ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

BLOG

MAZDA RX-7 内装樹脂パーツ 傷及びベタ付き補修

今回はMAZDA RX-7の内装の樹脂パーツのベタ付きの補修です。外車でもよく使われるラバーペイント仕上げで

質感は良いのですが加水分解が始まりよくベタ付きの現象が起こっています。塗膜の除去をして別の塗料で仕上げます。

その前にこの車…我々の世代にとっては目を輝かせてしまう名車ですよね。

 

 

 

ということでまずは作業には関係ないのですが外装の写真から。

それでは本題に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

このようにベタ付きが始まり傷がつき、ベタ付きにホコリが付着してこのような状態になります。

ではパーツを外してラバーペイントの剥離作業に入ります。

 

 

 

 

 

 

分解が終わったらパーツをラバーペイントリムーバーで一つずつ剥離していきます。

 

 

 

 

 

この剥離作業が結構大変です。

剥離作業が終わったらペイントの下処理をしていきます。

今回は2箇所ほどクラックが起きていたので充填補強作業をします。

 

 

 

 

 

 

 

次にプライマーを塗り上塗りの準備をします。

 

分解したついでに細かい部分の掃除もしておきます。

続いて上塗りを開始します。

 

 

 

乾燥後トップコートを塗ります。トップコートには添加剤を加え質感を向上させます。

 

 

 

 

最後に組み立て作業です。

 

 

 

 

 

このようにパーツの状態を改善することでまた長く乗っていただけることだと思います。

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

一覧に戻る