ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

職人の鍛錬×進化する技術

SERVICE サービス

より快適で充実したカーライフのための技術とサービス。

ARTPRO BLOG アートプロブログ

  ガラスコーティングやオーダーメイドインテリア、
 レザーシート張替えなどの施工事例から、カーケアに役立つ情報まで。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。

施工事例

アルピーヌガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂き、セラミックプロ9Hガラスコーティング10層コート・プロテクションフィルムの施工を行います。 磨き作業をする前にまずは、徹底的にボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回ルノーアルピーヌの塗装光沢は71です。 新車塗装膜厚は155μミクロンです。 セラミックプロ9Hコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ルノーアルピーヌのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 シングルポリッシャー・ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを10 layer /10層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前71 ●磨きコーティング施工後は93 まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前155μミクロン 磨きコーティング後は154μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のアルピーヌ セラミックプロ9H10層コーティング新車場合施工価格はLサイズ¥400.000円税別となります。 また、セラミックプロ9H4層コーティング施工価格にLサイズ  220.000円税別も当店大人気のコースもございます。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

BLOG

アルピーヌガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂き、セラミックプロ9Hガラスコーティング10層コート・プロテクションフィルムの施工を行います。 磨き作業をする前にまずは、徹底的にボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回ルノーアルピーヌの塗装光沢は71です。 新車塗装膜厚は155μミクロンです。 セラミックプロ9Hコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。             ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ルノーアルピーヌのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 シングルポリッシャー・ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを10 layer /10層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 セラミックプロ9H 10レイヤー(10層) コーティング完成画像です。 肉眼で見てもはっきりと違いが分かるほどパールホワイトが更に美しく輝いています。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前71 ●磨きコーティング施工後は93 まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前155μミクロン 磨きコーティング後は154μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のアルピーヌ セラミックプロ9H10層コーティング新車場合施工価格はLサイズ¥400.000円税別となります。 また、セラミックプロ9H4層コーティング施工価格にLサイズ  220.000円税別も当店大人気のコースもございます。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。 今回のアルピーヌ ボディ磨き&コーティング施工動画YouTubeを是非ご覧ください→ ルノーアルピーヌおすすめガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例 https://youtu.be/ndHPocQPi-Y 〜〜〜〜〜〜〜〜〜 日常のお手入れは CeramicPro 9H施工車用メンテナンスキット Ceramic Pro 9H施工車両に最適なメンテナンスキット「CeramicPro MAINTENANCE KIT」をご用意しています。 コーティング施工車両に最適化されて開発されたメンテナンスシャンプー、撥水性能や艶感を再生・向上させる「CeramicPro CARE」をはじめスポンジやマイクロファイバークロスがセットになった、「CeramicPro」やその他ボディコーティング施工車両に最適なメンテナンスキットです。 Ceramic Pro LINEUP Ceramic Proシリーズはボディコーティング剤以外にも、布やプラスチック・ゴム・本革など、各素材の特性に最適に合わせて作られたコーティング剤をラインナップしております。 これらの製品のうち一部はプロフェッショナルユーザーだけではなく、一般ユーザー様でもご使用いただけるものもございます。 これらのCeramic Proシリーズは、自動車向け用途以外にも様々なシーンでご使用いただけます。 アルピーヌの様々な部分にもCeramic Proを! Ceramic Pro PPF & VINYL ラッピングやプロテクションフィルムにも専用コーティングで強力に保護 フィルムに悪影響を及ぼす溶剤を可能な限り減らした、ラッピングやプロテクションフィルム施工車向け専用に開発された「Ceramic Pro PPF & VINYL」 高い硬度でスリキズなどの軽減はもちろんのこと、耐UV性能でフィルムの劣化や白ボケを防ぎます。 Ceramic Pro WHEEL & CARIPER ホイールやマフラー・足廻りなども保護 特に過酷な環境にあるホイールなどの足廻りやマフラーも専用コーティング剤「Ceramic Pro WHEEL & CARIPER」で保護。高い硬度と保護性能でスリキズを軽減し、汚れが付着しにくく固着するのを防いで洗車時に落としやすくします。 Ceramic Pro LEATHER & Alcantara Care system 大切なレザーシートやアルカンターラシートをセラミックプロコーティングでプロテクト致します。 140℃の優れた撥水性能 優れた耐久性 優れた耐摩耗性 水分や汚れをはじきます レザーシートやインテリアも保護 レザーインテリア専用に開発された「Ceramic Pro LEATHER」。 優れた撥水性や防汚性・保護性能で汚れの付着や摩耗を防止。高い耐UV性によりプラスチックやゴムの劣化や色落ちを防止します。 Ceramic Pro PLASTIC モールやインパネなどのプラスティックも保護 モールやインパネ・タイヤなどの未塗装プラスチック・ゴム向け専用に開発された「Ceramic Pro PLASTIC」。 高い保護性能で汚れの付着を軽減し、適度な艶で美しく保ちます。また耐UV性で劣化や白ボケを防ぎます。 Ceramic Pro TEXTILE 幌やファブリックシートもコーティング 幌やファブリックシートなどの布部分向け専用に開発された「Ceramic Pro TEXTILE」。 セルフクリーニング効果で汚れの付着をふせぎ、撥水・撥油効果で耐久性を伸ばし劣化を防止します。 Ceramic Pro RAIN 雨天時にクリアな視界を確保します。 ガラス用に特別に設計されたコーティング「Ceramic Pro RAIN」。 高い撥水性能で運転時の視界をクリアに確保。ガラスの小キズなどを埋めることができ、晴天時の視界もよりクリアになります。プロの硬度な下地処理と「Ceramic Pro RAIN」の高い性能により優れた耐久性を発揮し、長期に渡って効果を維持します。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 オプションにて フロントガラスプロテクションフィルムの施工も可能です。 オプションにて Fenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工も可能です。 詳しくはこちらをご覧ください https://www.art-pro.co.jp/magazine/alpine-a110-fenix-scratch-guard/

BLOG

RANGE ROVER ステアリング革巻き

茹だる様な暑さが続く今日この頃、如何お過ごしでしょうか? みなさま、どうもこんにちは。 今回ご紹介するのは、レンジローバーのステアリング革巻きです。 何故「革巻き」という表現を使ったかと言いますと、こちらのハンドルはグリップヒーターが内蔵されてます。 剥がして再利用がほぼ不可能に近いので、当店では上から被せる方法を取らせて頂いています。   当然型取りも、元の状態の上から行います。 スイッチパネル等が組み込まれるスポーク周辺は、元の革をカットするなどして、被せる革の逃げを作っておきます。   貼り付けた革を広げ、型紙に落とします。   裁断・縫製で輪にすると、こんな形に。   微妙な位置合わせのあと、編み込んでいくと完成です。   このような案件も承っております。 気軽にご相談下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

Ferrari F12メーターフード張替

こんにちは。 本日はフェラーリF12のメーターフード張替のお話です。 ダシュボードが革だとやはり縮みますね。 完全に土台が見えるくらいに縮んでるので3cmくらいは縮んでるような感じです。 革を剥離するとウレタンと剥離している箇所と密着している箇所で別れます。 残ったウレタンはペーパーでは削れないので削いでいきます。 元のボンドが残っていると密着が悪いのでボンドごと削ぎ落します。 ここまで来れば下処理完了です。 下処理が終わり、新たにウレタンを張付けます。 縫製は前方の下側少しだけなので、型取りをして縫製をします。 張込すれば完成です。 暑くなるこの時期は革の縮みや天井の垂れが発生しますので お気軽にお問合せ下さい。

お知らせ

Fenixプロテクションフィルム塗装技術講習会

Fenix Japan からプロテクションフィルム塗装技術講習会のお知らせです。 日本を代表する100年企業の自動車鈑金塗装プロフェッショナルカンパニー【わたびき自動車工業】様にてFenix scratch guardペイントプロテクションフィルム技術講習会を行います。     わたびき自動車工業様では、ポルシェディーラーの協力工場として、わたびき自動車工業にテュフラインランドジャパン(テュフ)の監査員が訪れたのだ。 テュフとは、公平・公正に中立的な立場で、鈑金塗装工場の審査を行う国際的な第三者機関。 ポルシェに限らず、国内の輸入車ディーラー(BMWミニ、アウディ、フェラーリ、ベントレー、ジャガーランドローバー、GM、VW)の鈑金塗装塗装工場監査の一部を担当している工場です。       Fenixプロテクションフィルム技術講習では、ボンネットやバンパー・ヘッドライト等にFenixクリアペイントプロテクションフィルム塗装を行います。     世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixプレミアムプロテクションフィルムは塗装式プロテクションフィルムなので、従来の貼るフィルムと違い、複雑な形状のバンパーでも継ぎ目なく美しく一枚物でフィルムの施工が可能です。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     【Fenix scratch guard】は、150~200μmの膜厚を持つ4層構造。 一般的な新車塗装の厚みが100μm程度と言われており、施工後の安心感は多くを語る必要がないでしょう。 走行時の飛び石を始め、外部からの衝撃による傷を大幅に軽減し、紫外線や酸性雨、鳥糞、樹液、ウォータースポットなどに対しても高い保護能力を発揮します。 それでいて、万が一の事故修理や車両売却の際には、フィルムを剥がすことでオリジナルボディに戻すことができます。     フィルムが汚れても安心。 磨きやボディコーティングの施工も可能です。 【Fenix scratch guard】は、従来の『貼り付ける』プロテクションフィルムとは違い、特殊な多層構造のためポリッシャーで磨くことが可能です。 オリジナルの塗装同様にポリッシャーで細かな傷を研磨・除去し、塗膜の光沢を復元できるうえ、その上からコーティング施工もできます。(マット仕上げは磨き不可)     カラータイプのプロテクションフィルムで色変え・塗装式フルラッピングも可能です。     『ペイント施工』する【Fenix scratch guard】は、トップ層とプロテクション層の間にカラー塗装層を加えることにより、あらゆるお好みのカラーにチェンジすることが可能になります。 【Fenix COLOR PROTECTION】は、愛車のカラーを変更することでイメージチェンジを図りながらオリジナルのボディと塗装を守ることができるユニークなプログラム。 ポリッシャーで磨いてコーティング施工もできますし、飽きたら剥がして元通りに。 もちろんマットカラーも選択できます。     Fenixバイクプロテクションフィルム     【Fenixバイクプロテクションフィルム施工。】 クリアタイプやマットタイプ、カラーペイントプロテクションフィルムの施工が可能です。     【ヘッドライトプロテクションフィルム施工】 クリアペイントプロテクションフィルムやスモークプロテクションフィルム、イエロー・ピンク・ブルーその他お好みのカラーヘッドライトプロテクションの施工が可能です。 ヘッドライトスモークプロテクションフィルム動画 YouTubeです。 ➡テスラモデル3ヘッドライトペイントプロテクションフィルム施工事例【https://youtu.be/levWDNd0pJ0】     【Fenixブレーキキャリパーカラープロテクション】 ブレーキキャリパーをお好みにカラーチェンジが可能です。 ※通常走行時の耐熱・耐久テスト済です。(レース走行は不可)     【塗装表面スクラッチの傷が消える自己修復機能】 『Fenix scratch guard』を愛車に取り入れる価値は、他にもまだあります。 特筆すべき驚きの機能、それは「自己修復機能」です。 そもそも『ペイント施工』する『Fenix scratch guard』は、施工時に塗装表面の小傷を埋める効果が期待できるため、ちょっとしたボディの劣化はプロテクションで包み込んで目立たなくしてくれます。 さらに、万が一プロテクションフィルムに傷が付いてしまった場合でも、50℃~70℃の熱を加えることで自己修復し、傷を目立たなくしてくれます。 自己修復性能動画Youtubeです。 ➡ポルシェGT3RS Fenixプロテクションフィルム 傷が消える瞬間 自己修復性能【https://youtu.be/PZJVvp8ld5I】 ➡Fenixプレミアムプロテクションフィルムの耐久性能動画Youtubeです。【https://youtu.be/dEJ72GSUhXE】 ➡Fenix作業風景動画Youtubeです。 GTR-NISMOペイントプロテクションフィルム施工【https://youtu.be/iDYQn_Km4E8】 ➡Fenix scratch guardフェニックプロテクションフィルム性能動画【https://youtu.be/dEJ72GSUhXE】   今回、わたびき自動車工業様ファクトリー見学及び、Fenixプロテクションフィルム講習を無料にて見学会も同時に開催致します。 わたびき自動車工業様について詳しくは、こちらをご覧下さい。 ➡https://s.carcareplus.jp/article/2020/07/14/4965.html 住所:埼玉県戸田市新曽南3-17-4 日程:2020年8月8日(土)・9日(日) AM10時~PM5時 【大阪技術講習見学会】 住所:〒562-0013 大阪府箕面市坊島5丁目4-26 Fenix Japan内工場 日程:8月13日(木)・14日(金) AM10時~PM5時 見学者様は両開催日共5社様限定となりますので、お早めにご予約をお願い致します。 【予約】 Fenix Japan担当:丸山 090-3289-9185 上記担当者まで、お気軽にお問合せくださいませ。 Fenixプロテクションフィルム技術講習会は毎月定期的に行っておりますので、お気軽にお問合せください。    

BLOG

Maserati quattroporte ダッシュボード張替

みなさま、どうもこんにちは。 今回ご紹介するのは、マセラティ クワトロポルテ、ダッシュボードの張替えです。 ダッシュボードだけの持ち込みなので、画像は参考車両になります。   まずはお預かり時の状態です。 見事によれよれになってしまっています。 徐に剥離すると、 何だか、一度手を入れられているような感じもしますが・・・。   さておき、ウレタンも剥がしていきます。 このウレタンと土台自体はしっかりくっついているんですが、表皮とウレタンが剥離する例が多いようです。   以前にも何度か同じ依頼があり、型を残していたので縫製・張込・・・、と順調だったんですが、微妙に型が合っていなくて失敗(笑) 再度型を取り直し、無事完成です。 今回はウレタン付きのPVC(合成皮革)を使用しています。   このような案件も承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

AUDI R8 ステアリング張替

こんにちは。 本日はアウディR8のステアリング張替えのお話です。 まず、純正のステアリングの糸をカットします。 そして純正の革を剥離します。 革を剥がすとボンドが残るので全て除去します。 これが残っていると密着不良等、問題が起きます。 そして太巻き仕様にする為、ウレタンを張付けます。 ここから型取りをし、縫製していきます。 最終は位置を調整しながら生地を被せて糸を編んでいきます。 ダークグレーのアルカンターラに赤色のステッチで太巻きです。 如何でしょうか? ステアリングを張替えると雰囲気も変わりますし、好みに合わせて太さの変更や 素材の変更をすると今まで以上にドライブが楽しくなりますね!!

施工事例

ミニクーパー・ミニクラブマンおすすめガラスコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

真っ赤なミニクーパーを 中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングの施工を行います。 ブレーキダストや鉄粉を強力な洗剤にてクリーニングを行います。 エンジンルーム内部は汚れが非常に汚れています。 トルネードガンにてエンジンルーム内部を洗浄を行います。 ボディを磨く前に まずはボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボンネット裏側まで特殊洗剤を使いながら美しく仕上げて行きます。 細かな鉄粉除去を行い、ボディ全体的にマスキングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のミニの塗装光沢は 60です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらミニの塗膜は98.9μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ミラーカバーが紫外線で劣化してくすみが出てきています。 Aピラーブラック スクラッチ傷が酷い状態です。 ボンネットウォータースポットが非常に多い状態です。 右側のみ3工程のコンパウンドやポリッシャーを使い分け 鏡面磨きを掛けていきます。 ミラー・ピラーにも 鏡面磨きを掛けていきます。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 ミニのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 高濃度ULGOAP1ガラスコーティング。液体ガラスコーティング剤が硬化するとこの様なガラス状に変化します。 最終チェック工程では 太陽光線のいちばん近い光を当てコーティングのムラなどをチェックして最終仕上げを行います。 オプションにてエンジンルームコーティングが完成致しました。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前 60 ●磨きコーティング施工後は95まで光沢が上がっております。 塗装膜厚計測定では ●磨き前102μミクロン ●磨きコーティング施工後98.9μミクロン カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 鮮やかで深みのある赤いミニクーパーに仕上がりました。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティングお客様用が使いやすく日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。

BLOG

LB Ferrari458 プロテクションフィルム施工

リバティウォーク フェラーリ458 プロテクションフィルム施工 LBWK Ferrari 458 silhouette リバティウォーク様デモカー世界初ドライカーボンシルエットボディにFenixクリアマットプロテクションフィルム&グロスクリアプロテクションフィルム施工が完成致しました。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。 今回はオールボディプロテクションフィルムを施工致しますので、バンパーやリヤウイング等を取外し作業を行います。 特殊なエアロパーツの為、今回はリバティウォーク様指定工場 TM AUTO SERVICE 様にて脱着作業を行います。     ドライカーボンフェンダー・ボンネットをFenixマットクリアペイントプロテクション塗装を16層(16回)塗り重ねていきます。     Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 【Before】施工前の画像です。       カーメイクアートプロでは、仕上がりにこだわり、細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     ドライカーボンリヤデュフューザーも表裏まで全てプロテクションフィルム施工を行います。     常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     ドライカーボンリヤオーバーフェンダーFenixクリアプロテクションフィルム施工が完成です。 ステッカーも段差なく美しく仕上がっております。     Fenixクリアペイントプロテクションフィルム塗装を約14回塗装後の状態です。     Fenixマットクリアペイントプロテクション塗装を約2回塗装後の状態です。 美しいマットの質感に仕上がっております。     リヤバンパー・フェンダー各パーツごとに仕上げていきます。     Fenixプロテクションフィルム完成後は、オプション作業にてセラミックプロ9Hコーティングも同時に行います。     【After】Fenixクリアタイプペイントプロテクションフィルム完成致しました。 ボンネット・フロントバンパー・フェンダー全体にFenixマットクリアペイントプロテクションフィルムの施工をしていますが、良く見てもフィルムが貼っているかすら全くわからないクオリティに仕上がっています。     リヤフェラーリエンブレムはブラッククリアマットに仕上がっております。     ヘッドライトにはFenixクリアプロテクションフィルム完成。     ルーフ・フロントドア・クオーター・ドアミラー部はFenixクリアプロテクションフィルム施工完成。     LBWKリバティウォーク加藤渉社長様 今回は、LBWK × Fenix のコラボレーションありがとうございました。     LBWKフェラーリ458 Fenixペイントプロテクションフィルム完成動画は、こちらのYouTubeをご覧くださいませ。 ➡https://www.youtube.com/watch?v=YP3SlEtKSwY 【東京オートサロンLBWK2020】       世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。     Before&After     Fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい。 ➡ https://youtu.be/KLNDImcaieU カーメイクアートプロFenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい。 ➡ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix Japan公式サイトはこちらをご覧下さい。 ➡ https://fenix-sg.jp/ Fenix scratch guard ペイントプロテクションフィルムの耐久性動画はこちらをご覧下さい。 ➡https://youtu.be/g9s3LKqfgsA Fenix scratch guard傷が消える特殊性能、自己修復動画はこちらをご覧下さい。 ➡https://youtu.be/PNKRaaS_5yI ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましては、なるべくお早めの事前ご予約・日程のご確認をお願い致します。    

BLOG

テスラ モデル3 LFT ダブルバリアフィルム施工‼

皆さんこんばんは。 フィルム部の小川です。 本日ご紹介するのは、テスラモデル3です。 こちらのお車には、高性能断熱フィルム LFTのダブルバリアフィルム(DB-C90EX) を施工させて頂きました。 こちらのフィルムは 紫外線カット率100%(300nm~370nm) 赤外線カット率99%以上(1600nm~) とカット率の高い透明フィルムになります。 リアに施工スモークタイプも3種類ございます。 上記数値はメーカーより引用させて頂いておりますので、 詳しくはメーカーHPでご覧いただくか、 当店にお問合せ下さい。 完成写真は撮り忘れですが、施工風景写真です。          

BLOG

Maserati gransport ダッシュボード張替

こんにちは。 本日はマセラティ グランスポーツのダッシュボード張替えのお話です。 遠目で見てもボツボツしてるのが分かりますね。 近づくとこのようになってます。 マセラティは薄いビニールのような生地を表面に張っているのでそれが日光により 沸いた状態になります。 この現象が見られるのは今の所グランスポーツだけです。 今回は生地を剥離するのではなく、表面の沸いている薄い生地のみ溶かして除去します。 そして同じような薄い合皮で一枚貼りします。 完成すると違和感ないですね。 今回は黒だったので一枚で可能でしたが薄い生地は黒しかありませんので他のカラーは 10thアニバーサリーのようにステッチが入ります。  

BLOG

MAZDA RX-7 内装樹脂パーツ 傷及びベタ付き補修

今回はMAZDA RX-7の内装の樹脂パーツのベタ付きの補修です。外車でもよく使われるラバーペイント仕上げで 質感は良いのですが加水分解が始まりよくベタ付きの現象が起こっています。塗膜の除去をして別の塗料で仕上げます。 その前にこの車...我々の世代にとっては目を輝かせてしまう名車ですよね。       ということでまずは作業には関係ないのですが外装の写真から。 それでは本題に入ります。               このようにベタ付きが始まり傷がつき、ベタ付きにホコリが付着してこのような状態になります。 ではパーツを外してラバーペイントの剥離作業に入ります。             分解が終わったらパーツをラバーペイントリムーバーで一つずつ剥離していきます。           この剥離作業が結構大変です。 剥離作業が終わったらペイントの下処理をしていきます。 今回は2箇所ほどクラックが起きていたので充填補強作業をします。               次にプライマーを塗り上塗りの準備をします。   分解したついでに細かい部分の掃除もしておきます。 。 続いて上塗りを開始します。       乾燥後トップコートを塗ります。トップコートには添加剤を加え質感を向上させます。         最後に組み立て作業です。           このようにパーツの状態を改善することでまた長く乗っていただけることだと思います。 ご依頼ありがとうございました。      

BLOG

RECARO SP-G シート張替

雨降りが続く今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか? さて、今回ご紹介するのは、レカロのフルバケットシート、SP-Gの張替えです。   おもむろに剥がしていきます。 このシートをお持ちの方はご存じと思われますが、留まっているところがほとんどマジックテープ。 バリバリと剥がしていけば、簡単に丸裸です(笑)   あとは、こねこねしながら被せていけば、完成です。 と言ってもマジックテープなので、付けちゃあ外し、ちょっと位置を変えて付けちゃあ外しを繰り返すので、結構大変なシートなのです(笑)   この様な案件も承っております。 お気軽にお問い合わせください。 ご覧頂き、ありがとうございました。  

もっと見る

大阪のコーティング
施工事例
カーメイクアートプロ

 大阪のガラスコーティングは
当社にお任せください。

大阪でガラスコーティングをお考えの方は【カーメイクアートプロ】の高品質コーティングを是非ともお試しください。当社は大阪で数多くのカーコーティング施行をさせて頂いております。アートプロが取り扱う「究極の輝き」と「保護力」を実現するガラスコーティング剤、そしてそのコーティング剤の性能を最大限に引き出す熟練の職人技でお客様の愛車を新車以上に仕上げる事ができます。その仕上がりに、数多くのお客様から納得のお声を頂いております。

01

【Ceramic PRO 9H 施工】
大阪のガラスコーティング

大阪市中央区のO様からのご用命で【ジャガー XJ】のCeramic PRO 9H ガラスコーティングの施工をさせて頂きました。「Ceramic PRO 9H」は当社がオススメするメニーの一つで、その特徴は新車以上の仕上がりが可能な「最高の輝き」と「安心の保護力」です。最高硬度9Hでコーティングをすることで、輝きと保護力を同時に手に入れることができます。そして、せラミックプロのもう一つの特徴が、「Ceramic 3Dセラミックマトリックス分子構造」により微細な汚れが付きにくくなり、対紫外線、耐熱性、耐薬品性、耐擦傷性に優れたボディーに仕上げる事ができます。

02

【ULGO AP1 施工】
大阪のガラスコーティング

とてもかっこいい「トヨタGRスープラ」の施工事例は大阪市東住吉区のH様からのご依頼です。施工内容は「ULGO AP1撥水タイプ」。「ARTPRO ULGO(アートプロウルゴ)」は当社がオリジナルで開発した高性能なカーコーティング商品です。10,000台を超えるコーティングの施工事例をもとに、化学メーカーと共同開発したULGOは主に2タイプがあります。「撥水型」と「疎水型」です。「撥水タイプ」は水を弾く仕上がりをご希望の向けで、「疎水タイプ」はしっとりした光沢に仕上げたい方向けです。その他にも「本革」「ガラス」「ホイール」「タイヤ」「モール」等、丸ごとコーティングすることが出来るのが「ARTPRO ULGO(アートプロウルゴ)」です。

03

【FEYNLAB施工】
大阪のガラスコーティング

大阪市淀川区Y様よりご依頼いただき【LEXUS NX300】をFEYNLABを使用してガラスコーティングを施しました。当社オススメコーティングメニュー「FEYNLAB(ファインラボ)」の凄さは「世界初のキズを自己修復するコーティング剤」という点です。コーティング被膜に熱を加えると、被膜に付着した小さなキズを自己修復してしまう画期的なセラミックコーティングです。コーティングの膜厚は10~12μmあり、一般的なガラスコーティング剤の33倍以上の被膜の厚みがあり、耐スリ傷性が格段に向上し、愛車に深い輝きを手に入れる事ができます。

カーメイクアートプロの
ボディーコーティングについて
ガラスコーティング 大阪

 アートプロの至極のガラスコーティング

カーメイクアートプロでガラスコーティングを行って頂くと、愛車に、他にない、強さを美しさをまとうことができます。当社で取り扱う3つのコーティング商品は厳選された最高品質のボディーコーティング剤です。そして、そのコーティング剤のもつ特性を最大限に活かす熟練の技が合わさったとき、究極のコーティングが実現できます。ショールームも完備しておりますので見学も可能です。大阪でガラスコーティングをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

01

アートプロのコーティング職人が行う
上質のガラスコーティング

カーメイクアートプロではこれまで数多くのガラスコーティングを行ってまいりました。大阪を中心に神戸、京都、奈良など様々な地域からのご依頼に対応しております。施工する車のメーカーも日本車、外国車と幅広い施工実績がありますので、アートプロのカーディティール職人たち施工したガラスコーティングの事例を一部ご紹介いたします。

PICK UP CONTENTS ピックアップ

 お客様のカーライフのかたわらに寄り添い、驚きや感動をお届けする
私たちを知ってもらうおすすめコンテンツです。

ARTPRO STAFF

 匠の技とセンスで「大切な1台」と向き合う
アートプロのカーディティール職人たち。

アートプロのスタッフ

STORY

 1993年の創業以来、大切にしてきた
「車を美しくすること」への思いとこだわり。

ストーリー

FOR WOMEN

 ドライブの時間がもっと快適で楽しくなる
カーケアのメニューを集めました。

 女性に人気の
サービスメニュー

PRICE

 カーメイクアートプロが提供するサービスの
施工料金表をPDFでご覧いただけます。

料金表

WORKS 施工事例

  アートプロが手がけたガラスコーティング、オーダーメイドインテリア、
 シートリペア・クリーニング、レストアなどをご紹介。
希少なクラシックカーやスーパーカーの施工事例もぜひご覧ください。
アートプロが手がけた施工事例をぜひご覧ください。

施工事例

アルピーヌガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂き、セラミックプロ9Hガラスコーティング10層コート・プロテクションフィルムの施工を行います。 磨き作業をする前にまずは、徹底的にボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回ルノーアルピーヌの塗装光沢は71です。 新車塗装膜厚は155μミクロンです。 セラミックプロ9Hコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ルノーアルピーヌのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 シングルポリッシャー・ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを10 layer /10層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前71 ●磨きコーティング施工後は93 まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前155μミクロン 磨きコーティング後は154μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のアルピーヌ セラミックプロ9H10層コーティング新車場合施工価格はLサイズ¥400.000円税別となります。 また、セラミックプロ9H4層コーティング施工価格にLサイズ  220.000円税別も当店大人気のコースもございます。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

ミニクーパー・ミニクラブマンおすすめガラスコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

真っ赤なミニクーパーを 中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングの施工を行います。 ブレーキダストや鉄粉を強力な洗剤にてクリーニングを行います。 エンジンルーム内部は汚れが非常に汚れています。 トルネードガンにてエンジンルーム内部を洗浄を行います。 ボディを磨く前に まずはボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボンネット裏側まで特殊洗剤を使いながら美しく仕上げて行きます。 細かな鉄粉除去を行い、ボディ全体的にマスキングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のミニの塗装光沢は 60です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらミニの塗膜は98.9μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ミラーカバーが紫外線で劣化してくすみが出てきています。 Aピラーブラック スクラッチ傷が酷い状態です。 ボンネットウォータースポットが非常に多い状態です。 右側のみ3工程のコンパウンドやポリッシャーを使い分け 鏡面磨きを掛けていきます。 ミラー・ピラーにも 鏡面磨きを掛けていきます。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 ミニのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 高濃度ULGOAP1ガラスコーティング。液体ガラスコーティング剤が硬化するとこの様なガラス状に変化します。 最終チェック工程では 太陽光線のいちばん近い光を当てコーティングのムラなどをチェックして最終仕上げを行います。 オプションにてエンジンルームコーティングが完成致しました。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前 60 ●磨きコーティング施工後は95まで光沢が上がっております。 塗装膜厚計測定では ●磨き前102μミクロン ●磨きコーティング施工後98.9μミクロン カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 鮮やかで深みのある赤いミニクーパーに仕上がりました。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティングお客様用が使いやすく日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。

施工事例

シトロエンおすすめガラスコーティング| シトロンULGOガラスコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOAP1撥水ボディガラスコーティングの施工を行います。 ボディを磨く前に まずはホィール/ボディの鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ドア裏の細部までまで念入りに行います。 ボディを磨く前にcoatingthickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらシトロエン C 3 の塗装膜厚は86.0μ ミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のシトロエンC 3 の塗装光沢は51です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。 新車でもボディ表面には多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 シトロエンのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下の画像のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ULGO MOLD COATING プロシリーズのブラックモール施工コーティングも同時に施工します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前68 ●磨きコーティング施工後は92まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前123μミクロン 磨きコーティング後は121μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 今回のシトロエンC 3 ULGOガラスコーティング新車登録3カ月以上の場合施工価格はMサイズ¥88.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

ダイハツコペンおすすめガラスコーティング|ULGO ガラスコーティング施工事例

中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOAP1撥水ガラスコーティングの施工を行います。 まずはホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらコペンの塗装膜厚は123μ ミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のコペンの塗装光沢は68です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ダイハツコペンのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 今回はフロントガラス面に雨染みウォークスポット除去ガラス磨くもオプションにて、同時に施工致します。 ベッドライトポリッシング、 ベッドライトのくすみを除去致します。 小型ミニポリッシャーを使いドアノブの中まで美しく仕上げます。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ベッドライトポリカレンズにも同時にコーティングを施工致します。 次にULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 次にULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 シトロンのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前68 ●磨きコーティング施工後は92まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前123μミクロン 磨きコーティング後は121μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のダイハツコペン ULGOガラスコーティング新車登録3カ月以上の場合施工価格はMサイズ¥88.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

Benz TE280

今回使用した素材は黒の本革でシートセンターには断面が赤色のパンチングを使用しました。 施工箇所はシート・ドアトリム・ドアアームレスト・ダッシュボード・センターコンソール・ フロアマット・ステアリングです。 黒をベースにステッチは赤色を使用しました。 フロアマットも作製したので、同じく黒ベースに赤色のロックです。 未だに人気の絶えないW124シリーズですが、内装はどうしても劣化してしまい ますので、内装を張替えればリフレッシュしてまだまだ乗れるようになります。

もっと見る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE