Carmake Artpro

今日のアートプロ

Bentley 内装張替施工中

こんにちは。 本日はベントレーの内装張替えのお話です。 とりあえず、シートベルトを外します。 今回内装を赤黒に張替えますが、純正のベルトがヘロヘロになってしまったので 張替えと同時に巻き替えます。 黒色に巻き替えです。 カラーバリエーションは少ないですが、ベルト巻き替え出来ますよ。 と言う事です。 組付けが中途半端ですが、こんな感じです。 チラッと写っているサイドパネルも赤色から黒色に張替えております。 こちらはフロントのアームレストです。 付いている状態では見えないのでどうなっているか個人的に気になっていた箇所は 別パーツで張り付いてました。 張替えが終わるとこんな感じです。 今回はベントレー純正の革を取寄せて張替えをしているので、少し気遣います。 革がめっちゃ高いんですよ…。 今日はこんな中途半端な感じで終わります。

今日のアートプロ

Audi TT ULGOガラスコーティング AP-2 施工

こんばんは!本日は新車 Audi TT ULGOガラスコーティング AP-2の施工をご紹介致します! こちらのお車はディーラー様からご依頼頂いたんですがこちらのオーナー様は 以前からアートプロでコーティングを何台も施工させてもらっています(^^) 画像では分かりにくいですが新車でもやはり小キズなどが目立ちますので LEDの照明を使いULGOオリジナルコンパウンドで磨きこんでいきます!! そして磨き終われば脱脂洗車を行い、 水をエアーで飛ばしふきあげればいよいよ コーティングの塗り込みです! 今回はULGOガラスコーティング ベースにAP-2(疎水)をトップコートにSP-2をボディに塗り込んでいきます。 最後はいつものLEDパネルでムラや拭き残しを確認しながら拭き取ります。 エンブレム周りなどよくムラが残るのでよく確認をしながら拭いていきます。 それが終わればホイール、ガラス全面のコーティングを行えば完成です!! 艶感アップでばっちり仕上がってます! 本当にいつもご依頼ありがとうございます(^^) 納車までもうしばらくお待ちください!! それでは終わります!

今日のアートプロ

マセラティ クワトロポルテ 断熱フィルム+ウィンドウプロテクション

皆さんこんばんは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するお車はマセラティ クワトロポルテです。 こちらはサンルーフ以外のガラスに断熱フィルムの施工をさせて頂きました! リア3面は色つきガラスだった為少し薄い「IKC シルフィード SC-7015」を施工、 フロント3面には透明断熱フィルム「IKC シルフィード FGR-500」を施工させて頂きました! そしてフロントガラスには外側に施工するウィンドウプロテクションフィルム 「BRAY WINDOW SHIELD SKIN 2 LAYER」を施工させて頂きました! フロントガラスが飛び石などにより傷や亀裂等が発生しフロントガラスの交換となると、 特に輸入車は高額な修理費用が非常に高く掛かってしまいます。 そうなる前にこちらのプロテクションフィルム「BRAY WINDOW SHIELD SKIN」を施工されていると、 オリジナルのフロントガラスは保護されガラスの交換は免れます。 BRAY WINDOW SHIELD SKINは剥がすことも可能ですので、 傷などが多くなってきた場合再施工や、 今回施工させていただいた2 LAYERの場合は1枚目を剥がすことにより また新しい面が出てきますので寿命を延ばすことも可能です!   気になる方は是非ご来店いただき、ご相談下さい!     お問い合わせはこちらから

今日のアートプロ

マクラーレン 650S Ceramic PRO 9H 4層コーティング 下準備

こんばんは、コーティング担当 山本です。 本日はマクラーレン 650Sの下処理から磨きまでをご紹介していきます。   まずは下処理から! タイヤ+ホイール・タイヤハウス内・ドア内・隙間掃除・ボディと順番に汚れを落としていきます。 下処理が終わったら次にゴム類やステッカーなど、磨いてはいけない物をマスキングテープで保護し ボディは専用のコンパウンドとポリッシャーを使い分けながら磨きこんで、 低い位置のボディはLEDライトを使いながら傷を見逃すことなく丁寧に磨いていきます。 磨き終わったら脱脂洗車をして、 明日施工をスタートするCeramic PRO 9H 4層コーティング施工の準備完了です! ガラスコーティングのお値段が気になる方、コーティング施工されたい方、お問い合わせお待ちしております。 コーティング担当 山本でした。

今日のアートプロ

ASTON MARTIN DB9 天井張替施工完成

こんにちは。 本日は前回の続きのアストンマーチンの天井張替えの続きです。 前回はウレタンを張る所まででした。 で 本日、アルカンターラがイタリアより届いたので張込していきます。 張込をするとこんな感じです。 実際はピラーで底面しか見えないのですが、一応全体的に裏側まで巻き込んでます。 組付けが終わるともう完成です。 アストンやフェラーリ・ランボ等のアルカンターラを使用している箇所は やはりイタリアの同じ物を使わないと色が合わないですね。 これで純正と同じように戻りました。 様々な素材を取扱いしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

今日のアートプロ

ベントレー ベンテイガ ULGO AP-1 ガラスコーティング施工

ベントレーが発売した新型SUVモデル「ベンテイガ」の新車が当店初入庫 ULGO AP-1 ガラスコーティング施工をご用命頂きました 近年本当に人気の増えたSUVモデル 軒並みたくさんの自動車メーカーが発売するようになりましたね それぞれに味があり、各メーカーの個性がちゃんと反映されているので面白いです 施工の模様を「CARMAKE ARTPRO YouTube」にアップしましたので 是非ご覧になられてください

今日のアートプロ

新しいアイテム!

こんばんは、コーティング担当 山本です。 本日はコーティング部で新しく購入したミニポリッシャーのご紹介! このミニポリッシャーを購入したことで、 ・エンブレム ・ドアノブの内 ・グリルの隙間 などの細かい部分まで磨きこめる様になりました。 メルセデスベンツの様な立体型のエンブレムの水垢やドアノブ内、グリルなどは これまで手磨きでしか磨く方法が無かったのですが、 このミニポリッシャーのおかげで細かい所まで磨きこめるようになりました! 本日のご紹介はここまで! コーティング担当 山本でした。

今日のアートプロ

ASTON MARTIN 天井張替施工中

こんにちは。 本日はアストンマーチンDB9の天井張替え施工のお話です。 いい色ですね。   そんな事よりバラシていきます。 こんな感じで天井が垂れております。 案の定ベタベタが沸いており、アルカンターラの生地に染み込んでますので 再利用しても剥がれてくる可能性があるので新たに生地を取り張替えます。 結構手間が掛かると思いきやあっさり取れました。 天井に貼っているのは何でしょうね。 肝心の天井はこのありさま… 色合わせの為一部切り取っております。 ここからいつものようにベタを取り、アルカンターラ直張りだと凸凹が出るので薄いウレタンを張ります。 そして…肝心の生地が届かない… アルカンターラはイタリアから取寄せしますので時間が掛かるので生地待ちになったので、ここでストップ。 バラシに時間が掛かるからと思って先にバラシてましたがあっさりここまで来てしまったので 途中で作業が止まるとは誤算でした。 生地が届き完成したら載せますので少々お待ちくださいませ。

今日のアートプロ

光岡 ビュート ULGO AP-1 ガラスコーティング 施工

こんばんは! 本日は光岡 ビュートのガラスコーティング施工をご紹介致します。 まずは鏡面磨きからです! ボンネットはシミ、キズなどかなり目立ちますが、自社のコンパウドでパリッと磨き上げます。 側面はLEDを使い磨き残しのないよう確認しながら進めていきます。 こちらがビフォーアフターです 左よりも右の方がかなりスッキリしていますよね! 全体を磨き上げれば脱脂洗車を行い、ULGO AP-1を塗り込んでいきます。 そしてその次にSP-1を塗り込み、最後の拭き取りの作業の時に こちらのLEDパネルを使いムラなど拭き残しのないようチェックします。 それが終われば完成です! 磨いて艶が増して、さらにコーティングを塗り込む事でまた一段と艶が増しています! この記事が気になった方など是非アートプロにお問い合わせ下さい! 以上、終わります!

今日のアートプロ

BMW420 内装張替え

こんにちは。 本日はまたまたBMW4シリーズの張替えのお話です。 今回はクーペの方です。 ええ… 施工前の写真撮り忘れたので施工後オンリーです。 今回は「純正と同じ仕様で」との依頼でしたので、 ダコタのコーレルレッドの革を使用しステッチは赤と黒のコンビです。 フロントシート背面のパイピングは純正は目の詰まったナイロンメッシュのような物なので、 近いように見せる為にシボの無いナッパレザーを使用しました。 (個人的なコダワリポイント) リア周りはこのような感じです。 純正だとドアのアームレストもコーラルレッドなのですが、他の箇所にも黒色が多いので 黒で残っても違和感は無いですね。 内容が薄いですが、本日はこんな感じです。

今日のアートプロ

テスラ ダッシュボード縫製

こんにちは。 本日はテスラのダッシュボードのお話です。 型取りをし、革を裁断した状態です。 小さく切り目のように見えている箇所は縫い合わせに必要な印で この印をキッチリ合わせて縫製しないと張込の際にシワが出たり合わなくなります。 位置を決めて縫製をしていくと徐々に形になっていきます。 縫製前のバラバラの状態を見ると何がどう繋がるのか謎ですね。 全て縫製すると立体になるのでダッシュボードらしい形になりましたね。 ここからまだダブルステッチを入れていくのですが本日はここでストップします。   因みに、今回のテスラのダッシュボードは本革のナッパレザーを使用しておりますが、 革は生きているので熱による収縮を起こします。 よって、一番熱の入るダッシュボードは革によって縮み浮いてきたり、 ベロっと捲れあがってくる可能性がありますので、ご了承頂いた上での作業となります。 もちろん収縮による剥離は保証出来ません。 PVC若しくはスエードの生地がおすすめです。   さてさて、テスラをストップした後はトランクマットの型取りです。 お店の入口付近でセダンのトランクに潜り込んで作業していると不審者のような目で見られます。 奥まで潜っている時に閉められなくて良かったと今更思ったり…   今日はこんな感じです。

今日のアートプロ

CB1100 鏡面磨き施工

こんばんは! 本日ご紹介するのはCB1100 の鏡面磨きです! その後はCeramic Pro 9H 4層コーティングの施工もあります! こちらのバイクはお客様が普段乗られているのでタンクには擦り傷、拭き傷などが目立ちます。 新車のように復活させるためアートプロ、オリジナルコンパウンドでパリッと磨き込んでいきます!! まずはマスキングテープをペタペタと貼り付け、 タンクは半分だけマスキングをして磨き前と磨き後をご覧下さい! どうですか?やばくないですか??笑 磨く前の部分は白くボケて傷だらけなんですが、 磨き後の方はまるで新車のような輝きを取り戻しています! このようにタンク以外も磨いていきます! あとはアートプロではの拘りでメーターの所や細部などもこういったミニポリッシャーで磨いていきます! 後は最終仕上げ磨きをして、 脱脂を行えばCeramic PRO 9Hの塗り込みに入ります! この施工も丁寧に尚且つ高クオリティで仕上げます! 納車までもうしばらくお待ちください(^^) それでは終わります!

今日のアートプロ

国際洗車ソムリエ in 元離宮二条城&D1グランプリ 舞洲スポーツアイランド

こんばんは、コーティング担当 山本です。 本日は3月31日~4月1日に参加させて頂きました国際洗車ソムリエのご紹介をします。 まずは元離宮二条城 二の丸御殿中庭で行われた日本で開催される本格的なビンテージカーのコンクール 「コンソルソデレガンツァ京都 2018」 アワード表彰式の車両ケアを国際洗車ソムリエが担当しました。 お次は4月1日は舞洲スポーツアイランドで行われた「2018 OSAKA DRIFT」でイベント出展に参加させて頂きました。 沢山のお客様を前に洗車ソムリエの作業風景を見て頂きました。 2日間のイベントに参加しすごく良い経験をさせてもらいました! 本日のご紹介はここまで、コーティング担当 山本でした。

施工事例

Jaguar XJ

クラシックモデルながら今なお根強い人気のあるジャガー XJが入庫しました。 年式の加減もあって小キズは全体的に多く見受けられました。 使用する機械やコンパウンドを変えつつしっかり磨き上げていき、 Ceramic PRO 9H 4層コーティングで艶やかで輝きを増したボディに蘇りました。 参考価格(セラミックプロ9H 4層)…305,000円+税 年式割増による追加磨きを含んだ金額です 施工価格はお車のサイズによって異なります 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

今日のアートプロ

MINI Cooper S シート張替え

こんにちは。 本日はMINI Cooper Sのシート張替えのお話です。 とりあえず解体します。 クーパーSなのでウレタンがしっかりしており、 恐らくウレタンの中にもフレームが入っていると思われます。 後は新しく縫製された物を被せていきます。 今回は革も糸も黒色でシンプルなデザインです。 MINIの場合はシンプルにも派手にでも出来るので自由に楽しめます。 現行型の張替えは過去にも色々公開してきましたが、 車種が違うだけで代り映えしない内容だなぁと思ったりします。 別でレストアや特殊車両の張替えもしているのですが、 その場合はやはり撮影・掲載NGのパターンが多いのでブログネタに出来ないんですよね。 代り映えするような記事も書きたいので時々チェックしてみて下さい。

今日のアートプロ

ジャガー XJ Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

クラシックモデルながら根強い人気のあるジャガー XJが入庫しました Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工のご用命です このモデルはまだまだ街中でもよく見かけますよね 乗り味も良く、渋さ溢れるスタイリッシュな車だと思います 年式の加減もあって小キズは多め… 使用する機械やコンパウンドを変えつつ、しっかり磨いていきました 磨き後は脱脂洗車を行い、Ceramic PRO 9Hを4層施工 塗布 → 拭き上げ → 熱硬化の工程を4回繰り返し、最終仕上げにCeramic PRO LIGHTを塗布して完成です 高年式の車へのCeramic PRO 9H コーティングの施工は「液剤の強さ」の兼ね合いでお受け出来ない場合もあります 塗装面のダメージ(クリアが薄くなっている、塗装面が弱くなっているetc…)がある場合は Ceramic PRO 9Hが塗装を「犯してしまう」ことがありますので、 施工をご希望されていて「自分の車はどうだろう?」と思われたお客様は当店までお問い合わせ頂くか、 ご連絡頂いた上で直接当店までご来店ください 施工スタッフがボディをチェックし、アドバイスさせて頂きます 施工の模様を「CARMAKE ARTPRO YouTube」にアップしましたので 是非ご覧になられてください

今日のアートプロ

ステアリング張替

こんにちは。 本日はステアリングの張替えのお話です。 年代的には70年辺りでしょうか。 やはり古い物はなんでも手が込んでおり、良い物ばかりですね。 ただ年式が古くなるにつれ、防げない劣化。 今回は両サイドのゴムで成形されている箇所がベタベタになってきたので張替えとなりました。 サイド部分だけなのでカバーのように見えますが、 ステアリングは結構シビアなので何度も型取りをし数ミリ単位で調整をしていきます。 編み方はヨーロピアンのように一つ飛ばしではなく、連続で編んでいきます。 テンションを掛けていくとこのようにシワも無くなります。 仕上がりとしてはこのような感じです。 糸の色はセンターのエンブレムに近い物を使用しました。

今日のアートプロ

ホンダ NSX Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

こんにちは! 本日はホンダ 新型NSXの施工をご紹介致します! こちらのお車はボンネット、フロントバンパー、フロントフェンダーにFenix Scratch Guardを施工させて頂いています 加えてフロントガラスにはBRAY ウインドウプロテクションフィルムを施工して、 ボディ、フロントガラスどちらもを飛び石等々から保護出来るようになっています その他は、Ceramic PRO 9Hを4層塗りこんでいきます! 最近は暑くなってきてるので室内の温度管理をしないとコーティングがすぐに硬化してムラになってしまいます その辺りも気をつけて施工しています LEDでムラ、拭き残しのチェックも入念にしていきます このCeramic PRO 9Hは塗り重ねていくことで艶間が増すので、仕上がった時の達成感は半端ないです!!笑 またホイール、メッシュグリル、マフラー、エンジンルーム、ガラス全面にも Ceramic PROを施工しているので汚れもつきにくいし、日頃の洗車等が非常に楽になります! 納車がとても楽しみです! この度はご用命頂き、大変ありがとうございまいした!! 以上、終わります!

さらに表示する