ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

職人の鍛錬×進化する技術

SERVICE サービス

より快適で充実したカーライフのための技術とサービス。

ARTPRO BLOG アートプロブログ

  ガラスコーティングやオーダーメイドインテリア、
 レザーシート張替えなどの施工事例から、カーケアに役立つ情報まで。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。
さまざまなトピックをカーメイクアートプロからお届けします。

BLOG

Ferrari 812

フェラーリ812スーパーファストFenixクリアペイントプロテクションフィルム施工完成       フロントバンパーを脱着して更につなぎ目をなくす為、グリルなども全て取り外してfenixペイントプロテクションフィルムの施工を行います。     フロントバンパー周りカーボンパーツfenixペイントプロテクションフィルム施工が完成致しました。 これからカーボンパーツや、グリル、ヘッドライトなどをしっかりと熟練スタッフが組付作業を行います。     マット     今回はお客様からのオーダーでフェラーリエンブレムにもfenixペイントプロテクションフィルムを施工し完成!     膜厚     完成!     多層構造のペイントプロテクションフィルムがボディを強力ガード致します。 「Fenix Scratch Guard」は150~200μmの膜厚を持つ4層構造。 一般的な新車塗装の厚みが100μm程度と言われており、施工後の安心感は多くを語る必要がないでしょう。 走行時の飛び石をはじめ、外部からの衝撃による傷を大幅に軽減し、紫外線や酸性雨、鳥糞、樹液などに対しても高い保護能力を発揮します。 それでいて、万が一の事故修理や車両売却の際には、フィルム層をイージーに剥がすことで新車時のオリジナルボディに戻すことができ、査定UPにも繋がります。 ※剥がす際は脱着工賃。剥離工賃が必要です。     fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい→ https://youtu.be/KLNDImcaieU 今回のフェラーリ812fenixプロテクションフィルム施工完成動画はこちらをご覧下さい→ カーメイクアートプロfenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい→ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい→ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。      

BLOG

Ferrari 308GTBi 内装張替完成

こんにちは。 本日はフェラーリ308GTBiの内装張替が完成しましたので そのお話です。 https://www.art-pro.co.jp/magazine/ferrari-308-%e5%a4%a9%e4%ba%95%e5%bc%b5%e6%9b%bf/ 話を遡りますと、まず天井のお話をさせて頂きましたね。 https://www.art-pro.co.jp/magazine/ferrari-308-%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa308%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%bc%b5%e6%9b%bf%e6%96%bd%e5%b7%a5/ そして次はバイザーの張替えと続きました。 そしてコソコソとダッシュボードも丸々張替えをしてやっと組付けも出来ました。 センターコンソールは純正のまま残っており、革が劣化し白ボケも起こし硬くなり裂けている箇所もありました。 張替えにより綺麗に蘇りました。 ドアパネルは破れは無かったのですが白ボケていました。 古いフェラーリは殆どこんな感じになってしまいますね。 ドアパネルは張替えではなく、ペイントでリペアし復元しております。 ダッシュボード周りも綺麗になりました。 もちろんステアリングも張替え済みです。 スーパーカーブームだった頃の車両ですが、現代でもこのフォルムを見ると ザ・スーパーカー!!と雰囲気を出してますが、いざ乗ってみると内装が汚れているとショックですよね。 現行車両だけではなく、年代物の車両でも張替えで復元出来るので一度お問合せ下さい。

BLOG

シトロエンおすすめガラスコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOAP1撥水ボディガラスコーティングの施工を行います。 ボディを磨く前に、 まずはホイール/ボディの鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ドア裏の細部までまで念入りに行います。 ボディを磨く前にcoatingthickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらシトロエン C 3 の塗装膜厚は86.0μ ミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のシトロエンC 3 の塗装光沢は51です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。 新車でもボディ表面には多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 シトロエンのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 テールレンズも更に美しくポリッシュします。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下の画像のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ULGO MOLD COATING プロシリーズのブラックモール施工コーティングも同時に施工します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前68 ●磨きコーティング施工後は92まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前123μミクロン 磨きコーティング後は121μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 完成画像です。 入庫時とは全く違う塗装の光沢感が見た目でお分かり頂けます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のシトロエンC 3 ULGOガラスコーティング新車登録3カ月以上の場合施工価格はMサイズ¥88.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。 今回のシトロエンC 3 ボディ磨き&コーティング施工動画YouTubeを是非ご覧ください↓ https://youtu.be/G84mTWrRXGI その他コーティングプライスリストはこちらから↓ https://www.art-pro.co.jp/pricelist/price_coating_dom.pdf カーメイクアートプロコーティングページ↓ https://www.art-pro.co.jp/service/coating/ ULGO鏡面磨きコーティング作業動画です↓ https://youtu.be/0kMEsMW2nIk カーメイクアートプロでは飛び石傷などからボディを保護するFenix scratch guardの施工も行なっております。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 カーメイクアートプロFenixページはこちらからご覧下さい↓ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらからご覧下さい↓ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。

BLOG

レザーシートクリーニング&リペア

今回はレザーシートの全体的な汚れ除去とサポート部分各所の傷み、センターアームレストの傷みをリペアしていきます。 まずはシートがどれぐらい汚れているのかの確認。マスキングで縁を切り汚れの度合いを見ていきます。   全体的に汚れているとあまりわからないのですが比べてみるとよくわかりますよね。サポート部分は汚れを除去すると塗膜のひび割れや色落ちが確認できます。 続いてセンターアームレストも色落ちや傷みが確認できます。   クリーニング後、古い傷んだ塗膜を部分的に除去し塗膜再生の下処理をしていきます。       車内を養生したのちペイントの準備に取り掛かります。             このように古い傷んだ塗膜を除去し再ペイントすることでレザー表面の塗膜は復活します。 このような事例でお困りの方は一度ご相談下さい。

BLOG

クルーザー ミラーフィルム施工!!

皆さんこんにちは。 フィルム部の小川です。 本日ご紹介させて頂くのは、 クルーザーへのミラーフィルム施工です。 作業風景はこんな感じです。 型取り しっかり型を取ります。 フィルムカット ミラーフィルムなのでスモークフィルムより折れ等が目立ちやすい為、 型通りに慎重にカットしていきます。 下準備 こべり付いたゴミ等をガラスコンパウンドやプラヘラを使いしっかりと清掃します。 施工 貼り付けの方も折れやすい為慎重に貼り付け、 しっかり施工液を抜いていきます。   Before After Before After   カーフィルムのみならず、クルーザー・重機・その他 いろいろなものに対応できるように致しますので、 お気軽にお問い合わせください。 では本日はこの辺で失礼します!  

BLOG

GT-R35内装張替施工

こんにちは。 本日はNISSAN GTR35の内装張替えが完成したので、そのお話です。 お客様がフロントシートをレカロに積替えをされており、カーボンと赤革のステリングに交換されており 内装全体を赤黒で合わせたいとのご依頼でした。 ダッシュボードはGTR特有のベタ付きもあり、表面のラバー状も部分的にボロボロと剥離も起きてました。 ダッシュボード周りは赤革と赤のアルカンターラで張替えをしました。 全体的にはこのようなイメージです。 ステアリングエアバックもアルカンターラで張替えました。 ダッシュボード本体は黒のアルカンターラで部分的に赤革です。 バランス良く仕上がりました。 もちろん天井やバイザーも張替えております。 リアシートはフロントのレカロにデザインを合わせて赤と黒の本革を使用し、センターはパンチング加工しております。 センターのスピーカー周りはセンターコンソールの繋がりで赤のアルカンターラを使用。 ドアパネルは純正の黒い箇所を残しつつ、赤の革とアルカンターラを使用し 同じ赤でも素材の違いで少し差を出しております。 内装だけではなく、外装もなかなかのカスタムをされておりました。 ホイールナットは全てチタンだそうです… 細かな所まで拘っております。 もちろんエンジンもミッションもバリバリカスタムされており、車両と同じく中身だけではなく エンジンもラメ入りの赤で塗装。 見えてるボルトは全てチタン。 ここまでカスタムしている車両は少ないでしょうし、オーナー様には大満足して頂きました。  

