ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

BLOG

フォルクスワーゲン ティグアン ULGO AP-1 撥水タイプガラスコーティング/メッキモール磨き・メッキモール9Hコーティング施工

新次元のガラスコーティング、それがULGO Car Detailing
ULGO Car Detailing〜ウルゴ・カーディテイリング

ウルゴ・カーディテイリングとは ガラスコーティングと長年取り組んできたプロフェッショナルな職人がその蓄積されたデータをもとに化学メーカーと共同で開発された、新次元のガラスカーコーティングです。 このコンセプトに基づき、ボディはもちろん、ホイールからインテリアまで隙なく美しさを追求しています。

CAR COATING AP-1
撥水タイプガラスコーティング Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング、AP-1のご紹介です。
高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりです。
1層目となるベースレイヤーは優れた強靱性を持つコーティング層、2層目のトップレイヤーは美しい艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層のコーティングの 皮膜を強力に結合させるガラスコーティングの開発に成功しました。
2層のレイヤーを持つことでコーティングの本領を余すことなく発揮できる、撥水タイプボディガラスコーティングです。
Base Layer(下層) 柔軟性と硬度バランスをどこまでも追求した高い「耐クラック性」 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、長期間にわたりコーティング性能が持続します。 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。
Top Layer(上層) 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ないです。

Before塗装表面には鉄粉とウォータースポットが付着した状況です。

ボディ右側をULGO特殊コンパウンドを使用して鏡面ポリッシングを行います。

塗膜の状況に応じてポリッシャーやコンパウンドを使い分けして、

新車状態の綺麗なボディに仕上げて行きます。

左側Before右側After
ウォータースポットを除去して新車コンディションの塗装表面に仕上がっております。

ルーフレール磨きビフォーアフター

ULGOメタルポリッシュ・メタル9Hコーティングを使用して美しく仕上げております。

ボディ全体を鏡面ポリッシングして行きます。
今回はオプション作業のガラス面のウォータースポット磨きコーティングも同時に行っております。

今回のフォルクスワーゲン ティグアンにはULGO撥水タイプガラスコーティングAP-1を施工しました。

白くなったブラックモールにはFEYNLABモールブラックを使ってコーティングしました。

一覧に戻る