Carmake Artpro

BLOG

Mercedes Benz G class張替施工

こんにちは。 本日はGクラスのシート張替えのお話です。 こちらが純正シートです。 座面は既に外れていますが…。 背面も外してフレームのみにします。 この状態になると色々と付いてるのがわかりますね。 座面の方にはシートを上下するモーターと前後するモーターが付いております。 これは背面を膨らませるパッドです。 裏側に小さなコンプレッサーのような物があります。 普段このような箇所を見る事が無いので、少し紹介をしておこうかと思い マニアックな所を載せてみました。 純正ヒーターが入ってますのでこのまま使用します。 シート表皮とウレタンを固定する際に殆どはCリングなのですが、ポルシェやベンツは このようにフックに引っかかってます。 今回もGクラス恒例のAMG仕様です。 座面も組付けるとこんな感じです。 ベンツ純正と同じように四角のパンチングを使用し、純正と同じキルティングサイズで縫製しております。 今回はここまでですので次回はドア等のお話が出来れば。と思います。

BLOG

ジェット機 ルームクリーニング

こんにちは!本日はジェット機のルームクリーニングをご紹介致します(^^) ホワイトレザーなのでかなり汚れが目立ち、黒ずんでいました。 クリーナーで汚れを除去し、最後にレザーコーティングで仕上げました(^^) またこちらのジェット機はボディーコーティングも施工致しますんで、 そちらの方もまたブログでアップします!  

BLOG

Kawasaki ninja H2 Ceramic Pro 9Hガラスコーティング4層施工

こんばんは、 コーティング担当 山本です。 本日はKawasaki ninja H2に、 Ceramic pro 9H4層施工させて頂きました。 タンクやエアロパーツなどはクロスにCeramic pro 9Hを染み込ませ塗布していき手の入らない隙間などはスプレーガンを使い4層コーティングさせて頂きました。 本日は弊社アートプロブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。 有限会社カーメイクアートプロ ボディーコーティング担当 山本 世界最強のボディーコーティングCeramic Pro9H http://www.ceramic-pro.jp/ カーメイクアートプロ オリジナルディテーリングブランドULGO http://www.ulgo.jp プロテクションフィルムの世界トップブランド Fenix scratch guard http://www.fenix-sg.jp/ 世界初 傷が消える! 自己修復機能コーティングFEYNLAB https://m.facebook.com/FEYNLAB-Japan-265246650583234/

施工事例

Ferrari 458

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが280μm、フロントフェンダーが212μmでした。 施工個所はフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダーです。 施工後の膜圧はボンネットが563μm、フロントフェンダーが392μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット : 459,000円+税 施工価格はお車のサイズによって異なります。 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください。

施工事例

VOLVO XC60

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工個所はフロントバンパーです。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントバンパー : 110,000円+税 施工価格はお車のサイズによって異なります。 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください。

BLOG

フェラーリ458 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「フェラーリ458」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネットが280μm、フロントフェンダー212μmがでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 ボンネット563μm、フロントフェンダー392μm フェラーリ458へのFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。

BLOG

フェラーリ458 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「フェラーリ458」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネットが199μm、フロントフェンダー184μmがでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 ボンネット387μm、フロントフェンダー387μm フェラーリ458へのFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。

BLOG

ポルシェ内装張替施工~完成~

こんにちは。 本日はポルシェの内装張替えが完成しましたのでご紹介します。 写真を見ると、どこを張替えたの? と、思いますがフロアとCピラー以外張替えをしております。 今回は純正仕様であり、革もポルシェ純正の物を使用しております。 ドアパネルはこのような感じに仕上がっております。 最終的にはドアノブ上部の細長い箇所にカーボンが付きました。 こちらが施工前です。 比べると一目瞭然ですね。 ダッシュボード周りもフロア以外張替えております。 プラスチック部分はペイントしております。 純正はグローブBOXやシート等にPVCを使用している為、本革を使用している箇所と比べると 革の質感やシボが全然違いますので、質感を合わせる為ベージュの箇所も張替えております。   このように純正仕様に仕上げるもよし。 自分だけのオリジナルに仕上げるもよし。 お気軽にお問合せ下さいませ。  

BLOG

Audi A1 ULGO AP-2ガラスコーティング施工

こんばんは! 本日はAudi A1へのULGO AP-2ガラスコーティング施工をご紹介します。 こちらのAudi A1は新車ですが、 新車でもやはり小傷などは入っているので弊社では新車もしっかり磨いています。 磨き後は脱脂洗車を行いベースコートのULGO AP-2をたっぷり塗布した後、 トップコートのULGO SP-2を塗布して完成です。   本日は弊社アートプロブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。 有限会社カーメイクアートプロ ボディーコーティング担当 山本 世界最強のボディーコーティングCeramic Pro9H http://www.ceramic-pro.jp/ カーメイクアートプロ オリジナルディテーリングブランドULGO http://www.ulgo.jp プロテクションフィルムの世界トップブランド Fenix scratch guard http://www.fenix-sg.jp/ 世界初 傷が消える! 自己修復機能コーティングFEYNLAB https://m.facebook.com/FEYNLAB-Japan-265246650583234/  

BLOG

ランボルギーニ アヴェンタドール ULGO AP-1ガラスコーティング施工

こんにちは! 本日はランボルギーニ アヴェンタドール の施工をご紹介致します! こちらは既存車になるのでかなりキズが目立ちましたが、 アートプロの職人によってまるで新車のようになりました! 画像にもビフォーアフターを載せてますのでご覧下さい! 左側は磨きあげた箇所です!右側との違いご覧下さい。

施工事例

Lotus 3-Eleven

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工個所は人気のフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライト サイドエアダクト周辺、カーボンウイングです。 表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット : 300,000円+税 Fenix Scratch Guard ヘッドライト : 30,000円+税 Fenix Scratch Guard カーボンウイング : 30,000円+税 Fenix Scratch Guard サイドエアダクト周辺 : 100,000円+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

BLOG

ボルボ XC60 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「ボルボ XC60」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。   約10回塗り重ねた施工途中の状態です。だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 ボルボ XC60へのFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。

施工事例

HONDA NSX

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが347μmでした。 施工個所は人気のフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 施工後の膜圧はボンネット528μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントセット : 405,000円+税 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

BLOG

ポルシェ内装張替施工~続編~

こんにちは。 本日はポルシェの内装張替えの続編となります。 7割程完成してきたので、完結までもう少しです。 とりあえずダッシュボード・コンソール辺りの組付けが出来ました。 どこを張替えたの?って感じですが純正仕様にしているので、張替えをした感じが出ない方が いいのかもしれないです。 残すはこのフロントシートの張替えと組付けくらいでしょうか。 バックパネル部分も張替えていきます。 張込をして立体にするとモアイの鼻にしか見えなくなってきました…。 余分な所をカットし、生地を巻き込めばバックパネルは完成です。 残りの作業は次回にしておきます。  

BLOG

Ferrari 458 ULGO AP-1ガラスコーティング施工

こんばんは、 コーティング担当 山本です。 本日はFerrari 458にULGO AP-1ガラスコーティング施工をさせて頂きました。 下処理を済ませマスキングテープを貼り終えたら、 傷の具合などを見てポリッシャーとコンパウンドを使い分けながら磨きこんでいき、 磨き終わりましたら脱脂洗車を行います。 お次にULGO AP-1ベースコート剤とULGO SP-1トップコート剤を塗り込んでいき、 仕上げにLEDライトで拭きムラが残っていないか最終チェックをして完成です。 いつもアートプロブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます! 車の磨きやコーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さい!

施工事例

NISSAN R35 GT-R

ご入庫して頂いた時からボディ状態は綺麗だったのですが、小キズが少しありました。 しっかりと磨き込みCeramic PRO 9Hを施工する事により、 施工前より耐防汚性、撥水性が向上し、日頃のメンテナンスが非常に楽になります。 参考価格 Ceramic PRO 9H 4層コーティング(LLサイズ): 263,000円+税 施工価格はお車のサイズによって異なります お気軽に店舗までお問い合わせ下さい

施工事例

LEXUS LS460

施工前は、雨染み、洗車傷など多くあり艶も全くありませんでした。 細部もクリーナーなどで洗浄しボディもしっかり磨き上げ、 ULGO AP-1ガラスコーティングを施工する事でまるで新車のような輝きを取り戻すことが出来ました。 参考価格 ULGO AP-1 ガラスコーティング(LLサイズ): 145,000円+税 年式割増による追加磨きを含んだ金額です 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

BLOG

エスティマ ダッシュボード部分張替

こんにちは。 本日はエスティマのダッシュボードの部分的な張替えのお話です。 勢いでバラし始めたので施工前の写真は御座いません…。 これは運転席側のグローブBOXです。 国産はパーツ点数が少なく、外車のように細かく分解出来ないので 途中でカットします。 助手席ブローブBOX上部はバラそうと思いましたが ダッシュボード丸々外さないと取れないので、この一部の為に丸々降ろすのも費用的に もったいないので周辺をバラして車内で張込をしました。 組付けるとこのような感じです。 ここは分割されていないので折り返してシングルステッチでエンド処理しております。 流れとして反対側にステッチがないと違和感が出るので同じように 助手席側もシングルステッチで処理をしております。 車種によってはこのような事も出来ますのでお気軽にお問合せ下さい。

さらに表示する