BLOG

ダイハツコペンおすすめガラスコーティング ULGO ガラスコーティング施工事例

中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOAP1撥水ガラスコーティングの施工を行います。 まずはホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらコペンの塗装膜厚は123μ ミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のコペンの塗装光沢は68です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ダイハツコペンのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 今回はフロントガラス面に雨染みウォークスポット除去ガラス磨くもオプションにて、同時に施工致します。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 ベッドライトポリッシング。 ベッドライトのくすみを除去致します。 小型ミニポリッシャーを使いドアノブの中まで美しく仕上げます。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 ベッドライトポリカレンズにも同時にコーティングを施工致します。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 シトロンのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 左側Before右側After 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前68 ●磨きコーティング施工後は92まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前123μミクロン 磨きコーティング後は121μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 完成画像です。 入庫時とは全く違う塗装の光沢感が見た目でお分かり頂けます。 ルーフ部分にはULGOブラックモールコーティングが美しく仕上がっております。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のダイハツコペン ULGOガラスコーティング新車登録3カ月以上の場合施工価格はMサイズ¥88.000円税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。 今回のダイハツコペンボディ磨き&コーティング施工動画YouTubeを是非ご覧ください↓ https://youtu.be/YbfifLe_PM0 その他コーティングプライスリストはこちらから↓ https://www.art-pro.co.jp/pricelist/price_coating_dom.pdf カーメイクアートプロコーティングページ↓ https://www.art-pro.co.jp/service/coating/ ULGO鏡面磨きコーティング作業動画です↓ https://youtu.be/0kMEsMW2nIk ダイハツコペンのボディ プロテクションフィルムやボディラッピングお任せ下さい。 こちらのコペンルーフにはテールレンズの赤色に合わせたカラーラッピングを施工事例です。 カーメイクアートプロでは飛び石傷などからボディを保護するFenix scratch guardの施工も行なっております。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 カーメイクアートプロFenixページはこちらからご覧下さい↓ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらからご覧下さい↓ https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。

BLOG

jeep WRANGLER ジープラングラーおすすめコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

ジープラングラー 新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングの施工を行います。 まずはホイール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらジープラングラーの塗膜は295μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のジープラングラーの塗装光沢は88です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにて保護します。 とくに樹脂パーツ部分には念入りにマスキング致します。 ステッカーやエンブレムなどにも念入りにマスキング致します。 新車でもボディ表面には多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ジープラングラーのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 スクラッチ傷の箇所にはポリッシャーやコンパウンドなど使い分けて美しく仕上げていきます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります ULGO RAIN PRO プロシリーズ窓ガラス専用コーティング剤です。 今回はオプション作業にて全てのガラス面にULGO RAIN PRO撥水コーティングを施工致しました。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 シトロンのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 ULGO LEATHER COATING オプションにて本革部分のレザーコーティングの施工も致します。 ステアリングや本革シート・ドアトリムに施工が可能です。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前88 ●磨きコーティング施工後は98まで光沢が上がっております。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ブラックフェンダーにもULGOブラックモールコーティングが美しく仕上がっております。 ルーフ部分にはULGOブラックモールコーティングが美しく仕上がっております。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のジープラングラー ULGOガラスコーティング価格はLLサイズ¥120.000税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。 その他コーティングプライスリストはこちらから↓ https://www.art-pro.co.jp/pricelist/price_coating_dom.pdf カーメイクアートプロコーティングページ↓ https://www.art-pro.co.jp/service/coating/ ULGO鏡面磨きコーティング作業動画です↓ https://youtu.be/0kMEsMW2nIk ジープラングラーのボディ プロテクションフィルムやボディラッピングお任せ下さい。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 カーメイクアートプロでは飛び石傷などからボディを保護するFenix scratch guardの施工も行なっております。 カーメイクアートプロFenixページはこちらからご覧下さい↓ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらからご覧下さい↓ https://fenix-sg.jp/ 本革仕様シート張替 はこちらの動画YouTubeをご覧下さい↓ https://m.youtube.com/watch?v=4UuSFrhtGLY ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。  

BLOG

ラバーペイントパーツの補修

よく内装パーツでラバーペイントで仕上げてあるものがあります。 触り心地通いにですが時間がたってくると加水分解を起こしベタついて来たり、表面がやらかいので削れたりして傷んできます。 今回はラバーペイントを剥離して補修し、マークをレーザー加工にて仕上げていきます。 まずはラバーペイントの剥離作業から。 専用のRUBBER PAINT REMOVERで漬け置きします。 15分ほど放置し状態を確認! 結構剥離が進んでいるので、流水で洗います。 下地処理をしてプライマーを塗り、マークの部分にホワイトを下塗り。 次に全体にブラックをペイント。 この状態でレーザー加工に。 そしてマーク処理が終わったらトップコートを塗ります。 ラバーペイントの損傷でお困りの方は一度ご相談下さい。    

施工事例

Benz TE280

今回使用した素材は黒の本革でシートセンターには断面が赤色のパンチングを使用しました。 施工箇所はシート・ドアトリム・ドアアームレスト・ダッシュボード・センターコンソール・ フロアマット・ステアリングです。 黒をベースにステッチは赤色を使用しました。 フロアマットも作製したので、同じく黒ベースに赤色のロックです。 未だに人気の絶えないW124シリーズですが、内装はどうしても劣化してしまい ますので、内装を張替えればリフレッシュしてまだまだ乗れるようになります。

施工事例

NISSAN GT-R35

今回の施工はお客様が赤黒のレカロシートを購入され内装全てを 赤黒でバランスよく。とのご依頼で張替えさせて頂きました。 今回施工した箇所は天井・サンバイザー・ダッシュボード・センターコンソール・ リアシート・ドアトリムとなります。 基本的には赤と黒のアルカンターラと赤革を使用して張替えをしており、 リアシートはフロントのレカロとデザインを合わせて赤黒の革とセンターには パンチング加工を施しております。 ボディはLibertyWalkでフルコンプリートされており、内装は全て弊社にお任せ頂きました。 内装も外装もカスタムされており、素晴らしい一台となっております。

BLOG

BMW M235I (F44) 断熱フィルム委施工!!

皆さんこんばんは。 フィルム部の小川です。 今回ご紹介させて頂くお車は、 BMW M235I(F44)です。   こちらのお車は、 フロント3面に透明断熱フィルム(IKC FGR-500) リア5面に断熱フィルム(IKC SC-7020) を施工させて頂きました。 施工風景です。                施工完成画像です。 新型車種~年代物の車まで施工対応いたしますので、 お気軽にお問合せ下さい。          

BLOG

MINI CROSSOVERシートヒーター取付

こんにちは。 本日はミニ クロスオーバーへ後付けシートヒーター施工をしたお話です。 純正はファブリックシートなので熱が伝わりやすく弱でも十分かもしれません。 とりあえず、シートをばらしていきます。 MINIはシンプルなので簡単に次々外れます。 あっと言う間に分離しましたね。 ヒーターパッドを位置決めして貼り付けます。 昔の熱線はワイヤーでしたが、乗り降りの圧迫で切れて断線して焦げてるのをよく見ますが 弊社で取扱いしているパッドの熱線はカーボンなので柔軟性があり安全です。 パッドを張り付けた後はCリングを固定して組み立てていきます。 今回のスイッチ取付箇所はコンソールです。 シフトさえ外せば簡単に 穴をあけてスイッチを埋め込めば完成です。   これから暖かくなる季節ですが、お車を購入されたタイミングで如何でしょうか。

BLOG

レクサスGS レザーシート部分リペア

レザーシートってきっちり扱っていけば長く良い状態を保つことができます。 しかし大切に扱っていてもどうしても多少の不具合が出てきます。 それは摩擦による塗膜の色落ち。 そしてひっかき傷 今回はこの二か所を修理します。 まずはひっかき傷の修正から。 下処理、熱処理をしてから充填剤で処置していきます。 表面を整える作業を繰り返し、その後ペイント作業へ。 続いてシートの擦れ補修作業。 こちらも下処理をしてからのペイント作業になります。 このように部分的に傷んでしまった状態で乗られていらっしゃる方を結構お見受けします。 傷んでしまったところは非常に耐久性も弱くなっていますので痛みがより悪化しやすくなっています。 そこまでの状態になってしまう前に一度ご相談下さい。

BLOG

Ferrari 308 (フェラーリ308)バイザー張替施工

こんにちは。 本日は過去にご紹介したフェラーリ308の天井の続きで バイザー張替えのお話です。 こちらが純正の状態です。 中のウレタンが劣化し触れば粉が出てくるくらいでした。 天井をアルカンターラで張替えしているので合わせて張替えです。 周りの縁取りを解き、開くとこんな感じになっていました。 ベースの厚紙も変形していますね。 形が変形していたので型取りで型を整えた後に同じように厚紙を切り出します。 そしてウレタンを張付けます。 その後はアルカンターラの張込です。 張込した後に天井と固定する為のホックを取付します。 縁取りをする為にまず革の端を漉きます。 これは機械ではなく革切り包丁で漉きます。 端を限りなく薄く漉いて折り返しているので段差が出ないです。 これをバイザーに沿わせて縫製していきます。 そして完成がこのようになりました。 純正と比べると真っ黒になりアルカンターラと革のコンビなので雰囲気が一気に変わりましたね。 まだまだ続きがあるので徐々に更新致します。

もっと見る

PICK UP CONTENTS ピックアップ

 お客様のカーライフのかたわらに寄り添い、驚きや感動をお届けする
私たちを知ってもらうおすすめコンテンツです。

ARTPRO STAFF

 匠の技とセンスで「大切な1台」と向き合う
アートプロのカーディティール職人たち。

アートプロのスタッフ

STORY

 1993年の創業以来、大切にしてきた
「車を美しくすること」への思いとこだわり。

ストーリー

FOR WOMEN

 ドライブの時間がもっと快適で楽しくなる
カーケアのメニューを集めました。

 女性に人気の
サービスメニュー

PRICE

 カーメイクアートプロが提供するサービスの
施工料金表をPDFでご覧いただけます。

料金表

WORKS 施工事例

  アートプロが手がけたガラスコーティング、オーダーメイドインテリア、
 シートリペア・クリーニング、レストアなどをご紹介。
希少なクラシックカーやスーパーカーの施工事例もぜひご覧ください。
アートプロが手がけた施工事例をぜひご覧ください。

施工事例

Benz TE280

今回使用した素材は黒の本革でシートセンターには断面が赤色のパンチングを使用しました。 施工箇所はシート・ドアトリム・ドアアームレスト・ダッシュボード・センターコンソール・ フロアマット・ステアリングです。 黒をベースにステッチは赤色を使用しました。 フロアマットも作製したので、同じく黒ベースに赤色のロックです。 未だに人気の絶えないW124シリーズですが、内装はどうしても劣化してしまい ますので、内装を張替えればリフレッシュしてまだまだ乗れるようになります。

施工事例

NISSAN GT-R35

今回の施工はお客様が赤黒のレカロシートを購入され内装全てを 赤黒でバランスよく。とのご依頼で張替えさせて頂きました。 今回施工した箇所は天井・サンバイザー・ダッシュボード・センターコンソール・ リアシート・ドアトリムとなります。 基本的には赤と黒のアルカンターラと赤革を使用して張替えをしており、 リアシートはフロントのレカロとデザインを合わせて赤黒の革とセンターには パンチング加工を施しております。 ボディはLibertyWalkでフルコンプリートされており、内装は全て弊社にお任せ頂きました。 内装も外装もカスタムされており、素晴らしい一台となっております。

施工事例

トヨタスープラ ULGOコーティングコーティングAP1撥水タイプコーティング施工事例

トヨタGRスープラ 走行距離10キロ 新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングを行います。 まずはボディを磨く前に光沢計グロスチェッカーTMS-724にて施工前の光沢を測定致します。 今回のスープラの光沢は67 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらスープラの塗膜は92μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ホイール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 まずは隙間などに詰まった細部の汚れを除去を行い全体的に洗車を行います。 新車でも多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、塗装を余り削り過ぎないように膜厚計でも測定しながらスクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ドアノブ周りの細かなスクラッチ傷などもミニポリッシャーを使い分け美しく仕上げていきます。 トヨタスープラのライトニングイエロー指定塗料RM水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ピラー部の スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や深みのある輝きが復活しております。 新車で美しいボンネットも更に深みが出て濡れた様な艶に仕上がっております。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前67 ●磨きコーティング後は76まで光沢が上がっております。 ●施工前の膜厚は92μミクロン ●施工後の膜厚は 90.4μミクロン ビフォー磨く前は92ミクロンわずか約0.16ミクロンのみ鏡面磨きで塗膜が薄くなっております。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のトヨタスープラ ULGOガラスコーティング価格はLLサイズ¥120.000となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

アストンマーティン ヴァンテージAMR ULGOガラスコーティング|AP1撥水タイプ|コーティング施工事例

Aston Martin Vantage AMR アストンマーティン ヴァンテージ 新型に「AMR」7速MTで510馬力を操る…世界限定200台の貴重なお車をULGOコーティングさせて頂きます。 2020年モデル新車アストンマーティンヴァンテージ 走行距離00Kmキロ鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 普段なかなかお手入れ出来ない箇所もしっかりとクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のアストンマーティンの塗装光沢は85です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらのアストンマーチンのボンネット塗膜は146μミクロン フロントドア148μミクロン オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 アストンマーティンはカーボン/アルミボディに水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 カーボンパーツもしっかりと鏡面仕上げ磨きを行います。 小型ミニポリッシャーを使い分けエンブレム周りや、細かな箇所もしっかりと鏡面仕上げ磨きを行い美しく仕上げていきます。 ウィンドフィルムの施工も同時施工が可能です。 カーメイクアートプロでは、ボディコーティングと同時に透明断熱タイプウィンドフィルム、フロントガラス、リヤガラス、リヤクォーターガラスに施工致しました。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分をな持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディコーティング作業が終わりました。 スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や輝きが復活しております。 アフターの光沢計にて測定します。 Before 85 after102まで光沢が出ております。 アフターの膜厚はボンネット144ミクロン。 フロントドア146μミクロン カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 オプションにてインテリアコーティング本革コーティングや、アルカンターラコーティングの施工も可能です。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のアストンマーチンバンテージ ULGOガラスコーティング価格は 3Lサイズ¥140.000となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

スバルWRX 自己修復機能コーティング ファインラボ ヒールライト

スバルWRX 新車納車後すぐにご入庫頂きました。 まずは、ボディ表面、ドアの内側やホイール、マフラーまで丁寧に隅々まで洗浄を行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 ●今回のスバルWRXの塗装光沢は93です。 ●次に塗膜の膜厚を測定致します ボンネット97.6μミクロン フロントフェンダーも同じく97.6μミクロンです。 ボンネットの膜厚は コーティング施工後は完成後にもう一度測定致します。 新車でも多少の拭き傷やスクラッチ傷などの付着が良くあります 矢印の箇所にはスクラッチ傷を発見 少し深い傷がボディに付いています。 磨き作業前に各部マスキングを丁寧に行います。 カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャを使い分けボディに鏡面磨きをかけていきます。 スバルWRXの塗装は柔らかく傷が付きやすい塗装になっております。 そんな柔らかい塗装面にも対応できるMULTI FINISHING を使用して磨いていきます。 ドアノブ周りの細かなスクラッチ傷などもミニポリッシャーを使い分け美しく仕上げていきます。 鏡面磨き作業後、脱脂洗車を行い十分に車両を乾燥させてからいよいよコーティング施工です。 今回施工するのは傷を自己修復するコーティング、約60%の自己修復性能をもつFEYNLAB SELF HEAL LITEです。 スクラッチ傷や洗車傷が付着しても塗装面の温度を50℃以上に熱を加えると線傷が消え、光沢のある塗装面がよみごえります。 屋外で駐車しているだけでも自己修復機能がはたらき常に自己修復し続ける性能があります。 どんなに気をつけて洗車してもどうしても付着してしまう洗車傷に頭を悩ませている方にはオススメのコーティングです。 1パネル毎にキッチリと施工しコーティング施工を進めてまいります。 コーティング施工後には、耐久性や性能を最大限に引き上げるため、 遠赤外線ヒーターにてコーティング施工面を焼き付け乾燥を行います。 光沢は97 膜厚は ボンネット105ミクロン フェンダー105ミクロン トランク121ミクロンまで膜厚が上がりました。 FEYNLABコーティングシリーズは塗膜の中までしっかりと結合して更に膜厚もしっかりと向上する世界トップクラス本物のボディコーティングです。 今回のスバルWRX FEYNLAB SELF HEAL LITEの施工価格は Mサイズ¥180.000となります。 オプション施工させていただいた、 FEYNLAB ウィンドウコーティング施工の価格は¥15,000 ホイールコーティング施工は¥28,000となります。 その他オプションにてインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

マツダCX3 ULGOガラスコーティングコーティングAP1撥水タイプコーティング施工事例

2019年式マツダCX3 走行距離3.000キロ鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のマツダCX3の塗装光沢は81です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらのCX3のボンネット塗膜は99 .1μミクロン フェンダー110μミクロン リヤゲート96μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 マツダCX3Sは指定塗料RM水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 コーティング作業が終了後には自然光に最も近いLED調光式ライトを使用して隅々までチェックを行います。 ボディコーティング作業が終わりました。 スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や輝きが復活しております。 アフターの光沢計にて測定します。 Before 81 after102 アフターの膜厚はボンネット98.8ミクロン。 フェンダー109μミクロン リヤゲート95.8です。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 ホィールにはULGOホィール専用ガラスコーティング施工済みです。 黒い樹脂パーツにも樹脂専用コーティングを施工済みです。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のマツダCX3 ULGOガラスコーティング価格は Lサイズ税別¥110.000となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

施工事例

アバルト500 fenixカラーラッピング赤色からブラックカラーペイントプロテクションフィルム施工事例

世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新工法スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 約2年前にマットブラックラッピングを施工しましたが,屋外保護のためフィルム表面劣化が酷くなってきました。 今回はリフレッシュの為ラッピングを剥がして、耐久性の良いfenixブラックカラープロテクションフィルムの施工を行います。 気温が低いとラッピングのノリが残って綺麗に剥がれません! クリーンブース中でオリジナルの塗装を痛めずボディを温めながらラッピングを剥離致します。 ドア・フェンダー・リヤウイング・リヤゲート・ドアノブ・デュフューザー・フロントグリル・・・その他パーツを全てブラックカラーに仕上げました。 fenix剥がせるブラックカラーペイントプロテクション塗装! fenixクリアペイントプロテクションフィルムの間の層に水性RMソリッドカラーペイントして→fenixトップクリアペイントの作業を行います。 fenixカラープロテクションフィルムは 通常の塗装よりも作業工程が多層構造のため全く違います。 貼るタイプのラッピングでは細かな箇所の施工が非常に困難ですが、fenixカラープロテクションは ドア内側まで美しく仕上がっております。 まるで新車の様な仕上がりです! 剥がす事も可能です!

もっと見る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE