施工個所は人気のフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 施工後の膜圧はボンネット505μm、フェンダー619μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット(フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー): 459,000円+税 Fenix Scratch Guard ヘッドライト : 64,000+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

施工事例

Porsche 993

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが192μm、フェンダーが168μmでした。 施工個所は人気のフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 施工後の膜圧はボンネット561μm、フェンダー538μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット(フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー): 378,000円+税 Fenix Scratch Guard ヘッドライト : 54,000+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

施工事例

Jaguar XJ

クラシックモデルながら今なお根強い人気のあるジャガー XJが入庫しました。 年式の加減もあって小キズは全体的に多く見受けられました。 使用する機械やコンパウンドを変えつつしっかり磨き上げていき、 Ceramic PRO 9H 4層コーティングで艶やかで輝きを増したボディに蘇りました。 参考価格(セラミックプロ9H 4層)…305,000円+税 年式割増による追加磨きを含んだ金額です 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

施工事例

NISSAN FAIRLADY Z34

施工前はシ-ト・ドアトリムがファブリック素材で他はプラスチックパーツです。 今回施工に使用した素材はPVCの紫です。 施工箇所はシート・ドアトリム/アームレスト・ダッシュボード・ センターコンソール・ステアリングAピラー・バイザーです。 部分的に黒色の箇所を残し紫とのバランスの良いツートンに仕上がりました。 シートセンターとドアトリムにはキルティングを施し、イベントに出るには最高の車となりました。

施工事例

Mercedes Benz C Class

純正はファブリックとPVCのコンビです。 今回施工に使用した素材はヨーロピアンレザーのブラウンです。 施工箇所はシートとドアトリムになります。 ステッチカラーは革と同色のブラウンになります。 フロントシート左右には後付けシートヒーターを同時に取付させて頂きました。 参考価格 シート全席 ¥330.000 ドアトリム4枚 ¥36.000 シートヒーターフロント2脚取付 ¥85.000

施工事例

Ferrari 488 Spider

新車のフェラーリ 488 スパイダーが入庫しました。 納車後間もない時期にご来店頂き、ボンネット、フロントバンパー、左右フェンダーへの Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工をご用命頂きました。 フロント廻りへの施工でしたので「フロント廻り分解 → Fenix施工 → 組付け+磨き」という流れで施工しました。 一つ一つのパーツに丁寧に施工し、独特の艶感に強固なプロテクト性能を併せ持った上品な仕上がりの一台となりました。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット : 382,500円+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

もっと見る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE