Carmake Artpro

BLOG

クワトロポルテ ダッシュボード張替

こんにちは。 本日はマセラティ クワトロポルテのダッシュボード張替のお話です。 お預かりした時はこのように革が縮み膨れ上がったりしてました。 やはりダッシュボードに革を使用するのはダメですね。 2cmちょっとは縮んでますね。 膨らみも凄いです。 まぁ革なので仕方ないですね。 上の写真でもそうですが、最初糸の色がグレーのように見えたので、グレーで色合わせをしようと思って ましたが、よくよく見ると色合いがグレーにしては少しおかしいと気づき… 端っこを見てみると… 黒でした。 と言う事はこの黒の糸も日焼けしてあの色になってたって事ですね。 革を剥離をた状態がこの状態です。 綺麗にウレタンから革が剥離していたのでさらっと剥離出来ました。 そして完成に一気に飛びます。 今回はナッパレザー調の合皮を使用して張替えました。 ちなみに市場には出回っておらず、アートプロオリジナルで合皮メーカーさんに作って頂いてます。 恐らく日焼けが無ければこのように黒の糸だったのでしょう。 外車はダッシュボードの革が縮んだり天井が剥離したりとありますが、 実際本国ではどうなのかと調べると、本国では天井垂れたりしてないそうです… 日本には四季があるので湿気や気温の変化で起きる症状との事。 もちろん純正で部品交換すると車が買えるくらいの金額になるので 弊社で張替えしてみては如何でしょう。 純正と同じように張替えたり、張替えるなら少しアクセントを入れてみるのもアリですね。

BLOG

BENTLEY NEW CONTINENTAL GT FEYNLAB HEAL PLUS 施工

こんにちは! 本日は新型のベントレー コンチネンタルGTに新商材のFEYNLAB HEAL PLUSを施工しました! FEYNLAB Coatingは自己修復性を持つコーティング剤でより強い艶と高い透明度、優れた疎水性を発揮します。 50℃の熱を加えることである程度の細かな傷(拭き傷等)を修復する事が可能です! 後はエンジンルーム、ホイール、ガラス、レザーにもコーティング施工を行っています!

BLOG

ポルシェ911 カレラS BRAY 2層ウインドウガラスプロテクション施工

みなさんこんばんは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するお車はポルシェ911 カレラSです。 フロントガラスにBRAY WINDOW SHIELD SKIN 2層ガラスプロテクションフィルムを施工させて頂きました。 施工風景 完成写真 視認性もばっちり確保です! これで飛び石によるガラスへの傷・ひび割れ等を防げます! 気になる方は是非お問い合わせ下さい。   最後に施工風景~完成の動画です。

BLOG

ランボルギーニ ウラカン Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

こんばんは、 本日はランボルギーニ ウラカンに Ceramic PRO 9H  4層コーティングを施工させて頂きました。 先日鏡面磨きでブログにご紹介していた車で、磨きが終わったのでいよいよコーティングの塗り込みに入ります。 まずはCeramic PRO 9Hを各パネル 4層ずつ塗り重ねていきます。 仕上げにトップコートのCeramic PRO LIGHTを塗布し、明日1日掛けて乾燥させていきます。 本日も弊社ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。 ボディコーティング担当 山本

施工事例

Ferrari F430 Scuderia

Fenix Scratch Guardの施工でご入庫頂きました。 施工前の塗装面の膜厚はボンネットが642μm、フロントフェンダーが432μmでした。 施工個所はフロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー 、左右ミラー、左右ヘッドライトです。 施工後の膜圧はボンネットが642μm、フロントフェンダーが432μmとなりました。 これほどの膜圧がついていると普通は表面に施工をしている事がわかってしまうように想像されると思いますが バンパーとフェンダーの境目などを見てもプロテクションフィルムを施工しているかわからない仕上がりになっています。 塗るタイプのプロテクションフィルムだと、フォグランプ廻りも施工しているか分からない程綺麗に仕上がります。 参考価格 Fenix Scratch Guard フロントSET : 459,000円+TAX Fenix Scratch Guard ミラーSET:32,500円+TAX Fenix Scratch Guard ヘッドライトSET:64,000円+TAX 施工価格はお車のサイズによって異なります。 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください

BLOG

フェラーリ F488 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は大阪府よりお越し頂いた「フェラーリ F488 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネット194μmで、フェンダーが184μmでした。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です ボンネット456μm フロントフェンダー384μm フェラーリ F488 のFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。

BLOG

MINI Cooper シート張替

こんにちは。 本日はミニクーパーのシート張替えのお話です。 これは張替え前の純正シートです。 今のミニのシートは布でも二色使用したり、縫製しているステッチもグラデーションだったりと お洒落になっております。 早速、このシートを解体していきましょう。 とりあえずサイドカバーを開けてカバー本体を外す為、見えているネジを片っ端から外していきます。 普段見れない箇所ですね。 我々は見過ぎてるので、このような写真で車種が判別出来るようになってしまいました。 そして座面を外します。 サイドカバーさえ外してしまえば前後左右フックで引っかかっているだけなので、すぐ外れます。 同じく背面もばらしていきます。 表皮を剥がし、ウレタンだけのすっぽんぽん状態にした後、秘密兵器を取付。 これからの時期には必須アイテムのシートヒーターです。 今回は張替えと同時ですが、このようにウレタンと表皮が分離する車種であれば取付可能です。 8割くらいの車種には取付出来ますが、国産・シトロエン・プジョー辺りが車種によって取付不可の場合があります。 背面も同じようにパッドを張付けます。 あくまで、汎用品になりますのでサイドサポートまではヒーターが入りません。 サイドサポートもヒーターが必要な場合は新車購入時に純正オプションで取付しましょう。 稀にある話ですが、純正でヒーターのオプションがある車で後から部品のみメーカーから 取寄せをして取付が出来るのか?と質問をされますが、車種によりウレタンにヒーターパッドがあったり、 表皮に縫い付けれれている場合とあり、パッドが取付出来たとしてもシート下にヒーターのコネクターが無かったり… コネクターがあってもスイッチ周辺に配線が無く、どこから配線が無いのか分からなかったり… 純正ヒーターを後付けするのはリスキーでありチャレンジャー過ぎるのでお勧めはしません。 ヒーターの話で内容も熱くなりましたが、そうこう言っている間にシートは完成です。 今回はブラウンレザーにホワイトのステッチ&パイピングです。 シートセンターにはラウンジ仕様の縦ラインのデザインを追加しました。 MINIのシートは色使いでオシャレにしたり、シンプルでスポーティにしたりと 自由自在に遊べる車で面白いですね。

BLOG

ジャガー XF ULGO AP-1 ガラスコーティング施工

こんばんは、 本日はジャガー XFにULGO AP-1 撥水ガラスコーティングを施工させていただきました。 下処理をしマスキングテープでゴム類などを保護したら磨きこんでいき、 磨き終わりましたらULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。 次にULGO SP-1 トップコートを塗布した後、 仕上げにLEDパネルでムラが残っていないかチェックして完成です。 本日も弊社ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。 ボディコーティング担当 山本

BLOG

AUDI A6 天井張替

こんにちは。 本日はアウディの天井張替えのお話です。 アウディで天井が垂れて張替えるのはかなり久々です。 今回は依頼を受けた際に天井が緑と言われ驚きましたが、実際見ると確かに緑です。 ちなみに、シート等内装全て緑でした。 限定車なのか分かりませんが、とりあえず剥がしていきます。 垂れてるのでもちろん生地はさらっと剥がれます。 剥がした後のベタベタを処理するのが一番時間掛かります。 残れば密着も悪いですし、変に凹凸が出たりしますから。 ここまで剥がし切った後に液剤を使って細かい所を処理します。 全て処理が終わるといつものようにボンド吹き付け→生地張込をしていきます。(写真撮り忘れ) 組付けすると周りと同じような色合いになり、天井が復活しました。 お気軽にお問合せ下さいませ。

BLOG

ケータハム セブン 620R Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

ケータハムのレーシングスポーツモデル「セブン 620R」が入庫 フロント+エンジンカウル、前後フェンダーへのFenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルムを施工させて頂きました 車のコンセプトは昔のスーパーセブンともちろん大きな変わりはありませんが、 洗礼されたスタイルの車体にスーパーチャージャー付きフォード製デュラテック2.0ℓエンジンを搭載し、 わずか545kgの車体がかっ飛んでいく様はなかなか痛快です 施工前の膜厚は335μmでしたが、 施工後は787μmと驚異的に向上しました 約450μmものペイントプロテクション膜がカウルを保護していることになります もちろん様々な要因で数値は上下することがありますが、基本的には200μm~250μmは膜厚が向上します フロントタイヤフェンダーと リアタイヤフェンダーもしっかり施工しました 今回の施工の様子を「CARMAKE ARTPRO YouTube Channel」にアップしましたので、 是非こちらもご覧になられてくださいね

BLOG

PORSCHE Carrera 2 ライトポリッシュメンテナンス施工

こんにちは! 本日はポルシェ カレラ 2にライトポリッシュメンテナンスを施工させて頂きました! オーナー様が日頃から大切に大切に保管されているのでボディの状態は綺麗ですが、 少し艶が落ち気味でしたので軽くポリッシュして艶を取り戻し、 オプションでULGOガラスコーティングAP-1を上塗りしています!

BLOG

MINI COOPER SD ULGO AP-1 ガラスコーティング施工

こんばんは、 本日はMINI COOPER SDにULGO AP-1 撥水ガラスコーティングを施工させていただきました。 下処理をしマスキングテープでゴム類などを保護したら磨きこんでいき、 磨き終わりましたらULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。 仕上げにULGO SP-1 トップコートを塗布して完成です。 本日も弊社ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。 ボディーコーティング担当 山本

BLOG

AUDI A3 Ceramic PRO 9H 3層コーティング施工

こんにちは! 今回はAUDI A3にCeramic PRO 9H 3層コーティングを施工致しました! 既存車でキズ、シミ等はあり艶がなかったんですが、 鏡面ポリッシュしCeramic PRO 9Hを塗り込みかなり艶感も上がり、 お客様に納得の頂ける仕上がりになりました! これで日頃のメンテナンスが非常に楽になるのは間違いないですね(^^) この度はご用命頂き、誠にありがとうございました(^^)!

BLOG

ポルシェ パナメーラ Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

こんばんは。 本日ご紹介するのは、ポルシェ パナメーラです。 下処理、ボディ磨きが終わった後、 Ceramic PRO 9Hを各パネル4回ずつ塗布していきます。 仕上げにトップコートのCeramic PRO LIGHTを塗布して完成です。 こちらはCeramic PRO 9Hを塗る前の写真です。 こちらの動画はCeramic PRO 9H施工後の動画になります。 是非ご覧になって違いを見比べて下さい。 本日も弊社ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

BLOG

メルセデスベンツ NEW G Class ULGO AP-1 ガラスコーティング施工

こんばんは、 本日はメルセデスベンツ NEW G Class にULGO AP-1 ガラス撥水コーティング施工しました。 ボディがマット色で磨くことができないので下処理、鉄粉除去、洗車を行った後に ULGO AP-1を塗布していきトップコートにULGO SP-1を塗布していきます。 もちろんマット色でもLEDライトでのチェックは怠りません。 本日も弊社ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 車の磨きや、コーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

BLOG

MINI 天井張替

こんにちは。 本日はMINIの天井が垂れて来たので、天井張替えのお話です。 見事に全体が垂れてます。 現行ではなく、一つ前のクーパーですが年式的には垂れて来る時期ですね。 とりあえず、車外に出し元の生地を剥がすと見事にウレタンがベタベタになってました。 これを綺麗に剥がしてベタが残らないように除去します。 その後、天井の土台と生地にボンドを吹き付けて少し乾燥させた後、張込していきます。 ふわっと被せ後ろ側から少し位置決めをしていきます。 殆ど張込が出来ると元通りの立体になってきました。 後は巻き込みをして組付ければ完成です。 内装張替等、お気軽にお問合せ下さい。

BLOG

フォルクスワーゲン アルテオン Fenix Scratch Guard オールペイント【色替え】施工

フォルクスワーゲンから発売された新型セダン「Arteon(アルテオン)」 Fenix Scratch Gurad ペイントプロテクションによりボディカラーチェンジを施工させて頂きました そう、Fenix Scratch Guardはこんな施工ももちろん可能です   こちらの画像は施工後のマットグレーになった車両です アルテオンはボディラインがしっかりしているのと全高が低いので、 マットカラーになるとさながらレーシングカーのような出で立ちになりますね で、こちらが塗装前の純正ブラックカラーのボディ マットカラーになると一気に印象が変わるのが分かりますね お客様がイメージされたマットカラーはこちらのホイールのマットグレーでした 全体が引き締まって、オンリーワンの一台が完成しました 今回の施工の様子を「CARMAKE ARTPRO YouTube Channel」にアップしましたので、 是非こちらもご覧になられてくださいね

さらに表示する