コーティング 大阪|カーメイクアートプロ|セラミックからガラスコーティングまで対応

BLOG

Ferrari430/フロントガラスプロテクションフィルム施工

 

カーメイクアートプロです。

今回はFerrari430をご入庫頂きました。
フロントガラスへのプロテクションフィルム施工の様子をご紹介します。

【フロントガラスを強力にガード】
フロントガラスプロテクションフィルムを施工することで、走行中にフロントガラスへの飛び石などの飛行物によるヒビ、傷などからしっかりとガード致します。
また、サーキットでの高速走行などを楽しまれる方や、希少車・クラッシックカーを大切に乗られている方にオススメです。

まずは、熟練スタッフが型取り、熱成型作業を行っていきます。

ドライ熱成形をかけて分厚いプロテクションフィルムを3D成形致します。

フロントガラスを入念にクリーニング、洗浄したのちプロテクションフィルムを張り込んでいきます。

カーメイクアートプロではプロテクションフィルム施工時にはクリーンなブースで美しいフィルム施工を行います。

施工液をスプレーし、ガラスとフィルムの間にホコリ等が入り込まないように貼り付けを行うため、一度巻き取ります。
ホコリの入り込みやズレがないか、細心の注意を払いながらフィルムを張り付けヘラを使い丁寧に水分と空気を抜いていきます。

【フロントガラスを守る仕組みと構造】
カーメイクアートプロが現在使用しているガラス専用クリアプロテクションフィルムはP-shield(Pシールド)。
パナソニック製高級プロテクションフィルムを使用しております。
また、耐スクラッチ性能と高撥水性を付加した高級フロントガラス専用のプロテクションフィルムです。

フロントガラスを守る仕組みと構造。

カーメイクアートプロが現在使用しているガラス専用クリアプロテクションフィルムはP-shield(Pシールド)パナソニック製高級プロテクションフィルムを使用しております。

また、耐スクラッチ性能と高撥水性を付加した高級フロントガラス専用のプロテクションフィルムです。

フロントガラスプロテクションフィルム施工が完成致しました。

フロントガラスプロテクションフィルムの注意事項
この保護フィルムはフロントガラスと貼り付けたフィルムと70%以上の透過率をクリアしておりますが、一部の輸入車に70%を下回る場合もございます。 また、サーキット走行車両に限定した施工の場合は貼り付けることが可能となります。
保管状況により変化致しますが、屋外保管やワイパー使用頻度の多い方は、おおむね1年〜2年以内・ガレージ保管の場合3〜4年での貼り替えることをおすすめ致しております。

アートプロでは【ガラス用フィルム施工】国家資格一級技能工が在籍しております。
お客様の大切な愛車を最高の仕上がりにする為に、スタッフの技術力向上に力をいれておりますので、お客様にとって安心・安全なサービスをご提供いたします。

◆─────────────────────────────◆

カーメイクアートプロ オリジナルディテーリングブランドULGO
http://www.ulgo.jp

世界最強のボディーコーティングCeramic Pro9H
http://www.ceramic-pro.jp/

世界初 傷が消える!
自己修復機能コーティングFEYNLAB
https://m.facebook.com/FEYNLAB-Japan-265246650583234/

プロテクションフィルムの世界トップブランド
Fenix scratch guard
http://www.fenix-sg.jp/

◆─────────────────────────────◆

※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。
代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。

本日は弊社アートプロブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

車の磨きやコーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご来店は予約優先制となっております。
お越しの際は事前にご予約をお願いいたします。

有限会社カーメイクアートプロ

この記事をシェアする

一覧に戻る