大阪のガラスコーティングCarmake Artpro

BLOG

BMW 新型3シリーズセダン 330I(G20) フィルム施工‼

皆さんこんにちは!

フィルム部の小川です。

本日ご紹介するのは、

BMW BMW 新型3シリーズセダン 330I(G20) です!

施工前

 

施工後

 

ばらし方などの番外編

リア編

リアハイマウントのカバー

作業中だったため外し方は試せて無いですが、

クリップ・ツメはこんな感じです!

ハイマウント本体は従来とほぼ変わらず!

リアは両裾の隙間がが少し狭くなり、僕は施工しにくく感じました。

ハイマウントの金具も、結構ぎりぎりまで来てますね(^^;;)

 

ドア編

全体はイメージがガラッと変わりましたね!

ビスの位置は2か所、

ドアハンドル部にめくら蓋で1箇所、

めくら蓋は工具などの差し込める切り欠きが無いので、

ブチルの粘着を利用して外しました!

もう1か所はドアアームレスト下に蓋無しで隠れています。

後は上部が差し込みで、10箇所のクリップで留まってますので、

下部からバリバリっと(笑)

 

ドアの施工の方ですが、

昇降窓は従来と変わらず、施工しにくい点はありませんが、

ドアクォーターがセラミック部の隙間があまりなく(1~2ミリ程度)、

位置決めしずらく、型もシビアに取らないと余計な手間がかかりそうです(^^;;

 

めんどくさい箇所は増えましたが、慣れれば難なくフィルム施工は出来そうです!

BMW 新型3シリーズセダン 330I(G20)のレポートはここまでです。

皆さんのお問合せ、ご来店お待ちしております。

 

一覧に戻る