ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

BLOG

スズキ キャリー天井張替

こんにちは。 本日はスズキ キャリーの天井張替えのお話です。 流石に年数が経っているので国産でも生地が垂れて来ましたね。 天井にある支えのバーを外すと一気に落ちてきました。 この時代はフェラーリのように天井に直接貼り付けているようです。 地道に剥離していきます。 外車のようにベタベタしていないのが幸いです。 天井の処理を終えた後は養生してボンドを吹き付けて 生地を貼り込んでいきます。 生地はオーナー様の持ち込みだそうですが、今でも手に入るのですね。 この後は縁に差し込みすれば完成です。 この年代の軽自動車を見たのは久々です。 古き良き時代ですね。

Lamborghini Murcielago シート張替 さらに続き

みなさま、どうもこんにちは。 前回の型紙で使用する材料に描いていきます。 今回はアルカンターラを使います。   薄いウレタンを張り付けて、裁断していきます。   裁断されたものを、順番に縫い合わせていきます。   縫い終えると表皮の完成。 元と同じように、ボンドで貼り付けつつ、表皮を被せていくと、センター部分の完成です。   センター部分の裏側にもボンドを塗り付け、「牛っ」と押し込み、完成となりました。 ヘッドレストはペイントにより黒に変えています。 このような案件も承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

施工事例

シトロエンおすすめガラスコーティング| シトロンULGOガラスコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOAP1撥水ボディガラスコーティングの施工を行います。 ボディを磨く前に まずはホィール/ボディの鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ドア裏の細部までまで念入りに行います。 ボディを磨く前にcoatingthickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらシトロエン C 3 の塗装膜厚は86.0μ ミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のシトロエンC 3 の塗装光沢は51です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。 新車でもボディ表面には多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 シトロエンのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下の画像のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ULGO MOLD COATING プロシリーズのブラックモール施工コーティングも同時に施工します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前68 ●磨きコーティング施工後は92まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前123μミクロン 磨きコーティング後は121μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 今回のシトロエンC 3 ULGOガラスコーティング新車登録3カ月以上の場合施工価格はMサイズ¥88.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

BLOG

ワゴンRステアリング張替

こんにちは。 本日はスズキ ワゴンRのステアリング張替えのお話です。 純正の状態です。 年式からしてもまだ綺麗な状態ですね。 一先ず、純正の革を剥がし縫い代が入るように溝を掘ります。 そしてボンドを付着。 太巻きの為、ウレタンを張り付けます。 ここから型取りをしていきます。 元の状態からだと太さが違うので型を取っても合わないのです。 型取りが終われば縫製をしていきます。 そしてステアリングに被せます。 生地の沿い具合から見てキツイのは分かります? 一回り小さいくらいに作らないと内側の編み込みでシワが出るので 生地が裂けるんじゃないかってくらい引っ張って被せます。 後は位置を合わせながら編み込みです。 ココは全て手作業で編んでいくので時間が掛かりますし、目が疲れるので 夜には出来ない作業です。 完成はこのような感じです。 上下はアルカンターラを使用し、左右はナッパレザーを使用しました。 写真の加減で手前側がかなり太く見えますね。 ステアリング張替え等お気軽にお問合せ下さい。 こそっとミラーに写ってる怪しい人は無視して下さい。  

BLOG

PORSCHE GT3RS プロテクションフィルム施工

ポルシェGT3RSおすすめプロテクションフィルム Fenixクリアペイントプロテクションフィルム施工事例   世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。   本日は大阪府よりお越し頂いた「ポルシェGT3 RS Fenix Scratch Guard施工が完成致しましたので、ご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回はボディ全面に施工を行いますのでバンパーやエンジンフード、ミラー、リヤウイング全て脱着して細部まで美しく仕上げていきます。     施工前にフロントドア・ルーフ・フロントフェンダー塗装の膜厚を測定致します。 ●フロントドア膜厚は134μm ●ルーフの膜厚は286μm ●リヤフェンダーの膜厚は115μmです。     クォーターパネルも施工する為、ポルシェ純正ストーンガードフィルムも剥がします。     細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     GT3 RSデカールを貼ってFenixクリアプロテクションフィルムでキレイに段差なく、フラットな状態に仕上げていきます。     フロントフェンダー約16回クリアペイントプロテクション塗装が完成した状態です。 テロンテロンの美しい状態です。     フェンダー・ドアトリム・ルーフと順々に作業を進めていきます。     通常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     約16回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧ください。     Fenixプロテクションフィルムの強みは膜厚が非常に分厚く、クリア感が非常にあり、磨く事やボディコーティングの施工も可能です。     【After】 Fenixクリアペイントプロテクションフィルム完成致しました。     ヘッドライト・ミラー・ボンネット・フロントフェンダー・ルーフ・リヤウイングにFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工していますが、よく見てもフィルムが貼っているかさえ全くわからないクオリティに仕上がっています。     リヤウイングのサイドはFenixクリアマットに仕上げております。 また、リヤウイングは裏側まで繋ぎ目なく全てクリアペイントプロテクションフィルムが美しく施工が完成致しました。     GT3 RSデカールもキレイに仕上がっております。     フードカバーにはFenixマットクリアペイントプロテクションフィルム施工完成。 純正クオリティに仕上がっております。     リヤバンパーのダクト中側まで、繋ぎ目なく美しく仕上がっております。     施工後のトータル膜厚はフロントドア286μm、リヤフェンダー305μmまで膜厚があります。 飛び石やウォータースポット、鳥フンなどから大切なお車をガード致します。     また、Fenixオプションにてホイールやキャリパー・ルーフ・カーボンリヤウイングなどにもペイントプロテクションフィルム施工が可能です。         世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。  

BLOG

BMW X3 内装張替施工

こんにちは。 本日はBMW X3の内装張替えのお話です。 ひとまず、シートをバラバラにしていきます。 膝裏に当たるランバーサポートは簡単に外れます。 が、外さない方がいいと思います。 純正だとここまでヒーターが入ってます。 元々は黒の本革仕様です。 座面をすぽっと外し次に背面も外していきます。 そしてフレームのみ残ります。 背面や座面の加重が掛かる箇所はフレームだと硬いので針金で成形されており 工夫がされてますね。 エアバック摘出!! 後は張替えて元に戻していきます。 今回はライトブラウンの本革にシートセンターはパンチングを使っております。 リアシートも同様のデザインですね。 ドアトリム・ドアアームレスト・ドアグリップも同様に張替えです。 黒革からライトブラウンに張替えをし、内装が明るくなりました。  

Lamborghini Murcielago シート張替 続き

みなさま、どうもこんにちは。 前回のボンド除去からの続きです。 フレームから剥がし取ったセンター部分   これも全てボンドで固定されています。   これも出来るだけボンドを剥がしていきます。   通常、表皮に問題が無ければ、分解して型を取るんですが、革がカチカチ過ぎてどうにもいきません(笑) なので、ウレタンから型出しをしていきます。 サイズを計ったり、直接貼り付けたりと、ゴソゴソやっていると型紙の出来上がり。 さらに続きます(笑)

BLOG

McLalen 720S Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は京都府よりお越し頂いた「McLalen 720s のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネット170μmでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。   約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です ボンネット471μm McLalen 720s Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。

BLOG

Abarth 695 70Anniversary プロテクションフィルム

Abarth 695 70Anniversary アバルト695プロテクションフィルム施工   アバルト70周年記念車モデル695セッタンタ・アニヴェールサーリオのフロントバンパー・ボンネット・ルーフ全体にFenixクリアタイプペイントプロテクションフィルムの施工が完成しました。   アバルトおすすめプロテクションフィルムFenixクリアペイントプロテクションフィルム施工事例 世界トップレベル塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。 本日は、大阪市内よりお越し頂いた「アバルト695」Fenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 【Before】施工前の画像です。     施工前にボンネット塗装の膜厚を測定致します。 新車膜厚は101μmです。     今回のセク依頼はボンネット・フロントバンパー・ルーフ全体的にFenixクリアペイントプロテクションフィルムを施工致します。     施工前にルーフの塗装の膜厚を測定致します。 新車膜厚は110μmです。     カーメイクアートプロでは、仕上がりにこだわり、細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     通常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     施工後のルーフ膜厚はトータル330μmです。     施工後のトータル膜厚はボンネット349μmで、飛び石傷やウォータースポット、鳥フンなどから大切なお車をガード致します。     【After】 Fenixクリアペイントプロテクションフィルム完成致しました。 ボンネット・フロントバンパー・ルーフ全体にFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工していますが、よく見てもフィルムが貼っているかさえ全くわからないクオリティに仕上がっています。     今回、お客様から限定車のサソリ・ルーフチェッカーデカールを紫外線劣化から防ぎたいとの事で、普段よりも少し膜厚をたっぷりに仕上げております。     また、Fenixオプションにてホイールやキャリパー・ルーフ・カーボンリヤウイングなどにもペイントプロテクションフィルム施工が可能です。     アバルト695車両詳細はこちらから➡https://response.jp/article/2020/05/22/334859.html?utm_source=facebook&utm_medium=socialiPhone   世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。     Before&After     fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/KLNDImcaieU 今回のフェラーリ812fenixプロテクションフィルム施工完成動画はこちらをご覧下さい→ カーメイクアートプロfenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい→ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい→ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。              

BLOG

アルピーヌA110 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「アルピーヌA110」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネット182μmで、フロントフェンダーが173μmでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、左右ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。   バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です ボンネット387μm フロントフェンダー340μm アルピーヌ  A110 Fenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。 【After】 Fenixクリアペイントプロテクションフィルム完成致しました。     フロントバンパー・ヘッドライト・ボンネット・フロントフェンダーにFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工をしていますが、よく見てもフィルムが貼っているかすら全くわからないクオリティに仕上がっています。           世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。     Before&After     fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/KLNDImcaieU 今回のフェラーリ812fenixプロテクションフィルム施工完成動画はこちらをご覧下さい→ カーメイクアートプロfenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい→ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい→ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。              

BLOG

BMW 1 Series 内装張替

こんにちは。 本日はBMW1シリーズの内装張替えのお話です。 純正の状態は黒革シートです。 リアシートも同様のデザインです。 ドアトリムも黒革仕様です。 今回はセンターコンソールも張替えするので表皮を剥がして型取りしていきます。 型紙を作り革を裁断します。 そして縫合わせ ステッチを入れていきます。 張込が出来れば完成です。 今回はブラウンの革を使用してシート・ドアトリム・ドアアームレスト・ センターコンソールを張替えさせて頂きました。 リアシートも同様に張替えです。 ドアトリム・ドアアームも張替えし、一気に雰囲気が変わりましたね。 真っ黒の内装もいいですが、雰囲気を変えてブラウンもいいですね!!

BLOG

ポルシェ マカン Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「ポルシェ マカン 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネットが130μmでした。 ボンネットの外側126μm ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です。 ボンネットが500μm ボンネットの外側380μm ポルシェ マカンFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。    

BLOG

Audi S4 サイドサポートリペア

今回もよくありがちなサイドサポートの修理です。一度修理された跡があったので塗膜を剥がしていきます。 次にひっかき傷部分を接着します。 その後充填剤を入れていきます。     下地が整ったらカラーを調色しペイントしていきます。   最後に廻りと艶調整をしたら完成です。       この後も大事に乗り続けてくださいね。 皆さんもこのようなお困りの事例があれば一度ご相談下さい。

Lamborghini Murcielago シート張替

みなさま、どうもこんにちは。 今回ご紹介するのは、ランボルギーニ ムルシエラゴの シート張替です。 シートのみの持ち込みでしたので、写真の車両は参考車両となります。   まずは、お預かり時の状態です。 パッと見は分かりにくいですが、座面が結構凄いことになってます。   革の表面だけがパリパリとめくれています。 革の状態もカチカチで、まるで紙のよう。いや、紙の方が柔らかいかもしれません(笑)   この様な状態なので、今回の依頼はセンター部(黄色)のみの張替です。 このシートは、一部Cリングで留まってはいるんですが、ほとんどの部分がボンドで固定されています。 なので、地味にじわじわ剥がすしかありません。 間に挟まっているウレタンを、なるべく千切らないように剥がすのが、結構大変です。     何とか取れました。     フレームの方はというと・・・。 とまあ、こんな状態なので、出来るだけ古いボンドを除去していくんですが・・・。 続きます(笑)

BLOG

ABARTHメーターフード張替

こんにちは。 本日はアバルトのメーターフード張替えのお話です。 純正メーターの両サイドに後付けメーターを入れる物が取付されております。 とりあえず純正を剥離し、ウレタンを張り付けて下準備完了。 型取り・縫製が終わった段階です。 ここから張込をします。 こんな感じに仕上がります。 グリーンのウルトラスエードにシルバーステッチです。 残りの二つも型取りをして縫製をしていきます。 シングルステッチを入れるのがギリギリです。 これ以上小さいと縫えないくらいです。 ステッチを入れるとこのように筒状に完成。 ビフォーアフター 二つとも完成したら後は組付けのみです。 どうでしょう? 一気に雰囲気が変わりましたね。 メーターフードは運転席からもよく見えますし、外からも見えるのでワンポイントカスタムには もってこいなパーツです。 小物の張替えは郵送でも可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。  

施工事例

ダイハツコペンおすすめガラスコーティング|ULGO ガラスコーティング施工事例

中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOAP1撥水ガラスコーティングの施工を行います。 まずはホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらコペンの塗装膜厚は123μ ミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のコペンの塗装光沢は68です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ダイハツコペンのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 今回はフロントガラス面に雨染みウォークスポット除去ガラス磨くもオプションにて、同時に施工致します。 ベッドライトポリッシング、 ベッドライトのくすみを除去致します。 小型ミニポリッシャーを使いドアノブの中まで美しく仕上げます。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ベッドライトポリカレンズにも同時にコーティングを施工致します。 次にULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 次にULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 シトロンのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前68 ●磨きコーティング施工後は92まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前123μミクロン 磨きコーティング後は121μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のダイハツコペン ULGOガラスコーティング新車登録3カ月以上の場合施工価格はMサイズ¥88.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

BLOG

GT-R NISMO プロテクションフィルム

GT-R NISMOおすすめプロテクションフィルム 【Fenixクリアペイントプロテクションフィルム施工事例】 世界トップレベル塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。   本日は、大阪市内よりお越し頂いた「GTR NISMO  Fenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。     【Before】施工前の画像です。     今回の施工依頼はボンネット・フロントバンパー・ヘッドライト・フロントフェンダー・ミラー・カーボンサイドスカート・カーボンナンバーカバーをFenixクリアペイントプロテクションフィルム施工致します。     Fenix専用クリーン塗装ブースに車両を入れて、バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーは、フォグランプを取り外して施工します。 表からの見た目では、施工しているかが分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないようにキレイに仕上がっていきます。     細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     通常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     スプレー工程を終え、次は組付工程になります。 熟練の職人が丁寧に組付作業を行います。     約16回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真もわかります。 塗りあがり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。     Fenixプロテクションフィルムの強みは膜厚が非常に分厚く、クリア感が非常にあり、磨くことやボディコーティングの施工も可能です。     【After】Fenixクリアペイントプロテクションフィルム完成致しました。     複雑な形状のカーボンパーツでも繋ぎ目なく美しく、クリアペイントプロテクションフィルムの施工が可能です。     ヘッドライト・ミラー・ボンネット・フロントフェンダー・サイドスカートにFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工をしていますが、よく見てもフィルムが貼っているかすら全くわからないクオリティに仕上がっています。     また、Fenixオプションにてホイールやキャリパー・ルーフ・カーボンリヤウィングなどにもペイントプロテクションフィルムの施工が可能です。       世界トップレベル塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。   Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がすことも可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上おカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラープロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルムを施工したサンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルムを施工したサンプルです。       【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーからFenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。   【Before】   【After】   今回のGTRニスモ Fenixペイントプロテクションフィルム施工動画YouTubeはこちらからご覧ください。➡ カーメイクアートプロFenixページはこちらをご覧下さい。➡https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい。➡https://fenix-sg.jp/ 【Fenix scratch guard】 ペイントプロテクションフィルムの耐久性動画YouTubeはこちらをご覧下さい。➡https://youtu.be/KLNDImcaieU 傷が消える特殊性能 自己修復動画YouTubeはこちらをご覧下さい。➡ https://youtu.be/PNKRaaS_5yI ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。  

BLOG

Ferrari 812 プロテクションフィルム

フェラーリ812スーパーファストFenixクリアペイントプロテクションフィルム施工完成   世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。   本日は泉南市よりお越し頂いた【フェラーリ812】Fenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。     フロントバンパーを脱着して更につなぎ目をなくす為、グリルなども全て取り外してfenixペイントプロテクションフィルムの施工を行います。     今回の施工依頼はボンネット・フロントバンパー・ヘッドライト・フロントフェンダー・ミラー・カボーンサイドスカート・カーボンナンバーカバーをFenixクリアペイントプロテクションフィルム施工致します。     通常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     フロントバンパー周りカーボンパーツfenixペイントプロテクションフィルム施工が完成致しました。 これからカーボンパーツや、グリル、ヘッドライトなどをしっかりと熟練スタッフが組付作業を行います。     約16回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧ください。     【After】 Fenixクリアペイントプロテクションフィルム完成致しました。     複雑な形状のカーボンパーツでも繋ぎ目なく美しく、クリアプロテクションフィルムの施工が可能です。     ヘッドライト・ミラー・ボンネット・フロントフェンダー・サイドスカートにFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工していますが、よく見てもフィルムが貼っているかさえ全くわからないクオリティに仕上がっています。     マットプロテクションフィルム仕上げも美しく仕上がっております。     今回はお客様からのオーダーでフェラーリエンブレムにもfenixペイントプロテクションフィルムを施工し完成!     施工後のフェンダーの膜厚は33μmまで上がっております。     施工後のエンブレムの膜厚は70μmまで上がっております。     施工後のボンネットの膜厚は388μmまで上がっております。     施工後のフェンダーの膜厚は361μmまで上がっております。     1施工後のエンブレムの膜厚は627μmまで上がっております。     Fenixペイントプロテクションフィルムの施工完成致しました。     今回のフェラーリ 812Fenixクリアペイントプロテクションフィルム施工完成動画YouTubeはこちらからご覧ください➡ フェラーリ 812プロテクションフィルム施工|Fenixクリアペイントプロテクションフィルム施工事例➡https://youtu.be/bWI-xoTGlSU また、 Fenixオプションにてホィールやキャリパー・ルーフ・カーボンリヤウィングなどにもペイントプロテクションフィルム施工が可能です。     多層構造のペイントプロテクションフィルムがボディを強力ガード致します。 「Fenix Scratch Guard」は150~200μmの膜厚を持つ4層構造。 一般的な新車塗装の厚みが100μm程度と言われており、施工後の安心感は多くを語る必要がないでしょう。 走行時の飛び石をはじめ、外部からの衝撃による傷を大幅に軽減し、紫外線や酸性雨、鳥糞、樹液などに対しても高い保護能力を発揮します。 それでいて、万が一の事故修理や車両売却の際には、フィルム層をイージーに剥がすことで新車時のオリジナルボディに戻すことができ、査定UPにも繋がります。 ※剥がす際は脱着工賃。剥離工賃が必要です。     世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     カラーラッピング ペイントプロテクションの施工も可能です。 マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。     Before&After     fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/KLNDImcaieU 今回のフェラーリ812fenixプロテクションフィルム施工完成動画はこちらをご覧下さい→ カーメイクアートプロfenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい→ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい→ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。      

さらに表示する