ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

高級車ながらも若者にも向けた新しいデザインと走りを

アウディはフォルクスワーゲングループに属する自動車メーカーです。1956年から1964年まではダイムラー・ベンツの支配下にあり、1964年以降はフォルクスワーゲンの傘下となりました。大衆的、一般的といった趣を主とするフォルクスワーゲンとは異なり、中級から上級価格帯のブランドとして知られています。 そのデザインとしては曲線を多用したものであり、高級車として少し堅い形式ばったイメージのあるデザインのベンツやBMWとは異なる都会的で若者向けのデザインとなっています。 また「クワトロ」と呼ばれる4WDのシステムはアウディの代名詞ともなっており高速走行時の安定性や4WDの走破性能など走りに関してこだわりのある性能となっています。

カーコーティング剤の質を見分ける基準

カーコーティングに使用するコーティング剤を選ぶひとつの基準としてどれだけ有機物が含まれているのかということがあります。有機物は酸化や劣化をしやすく、また自動車の表面に付くしつこい汚れの原因である油などが付着しやすくなります。チリやホコリなどが日常生活でどのようなものに付着しやすいのかということを想像するとわかりやすいと思います。

素材の性質によって汚れの付着しやすさが異なる

汚れが落としやすいものとしてガラスやタイルなどがあります。こうした素材と言うのは表面についた油分などをきちんと取り除いてやればほとんど汚れが残ることはありません。また硬質な物質であるため表面に傷が入りにくく、擦過傷などがつきにくいことが特徴です。反対に建築物に使われる木材などは硬質ではないため柔軟性は高いですが、損傷し易いという点や劣化しやすいという特徴があります。そのため、その素材の保護のためにその表面をニスやワックスなどで保護し、その素材そのものを損傷しないようにして使用しているのです。

汚れに近い性質のものは親和性が高く汚れと混じりあう

自動車の塗装などについても同様のことが言えるでしょう。有機物質が多ければ親和性が高くなるため油汚れやチリなどの付着が起こりやすくなります。また酸化や腐食などが起こりやすいのも有機物質の特徴です。 反対に無機質の場合、素材の耐久性が高いという特徴があります。また、無機質独特の光沢などがあることもその材質の特徴です。

有機物質の量や主要な成分を確認すること

現在多くのカーコーティング剤があります。そのひとつひとつが使われている素材が異なり、異なる性質を持っています。専門の施工業者、もしくは化学に非常に知見がある人ならばその成分だけをみてどのコーティング剤が自分の愛車に適しているのか判断することができるかもしれません。しかし、そうでない場合には判断が難しいかもしれません。ひとつの基準としては同じ主成分のものであるのであれば、有機物質が少ないものを選択したほうが紫外線や熱による変化、そして酸化が起こりにくいということです。

サービス一覧に戻る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE