ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

職人の鍛錬×進化する技術

SERVICE サービス

より快適で充実したカーライフのための技術とサービス。

ARTPRO BLOG アートプロブログ

  ガラスコーティングやオーダーメイドインテリア、
 レザーシート張替えなどの施工事例から、カーケアに役立つ情報まで。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。

BLOG

MINI サイドブーツ作製

こんにちは。 本日はミニクーパーのサイドブーツ張替えのお話です。 純正は合皮で擦れたのか穴がぽっかり開いてますね。 とりあえずコンソール本体から取り外します。 現物の縫製を解いて型取りし、型紙に落とします。 そして生地裁断です。 今回はワインレッドのスエードですが、写真では真っ赤に見えますね。 スエードは特に色が違って見えます。 縫い合わせが終わればダブルステッチを入れていきます。 [caption id="attachment_51982" align="aligncenter" width="1024"] 同色に見えますがステッチは生地より濃いワインレッドです。[/caption] 縫製が終われば張込です。 本体に組付ければ完成となります。 ワンポイントカスタムもオシャレでいいですね。  

BLOG

ベンツおすすめボディコーティング| ベンツS 63セラミックプロ(9H 4layer/4層)コーティング施工事例

最高硬度9Hの硬さと優れた防汚性能を持つ 自動車用ガラスコーティング Ceramic Pro 9Hは、自動車の塗装保護のための画期的なコーティングシステムです。 3Dセラミックマトリックス分子構造を持ち、優れた耐擦傷性・耐薬品性をを誇ります。 長期間に亘って塗装を保護し、日常の洗車も簡単・迅速洗浄することができます。 Ceramic Pro 9Hは一度硬化すると薬品等では除去できない優れた耐久性を実現します。 中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きセラミックプロ9H(4layer4層)ガラスコーティングの施工を行います。 磨き作業を行う前にまずは、徹底的にボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ベンツのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 オプション作業のホィール磨き・ガラス磨き・メッキ磨き メッキ・アルマイトモール金属研磨 メッキパーツに本来の輝きを! 輸入車のウインドーモールやルーフレールの多くはアルマイト加工がされており、アルカリ錆によってくすみや白化等が顕著に現れます。所要時間を要する作業ですが、特殊研磨剤と専用バフを使用し丹念に磨き込む事で、激しく劣化したものでも新品の輝きを取り戻すことが可能です。 隅々まで小型ミニポリッシャーを使い分けをして、新車時の様に仕上げていきます。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを4layer /4層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 カーボンパーツにもしっかりとセラミックプロ9Hコーティングを4layer/4層塗り重ねた光沢は素晴らしい光沢と耐久性、UVカット性能があり、カーボンパーツ屋ボディ,ホィールなどを紫外線からガード致します。 CeramicPro施工車用メンテナンスキット新発売! Ceramic Pro 9H施工車両に最適なメンテナンスキット「CeramicPro MAINTENANCE KIT」をご用意しています。 コーティング施工車両に最適化されて開発されたメンテナンスシャンプー、撥水性能や艶感を再生・向上させる「CeramicPro CARE」をはじめスポンジやマイクロファイバークロスがセットになった、「CeramicPro」やその他ボディコーティング施工車両に最適なメンテナンスキットです。 オプションプロテクションフィルムメニュー メッキモールプロテクションフィルム・エントランスカバー 欧州車特有のアルマイトメッキモール白サビを透明プロテクションフィルムでしっかりとガード致します。 オプションCeramic Pro WHEEL & CARIPER ホイールやマフラー・足廻りなども保護 特に過酷な環境にあるホイールなどの足廻りやマフラーも専用コーティング剤「Ceramic Pro WHEEL & CARIPER」で保護。高い硬度と保護性能でスリキズを軽減し、汚れが付着しにくく固着するのを防いで洗車時に落としやすくします。 Ceramic Pro LEATHER レザーシートやインテリアも保護 レザーインテリア専用に開発された「Ceramic Pro LEATHER」。 優れた撥水性や防汚性・保護性能で汚れの付着や摩耗を防止。高い耐UV性によりプラスチックやゴムの劣化や色落ちを防止します。 Ceramic Pro PLASTIC モールやインパネなどのプラスティックも保護 モールやインパネ・タイヤなどの未塗装プラスチック・ゴム向け専用に開発された「Ceramic Pro PLASTIC」。 高い保護性能で汚れの付着を軽減し、適度な艶で美しく保ちます。また耐UV性で劣化や白ボケを防ぎます。 Ceramic Pro TEXTILE 幌やファブリックシートもコーティング 幌やファブリックシートなどの布部分向け専用に開発された「Ceramic Pro TEXTILE」。 セルフクリーニング効果で汚れの付着をふせぎ、撥水・撥油効果で耐久性を伸ばし劣化を防止します。 Ceramic Pro RAIN 雨天時にクリアな視界を確保します。 ガラス用に特別に設計されたコーティング「Ceramic Pro RAIN」。 高い撥水性能で運転時の視界をクリアに確保。ガラスの小キズなどを埋めることができ、晴天時の視界もよりクリアになります。プロの硬度な下地処理と「Ceramic Pro RAIN」の高い性能により優れた耐久性を発揮し、長期に渡って効果を維持します。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 カーメイクアートプロでは飛び石傷などからボディを保護するFenix scratch guardの施工も行なっております。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 カーメイクアートプロFenixページはこちらからご覧下さい↓ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらからご覧下さい↓ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。

BLOG

TOYOTA ハイラックスサーフ バイザー張替

こんにちは。 本日はトヨタ ハイラックス サーフのバイザー張替えのお話です。   純正はビニールを圧着して閉じている状態です。 純正のこのような作りをしている工程を見てみたいです。 とりあえずベロっと剥がします。 プラスチックパーツはこのまま外すと破損する可能性があるので、とりあえずこのままです。 脱皮完了です。 ここからプラスチックパーツを外していきます。 天井に固定されるシャフトを引き抜くとバイザーが二分割に分離出来るので、 分離した状態で裏側から固定されているツメを解除して外します。 カード入れも同じく裏側から外しました。 そして型取り、縫製の終わった物を被せます。 袋状になっているので、後は編み込みです。(撮影忘れ) [caption id="attachment_51937" align="aligncenter" width="1024"] 編み込みが終わった状態です。[/caption] ここからミラーやカード入れを付ければ完成です。 [caption id="attachment_51938" align="aligncenter" width="1024"] 今回は黒のウルトラスエードを使用しました。[/caption] スエードは耐久性がそこまで強くないので、このような触らない箇所に使用すれば イメージも変わり、高級感が出ますし触り心地も抜群です!! あまり触る事ありませんけど。   このように部分的な張替えをするとイメージが変わりワンポイントのアクセントで お洒落になりますね。 お気軽にお問合せ下さい。

VOLVO V60 ヘッドライトプロテクション施工!!

本日ご紹介するのはVOLVO V60 ヘッドライトプロテクション施工です。   今回はJN-SHIELDでの施工です。   ポリカーボネート製ヘッドライトは屋外の紫外線等により劣化しくすんでしまうケースがあります。 JN-SHIELD Type-Lを施工することで、紫外線を97~99%カットし、ヘッドライトの劣化を抑制します。 また、くすんでしまったヘッドライトでも、透明度を復元し、長期に透明性を維持します。 施工風景はこんな感じです。 まず荒切りでおおよそのサイズに切り出します。 ヘッド周りもマスキングテープで保護し、施工開始です。 保護フィルムを剥がし施工ゲルを吹き付けていきます。 次はヘッドライトのRに合わせて引っ張って仮止めします。 次はスキージで施工ゲルを抜いていきます。 もう一度荒切りでヘッドライトの際までカットし、 スチームの熱で粘着面の食いつきを良くし、施工ゲルを洗浄をします。   最後に浮いてこないようにヘッドライトの縁より2~5ミリほど内側でカットし完成です。 こちらのフィルムはメッキモールなどにも同様に施工できますので、 メッキモールの雨染みなど気になる方も、 お気軽にお問合せ下さい。      

BLOG

マセラティ レバンテ TROFEO  Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

今回はTROFEOのボンネット・フロントバンパー・カーボンリップスポイラー・フロントフェンダーにFenix scratch guardクリアペイントプロテクションフィルム施工。 ヘッドライトにはF enixクリアヘッドライトプロテクションフィルムの施工が完成致しました。 同時にエンブレムクロームメッキパーツをブラックアウトペイント完成です。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで美しく施工可能。傷や飛び石傷や、ウォータースポットなどからボディを強力にガードします。 施工前の塗装膜厚を測定致します。 ●ボンネット235μミクロン ●フロントフェンダー膜厚334μミクロンです。 Fenix施工後にもう一度膜厚を測定致します。 右側Fフェンダー ボンネット右側 カーメイクアートプロでは仕上がりにこだわり、細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを熟練スタッフが脱着して美しく仕上げていきます。 フロントバンパー施工画像です。 ドアミラー施工画像です。 フォグランプ施工画像です。 フロントカーボンリップスポイラー施工画像です。 ボンネット・グリル・バンパー等をFenixクリアペイントプロテクション塗装を16層(16回)塗り重ねていきます。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 Fenixプロテクションフィルムの強みは膜厚が非常に分厚く、クリア感が非常にあり、磨く事やボディコーティングの施工も可能です。 約16回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 〔After 〕Fenixカラーペイントプロテクションフィルム完成致しました。 Fenixクリアペイントプロテクションフィルムは究極の光沢です。 ボンネット・フェンダーダクトまで全て繋ぎ目なく、Fenixクリアプロテクションフィルム施工が完成しております。 ヘッドライト・フォグランプにはFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工が完成です。   After エンブレムブラックアウト完成です。   ブラックモール同色にエンブレムをペイント致しました。 パールボディにブラックエンブレムお似合いです〜! ビフォー塗装膜厚は ●ボンネット235μミクロン ●フロントフェンダー膜厚334μミクロン アフター ●ボンネット472μミクロン ●フェンダー486μミクロンの分厚いプロテクションフィルムに仕上がっております。 今回のマセラティ、Fenixクリアペイントプロテクションフィルム施工事例動画Youtubeはこちらをご覧ください→https://youtu.be/qu1Jekf96D0 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。 マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。 カーメイクアートプロショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。 サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。 レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。 レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。 VW アルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例   純正ガンメタリックカラーから Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。 Before&After Fenix scratch guardフェニックプロテクションフィルム性能動画 https://youtu.be/dEJ72GSUhXE カーメイクアートプロFenixページはこちらをご覧下さいhttps://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい。https://fenix-sg.jp/ Fenix scratch guard ペイントプロテクションフィルムの耐久性動画YouTubeはこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/KLNDImcaieU Fenix scratch guard 傷が消える特殊性能 自己修復動画YouTubeはこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/PNKRaaS_5yI ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。

BMW 740iL クリアマットFenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は兵庫県よりお越し頂いた「BMW 740iL」のFenix Scratch Guard マットクリアプロテクションフィルムの施工が完成致しましたのでご紹介致します。 今回は新車のマットペイントへマットクリアペイントプロテクションフィルムを施工いたしました。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、左右ヘッドライト、左右ミラーカバーです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目がなくなり綺麗に仕上がるので手が抜けません。 施工前の塗装膜厚がフロントフェンダー95.7μm ボンネット105μm 施工後の膜厚が、フロントフェンダー298μm ボンネット324μm フロントドアとフェンダーでは約200μmの厚みがあるため、少し白みがありますがマット感は損なわれずに仕上がっております。 飛び石対策等でプロテクションフィルムをご検討されているお客様は是非カーメイクアートプロにお任せ下さい。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。 マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。 カーメイクアートプロショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。 サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。 レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。 レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。 VW アルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例   純正ガンメタリックカラーから Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。 Before&After Fenix scratch guardフェニックプロテクションフィルム性能動画 https://youtu.be/dEJ72GSUhXE カーメイクアートプロFenixページはこちらをご覧下さいhttps://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい。https://fenix-sg.jp/ Fenix scratch guard ペイントプロテクションフィルムの耐久性動画YouTubeはこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/KLNDImcaieU Fenix scratch guard 傷が消える特殊性能 自己修復動画YouTubeはこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/PNKRaaS_5yI ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。

BLOG

Ferrari 488Pista  Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「Ferrari 488Pista 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。   Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、左右ヘッドライト、 左右サイドステップ、左右ミラーです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 Ferrari 488Pista Fenix Scratch Guard施工が完成です。飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。          

BLOG

ランボルギーニ アベンタドール  Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「ランボルギーニ アベンタドール 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、左右ヘッドライト、 左右サイドステップです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 ランボルギーニ アベンタドールFenix Scratch Guard施工が完成です。飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい        

BLOG

フェラーリ F12  Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は京都府よりお越し頂いた「フェラーリ F12」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、左右ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、左右ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。   約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 フェラーリ F12 Fenix Scratch Guard施工が完成です。飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい            

BLOG

ポルシェ フロントガラスプロテクション P-SHILD施工!!

皆さんこんばんは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するのは、 フロントガラスプロテクション P-SHILDのご紹介です。 滋賀県にあるガレージクレヨン様に出張施工に行かせて頂きました!   ポルシェGT3とポルシェ911の 2台を施工させて頂きました。 施工風景です。   完成写真です。 911は社長様がサーキット走行もされるお車ですので、 同時に施工させて頂けて光栄です! これで飛び石も心配ありませんね!   ポルシェ以外にも対応できますのでお気軽にお問合せ下さい! では本日はこの辺で。    

BLOG

MINI CLUBMAN 内装張替

こんにちは。 本日はミニ クラブマンの内装張替えのお話です。 純正シートはファブリックです。 現代のファブリックでも色々な柄があってオシャレですね。 リアシートも同様ですね。 ブラックとホワイトのステッチもバランス良く入ってます。 今回は張替えと同時にシートヒーターを取付するのでいつものドリンクホルダーと シフトノブの間を加工して取付します。 バラシはいつものようにサイドカバーから外していきます。 そして張替え前にヒーターパッドを内蔵します。 完成はこのようになりました。 MINIのオーナー様は車両もオシャレにされる方が多く、様々なカラーリングで張替えされていきます。 今回はオレンジの本革でステッチも同色です。 そしてシートセンターには縦のタックロールのデザインを追加しております。 このデザインは人気ですね。 ベルトやアイソフィックス等の黒い部品も所々にあるので引き締まって見えますね。 ヒータースイッチはこのように取り付けです。 両側からスイッチが見えるので便利ですね。 これから寒くなる時期はヒーターがあると助かります。 シートヒーターや内装張替え等、お気軽にお問合せ下さい。  

BLOG

テスラモデル3 本革シート張替施工事例

  【Before】 テスラモデル3純正ブラックレザーインテリア     作業スタートします。 まずは、シート前席・ドアトリム・コンソールを全て、テスラに熟知したスタッフが慎重に脱着致します。     【Before】 リヤシート座面     【Before】 ドアトリム     熟練スタッフがハンドメイドキルティング縫製を仕立てていきます。     【Before】 リヤシート     【After】 リヤシート     シートデザイン変更の為、ウレタンフォームも加工致します。     張替え作業から終了して、組付け・特殊工具にてシワ伸ばし工程・完成です。   【After】 本革シート張替え完成です。     今回のテスラモデル3ワインレッド本革シート張替参考価格です。 ■前席シート張替       ¥250,000  ※素材・仕様により変動します。 ■ドアトリム4枚       ¥35,000~ ■コンソール         ¥20,000~ 【オプション】 ■フロントシートT製刺繍2個 ¥12,000~ ■リヤシートT製刺繍2個   ¥12,000~   テスラモデル3完成動画はコチラ! ➡   その他、T-ART Tesla Designラインナップもおすすめです~!       T-ARTブラックカーボン/ブラックレザー赤ラインステアリング テスラモデル3のボディカラーレッドの内装にマッチします。     T-ARTブラックカーボン/ホワイトレザー白ラインステアリング         T-ART Tesla Design T-ARTでテスラライフをもっと楽しもう!   カーメイクアートプロがプロデュースするテスラインテリアブランド【T-ART】。 オーダーメイドインテリア本革シート張替えやシトカバー・カーボンステアリング・フロアマット・内装パーツのカスタマイズはお任せください! カーメイクアートプロHP ➡https://www.art-pro.co.jp/

BLOG

フェラーリF12 カーボンステステアリング加工施工事例

今回は、フェラーリF12ノビテックN-LALGOフルコンプリートワイドボディのブラックカーボンステアリングに赤ナッパ本革に張替え&イタリアステッチ・センターイタリアライン加工・エアバッグ赤ナッパカラーペイントを施し、パドルシフトカーボン加工・センターコンソールにもカーボン加工の施工が完成致しました。 【Before】 フェラーリ純正シルバーコンソール     【After】 リアルウェットカーボン加工完成。 今回はフェラーリ純正部品をリアルカーボンに加工致しました。     【Before】 フェラーリ純正ブラック本革     【Before】 パドルシフト     【Before】 ステアリングエアバッグパッド       【After】 上下リアルウェットカーボン加工・センターラインイタリアライン完成です。     【After】 エアバッグ赤ナッパカラーペイント完成です。     【After】 イタリアステッチ完成です。     【After】 パドルシフトカーボン完成です。     カーメイクアートプロではリアルカーボン12パターンからお選びが可能です。     フロントフェンダーにはイタリアラインをラッピングフィルム施工完成です。     ヘッドライトクリアプロテクションフィルムや、ライトスモークプロテクションフィルムの施工も可能です。     今回のフェラーリF12 インテリアカーボン加工完成動画YouTubeです! ➡https://youtu.be/5l2Od3A6s34   カーメイクアートプロ革職人の手は、限りなく技術の可能性を求め、心は昔ながらの伝統ある職人気質を守る。 創業以来、ステアリング張替えや内装カスタマイズ、自動車メーカー試作など日々ステアリング張替技術を追求・ 研究を続けております。 当社では、熟練した職人の手によってひとつひとつ丁寧に仕上げております。 本革ならではの高揚感は精妙で最高品質のインテリア空間を演出します。 カーメイクアートプロ インテリアページです。 ➡https://www.art-pro.co.jp/service/#interior カーメイクアートプロYouTube ➡ https://www.youtube.com/c/CARMAKEARTPRO

BLOG

AUDI TT ステアリング張替

みなさま、どうもこんにちは。 朝晩は冷えてきておりますが、体調など崩されていないでしょうか?   今回紹介するのは、アウディTTのステアリング張替えです。 まずは、お預かり時の状態です。   実はこれ、スエードなのです。 起毛がぺっちゃんこになって表革の様に(笑)   かろうじて、スポークの裏側に、元の状態が残っていました。   で、今回はこれをフルディンプルに。   6時方向にプラスチックパーツがあるので、1枚の革で作っているのですが、かなりスッキリしているので、個人的には大好きな仕様でした。   この様な案件も承っております。 お気軽にお問合せ下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

トライアンフ バイクプロテクションフィルム施工

今回は新車THRUXTON-Rのガソリンタンク・カフェレーサーカウル・シートカウルにFenixカラーチェンジグレープロテクションフィルム施工 フロントフェンダー・サイドカバーにFenix Scratch Gardクリアペイントプロテクションフィルム施工。 ヘッドライト・スクリーンにはFenixライトスモークプロテクションフィルムの施工が完成致しました。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。 バイクのボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで美しく施工可能。 傷や飛び石傷や、ウォータースポットなどからボディを強力にガードします。     新車トライアンフパールホワイトから人気色ナルドグレーにカラープロテクション。 Before&After     Before ヘッドライト・カフェレーサーカウル・スクリーン     Before サイドカバー     Before シートカウル     Before タンク     カーメイクアートプロでは仕上がりにこだわり、細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     Before ヘッドライト     施工前の塗装膜厚を測定致します。 ●新車時のタンクの塗装膜厚は157μミクロンです。 Fenix施工後にもう一度膜厚を測定致します。     Fenixクリアペイントプロテクションフィルムを12回塗装を繰り返し施工して厚みを付けていきます。     次の工程では水性塗料ナルドグレーに調色して4回ペイント致します。     次の工程ではFenixクリアトップコートをペイントして完成です。     ヘッドライトにもライトスモークプロテクションフィルム施工監視です。     スクリーンにもFenixスモークプロテクションフィルム施工完成です。     サイドカバー・フロントフェンダーにもFenixクリアペイントプロテクションフィルム施工完成です。     全てのパーツにFenixプロテクションフィルム施工完成です。     After Fenixペイントプロテクションフィルムは究極の光沢です。 タンク・フェンダーカウルに至るまで全て繋ぎ目なく、Fenixプロテクションフィルム施工が完成しております。     After ●タンク33μミクロンの分厚いプロテクションフィルムに仕上がっております。     トライアンフイベントでもカラープロテクションフィルム大好評でした。     日本のバイク情報TV Like a wind(ライクアウインド)TV番組取材YouTube動画です。 ➡https://youtu.be/c1-en8ezWqg Fenixカラーチェンジプロテクションフィルム参考価格です。 ■タンク        ¥62,000 ■カフェレーサーカウル ¥58,000 ■シートカウル        ¥24,000 ■サイドカバー2個    ¥26,000 ■スクリーン                     ¥36,000 ■ヘッドライト                ¥26,000 ※上記価格は脱着工賃は別途必要となります。                                      

BLOG

ネックパッド張替

みなさま、どうもこんにちは。 随分と日が沈むのが早くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか? 今回紹介するのは、ネックパッドの張替えです。 このアイテム、流行っているんでしょうか? 画像を探すと出るわ出るわ、色んなタイプのものがありました。 名前も様々、ネックパッド、ネックピロー、ヘッドレストクッション、etc...。 なかなか侮れないようです(笑)         なかなか複雑な形をしています。 が、とりあえず分解していきましょう。   型紙を起こし、新しい生地にけがきます。   裁断・縫製を経て、完成です。   この様な案件も承っております。 お気軽にお問合せ下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

もっと見る

大阪のコーティング
施工事例
カーメイクアートプロ

 大阪のガラスコーティングは
当社にお任せください。

大阪でガラスコーティングをお考えの方は【カーメイクアートプロ】の高品質コーティングを是非ともお試しください。当社は大阪で数多くのカーコーティング施行をさせて頂いております。アートプロが取り扱う「究極の輝き」と「保護力」を実現するガラスコーティング剤、そしてそのコーティング剤の性能を最大限に引き出す熟練の職人技でお客様の愛車を新車以上に仕上げる事ができます。その仕上がりに、数多くのお客様から納得のお声を頂いております。

01

【Ceramic PRO 9H 施工】
大阪のガラスコーティング

大阪市中央区のO様からのご用命で【ジャガー XJ】のCeramic PRO 9H ガラスコーティングの施工をさせて頂きました。「Ceramic PRO 9H」は当社がオススメするメニーの一つで、その特徴は新車以上の仕上がりが可能な「最高の輝き」と「安心の保護力」です。最高硬度9Hでコーティングをすることで、輝きと保護力を同時に手に入れることができます。そして、せラミックプロのもう一つの特徴が、「Ceramic 3Dセラミックマトリックス分子構造」により微細な汚れが付きにくくなり、対紫外線、耐熱性、耐薬品性、耐擦傷性に優れたボディーに仕上げる事ができます。

02

【ULGO AP1 施工】
大阪のガラスコーティング

とてもかっこいい「トヨタGRスープラ」の施工事例は大阪市東住吉区のH様からのご依頼です。施工内容は「ULGO AP1撥水タイプ」。「ARTPRO ULGO(アートプロウルゴ)」は当社がオリジナルで開発した高性能なカーコーティング商品です。10,000台を超えるコーティングの施工事例をもとに、化学メーカーと共同開発したULGOは主に2タイプがあります。「撥水型」と「疎水型」です。「撥水タイプ」は水を弾く仕上がりをご希望の向けで、「疎水タイプ」はしっとりした光沢に仕上げたい方向けです。その他にも「本革」「ガラス」「ホイール」「タイヤ」「モール」等、丸ごとコーティングすることが出来るのが「ARTPRO ULGO(アートプロウルゴ)」です。

03

【FEYNLAB施工】
大阪のガラスコーティング

大阪市淀川区Y様よりご依頼いただき【LEXUS NX300】をFEYNLABを使用してガラスコーティングを施しました。当社オススメコーティングメニュー「FEYNLAB(ファインラボ)」の凄さは「世界初のキズを自己修復するコーティング剤」という点です。コーティング被膜に熱を加えると、被膜に付着した小さなキズを自己修復してしまう画期的なセラミックコーティングです。コーティングの膜厚は10~12μmあり、一般的なガラスコーティング剤の33倍以上の被膜の厚みがあり、耐スリ傷性が格段に向上し、愛車に深い輝きを手に入れる事ができます。

カーメイクアートプロの
ボディーコーティングについて
ガラスコーティング 大阪

 アートプロの至極のガラスコーティング

カーメイクアートプロでガラスコーティングを行って頂くと、愛車に、他にない、強さを美しさをまとうことができます。当社で取り扱う3つのコーティング商品は厳選された最高品質のボディーコーティング剤です。そして、そのコーティング剤のもつ特性を最大限に活かす熟練の技が合わさったとき、究極のコーティングが実現できます。ショールームも完備しておりますので見学も可能です。大阪でガラスコーティングをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

01

アートプロのコーティング職人が行う
上質のガラスコーティング

カーメイクアートプロではこれまで数多くのガラスコーティングを行ってまいりました。大阪を中心に神戸、京都、奈良など様々な地域からのご依頼に対応しております。施工する車のメーカーも日本車、外国車と幅広い施工実績がありますので、アートプロのカーディティール職人たち施工したガラスコーティングの事例を一部ご紹介いたします。

PICK UP CONTENTS ピックアップ

 お客様のカーライフのかたわらに寄り添い、驚きや感動をお届けする
私たちを知ってもらうおすすめコンテンツです。

ARTPRO STAFF

 匠の技とセンスで「大切な1台」と向き合う
アートプロのカーディティール職人たち。

アートプロのスタッフ

STORY

 1993年の創業以来、大切にしてきた
「車を美しくすること」への思いとこだわり。

ストーリー

FOR WOMEN

 ドライブの時間がもっと快適で楽しくなる
カーケアのメニューを集めました。

 女性に人気の
サービスメニュー

PRICE

 カーメイクアートプロが提供するサービスの
施工料金表をPDFでご覧いただけます。

料金表

WORKS 施工事例

  アートプロが手がけたガラスコーティング、オーダーメイドインテリア、
 シートリペア・クリーニング、レストアなどをご紹介。
希少なクラシックカーやスーパーカーの施工事例もぜひご覧ください。
アートプロが手がけた施工事例をぜひご覧ください。

施工事例

GT-R NISMO おすすめボディコーティング|セラミックプロ9Hコーティング4layer/4層コーティング施工事例

NISSAN GT-R NISMO ニスモGTR 新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きセラミックプロ9H (4layer/4層)コーティングの施工を行います。 磨き作業をする前にまずは、徹底的にボディ/ホイール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回ニスモGTRの塗装光沢は80です。 ボディセラミックプロ9Hコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらのニスモGTRフロントドアの塗膜は 90.2μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 GTRニスモのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 GTRニスモカーボンパーツも慎重に鏡面磨きを掛けていきます。 オプション作業のホイール鏡面磨きも同時に行います。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを4layer /4層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 マフラーセラミックプロ9Hコーティング(オプション)を是非 おすすめします。 排ガスの汚れが簡単に取れメンテナンスが非常に楽になります。 カーメイクアートプロでは、その他オプションメニューとして、フロントガラス飛び石防止フィルム ガラスプロテクションフィルムの施工も同時に施工が可能です。 20 年以上フィルム施工のベテランフィルム職人が美しく仕上げます。 内側/外側からもクリア感あるガラスプロテクションフィルムは透明感バッチリです。 セラミックプロ9Hコーティングが完成致しました。 カーボンパーツにもしっかりとセラミックプロ9Hコーティングを4layer/4層塗り重ねた光沢は素晴らしい光沢と耐久性、UVカット性能があり、カーボンパーツを紫外線からガード致します。 ヘッドライト・ボンネット・フロントバンパー・フロントフェンダーには飛び石傷防止Fenixクリアペイントプロテクションフィルムを同時に施工しております。 ホイール/ブレーキキャリパーにはセラミックプロ9Hコーティング施工済みです。 ホィールやキャリパーのメンテナンスが非常に簡単で美しさをキープします。 今回のGTRニスモ セラミックプロ9H4層コーティング新車場合施工価格はLLサイズ¥248.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

テスラモデルS ULGOガラスコーティングAP1撥水タイプコーティング

2019年式テスラモデルS 走行距離6.000キロ鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 まずは隙間などに詰まった細部の汚れを除去を行い全体的に洗車を行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のテスラは92 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらのテスラの塗膜は116μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 トランクセンター部分の膜厚を測定致します。 膜厚は92.9μミクロン フェンダーセンター部分の膜厚を測定致します。 115μミクロンです。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 テスラモデルSは指定塗料RM水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 エンブレム周りの細かなスクラッチ傷などもミニポリッシャーを使い分け美しく仕上げていきます。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 コーティング作業が終わりました。 スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や輝きが復活しております。 アフターの膜厚はボンネットが114μミクロンです。 ビフォー磨く前は116ミクロンわずか約0.2ミクロンのみ鏡面磨きで薄くなっております。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前92 ●磨きコーティング後は116まで光沢が上がっております。 トランクセンター部の磨きボディガラスコーティング終了時の膜厚は92μミクロンです。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。

施工事例

Jeep WRANGLER ジープラングラーおすすめコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

ジープラングラー 新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングの施工を行います。 まずはホイール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらジープラングラーの塗膜は295μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のジープラングラーの塗装光沢は88です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにて保護します。 とくに樹脂パーツ部分には念入りにマスキング致します。 ステッカーやエンブレムなどにも念入りにマスキング致します。 新車でもボディ表面には多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ジープラングラーのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ULGO RAIN PRO プロシリーズ窓ガラス専用コーティング剤です。 今回はオプション作業にて全てのガラス面にULGO RAIN PRO撥水コーティングを施工致しました。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 シトロンのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 ULGO LEATHER COATING オプションにて本革部分のレザーコーティングの施工も致します。 ステアリングや本革シート・ドアトリムに施工が可能です。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前88 ●磨きコーティング施工後は98まで光沢が上がっております。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ブラックフェンダーにもULGOブラックモールコーティングが美しく仕上がっております。 ルーフ部分にはULGOブラックモールコーティングが美しく仕上がっております。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のジープラングラー ULGOガラスコーティング価格はLLサイズ¥120.000税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

アルピーヌガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂き、セラミックプロ9Hガラスコーティング10層コート・プロテクションフィルムの施工を行います。 磨き作業をする前にまずは、徹底的にボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回ルノーアルピーヌの塗装光沢は71です。 新車塗装膜厚は155μミクロンです。 セラミックプロ9Hコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ルノーアルピーヌのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 シングルポリッシャー・ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを10 layer /10層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前71 ●磨きコーティング施工後は93 まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前155μミクロン 磨きコーティング後は154μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のアルピーヌ セラミックプロ9H10層コーティング新車場合施工価格はLサイズ¥400.000円税別となります。 また、セラミックプロ9H4層コーティング施工価格にLサイズ  220.000円税別も当店大人気のコースもございます。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

ミニクーパー・ミニクラブマンおすすめガラスコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

真っ赤なミニクーパーを 中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングの施工を行います。 ブレーキダストや鉄粉を強力な洗剤にてクリーニングを行います。 エンジンルーム内部は汚れが非常に汚れています。 トルネードガンにてエンジンルーム内部を洗浄を行います。 ボディを磨く前に まずはボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボンネット裏側まで特殊洗剤を使いながら美しく仕上げて行きます。 細かな鉄粉除去を行い、ボディ全体的にマスキングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のミニの塗装光沢は 60です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらミニの塗膜は98.9μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ミラーカバーが紫外線で劣化してくすみが出てきています。 Aピラーブラック スクラッチ傷が酷い状態です。 ボンネットウォータースポットが非常に多い状態です。 右側のみ3工程のコンパウンドやポリッシャーを使い分け 鏡面磨きを掛けていきます。 ミラー・ピラーにも 鏡面磨きを掛けていきます。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 ミニのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 高濃度ULGOAP1ガラスコーティング。液体ガラスコーティング剤が硬化するとこの様なガラス状に変化します。 最終チェック工程では 太陽光線のいちばん近い光を当てコーティングのムラなどをチェックして最終仕上げを行います。 オプションにてエンジンルームコーティングが完成致しました。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前 60 ●磨きコーティング施工後は95まで光沢が上がっております。 塗装膜厚計測定では ●磨き前102μミクロン ●磨きコーティング施工後98.9μミクロン カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 鮮やかで深みのある赤いミニクーパーに仕上がりました。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティングお客様用が使いやすく日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。

もっと見る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE