ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

すべてのメーカー
オーダーメイドインテリア

Benz TE280

今回使用した素材は黒の本革でシートセンターには断面が赤色のパンチングを使用しました。 施工箇所はシート・ドアトリム・ドアアームレスト・ダッシュボード・センターコンソール・ フロアマット・ステアリングです。 黒をベースにステッチは赤色を使用しました。 フロアマットも作製したので、同じく黒ベースに赤色のロックです。 未だに人気の絶えないW124シリーズですが、内装はどうしても劣化してしまい ますので、内装を張替えればリフレッシュしてまだまだ乗れるようになります。

オーダーメイドインテリア

NISSAN GT-R35

今回の施工はお客様が赤黒のレカロシートを購入され内装全てを 赤黒でバランスよく。とのご依頼で張替えさせて頂きました。 今回施工した箇所は天井・サンバイザー・ダッシュボード・センターコンソール・ リアシート・ドアトリムとなります。 基本的には赤と黒のアルカンターラと赤革を使用して張替えをしており、 リアシートはフロントのレカロとデザインを合わせて赤黒の革とセンターには パンチング加工を施しております。 ボディはLibertyWalkでフルコンプリートされており、内装は全て弊社にお任せ頂きました。 内装も外装もカスタムされており、素晴らしい一台となっております。

ガラスコーティング

トヨタスープラ ULGOコーティングコーティングAP1撥水タイプコーティング施工事例

トヨタGRスープラ 走行距離10キロ 新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングを行います。 まずはボディを磨く前に光沢計グロスチェッカーTMS-724にて施工前の光沢を測定致します。 今回のスープラの光沢は67 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらスープラの塗膜は92μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ホイール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 まずは隙間などに詰まった細部の汚れを除去を行い全体的に洗車を行います。 新車でも多少の拭き傷やスクラッチ傷なども付着が良くあります。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、塗装を余り削り過ぎないように膜厚計でも測定しながらスクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ドアノブ周りの細かなスクラッチ傷などもミニポリッシャーを使い分け美しく仕上げていきます。 トヨタスープラのライトニングイエロー指定塗料RM水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディ全体にULGOガラスコーティングAP1を熟練スタッフが均等にたっぷりとコーティングを施工致します。 ピラー部の スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や深みのある輝きが復活しております。 新車で美しいボンネットも更に深みが出て濡れた様な艶に仕上がっております。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前67 ●磨きコーティング後は76まで光沢が上がっております。 ●施工前の膜厚は92μミクロン ●施工後の膜厚は 90.4μミクロン ビフォー磨く前は92ミクロンわずか約0.16ミクロンのみ鏡面磨きで塗膜が薄くなっております。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のトヨタスープラ ULGOガラスコーティング価格はLLサイズ¥120.000となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

ガラスコーティング

アストンマーティン ヴァンテージAMR ULGOガラスコーティング|AP1撥水タイプ|コーティング施工事例

Aston Martin Vantage AMR アストンマーティン ヴァンテージ 新型に「AMR」7速MTで510馬力を操る…世界限定200台の貴重なお車をULGOコーティングさせて頂きます。 2020年モデル新車アストンマーティンヴァンテージ 走行距離00Kmキロ鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 普段なかなかお手入れ出来ない箇所もしっかりとクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のアストンマーティンの塗装光沢は85です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらのアストンマーチンのボンネット塗膜は146μミクロン フロントドア148μミクロン オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 アストンマーティンはカーボン/アルミボディに水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 カーボンパーツもしっかりと鏡面仕上げ磨きを行います。 小型ミニポリッシャーを使い分けエンブレム周りや、細かな箇所もしっかりと鏡面仕上げ磨きを行い美しく仕上げていきます。 ウィンドフィルムの施工も同時施工が可能です。 カーメイクアートプロでは、ボディコーティングと同時に透明断熱タイプウィンドフィルム、フロントガラス、リヤガラス、リヤクォーターガラスに施工致しました。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分をな持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 ボディコーティング作業が終わりました。 スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や輝きが復活しております。 アフターの光沢計にて測定します。 Before 85 after102まで光沢が出ております。 アフターの膜厚はボンネット144ミクロン。 フロントドア146μミクロン カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 オプションにてインテリアコーティング本革コーティングや、アルカンターラコーティングの施工も可能です。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のアストンマーチンバンテージ ULGOガラスコーティング価格は 3Lサイズ¥140.000となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

ガラスコーティング

スバルWRX 自己修復機能コーティング ファインラボ ヒールライト

スバルWRX 新車納車後すぐにご入庫頂きました。 まずは、ボディ表面、ドアの内側やホイール、マフラーまで丁寧に隅々まで洗浄を行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 ●今回のスバルWRXの塗装光沢は93です。 ●次に塗膜の膜厚を測定致します ボンネット97.6μミクロン フロントフェンダーも同じく97.6μミクロンです。 ボンネットの膜厚は コーティング施工後は完成後にもう一度測定致します。 新車でも多少の拭き傷やスクラッチ傷などの付着が良くあります 矢印の箇所にはスクラッチ傷を発見 少し深い傷がボディに付いています。 磨き作業前に各部マスキングを丁寧に行います。 カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャを使い分けボディに鏡面磨きをかけていきます。 スバルWRXの塗装は柔らかく傷が付きやすい塗装になっております。 そんな柔らかい塗装面にも対応できるMULTI FINISHING を使用して磨いていきます。 ドアノブ周りの細かなスクラッチ傷などもミニポリッシャーを使い分け美しく仕上げていきます。 鏡面磨き作業後、脱脂洗車を行い十分に車両を乾燥させてからいよいよコーティング施工です。 今回施工するのは傷を自己修復するコーティング、約60%の自己修復性能をもつFEYNLAB SELF HEAL LITEです。 スクラッチ傷や洗車傷が付着しても塗装面の温度を50℃以上に熱を加えると線傷が消え、光沢のある塗装面がよみごえります。 屋外で駐車しているだけでも自己修復機能がはたらき常に自己修復し続ける性能があります。 どんなに気をつけて洗車してもどうしても付着してしまう洗車傷に頭を悩ませている方にはオススメのコーティングです。 1パネル毎にキッチリと施工しコーティング施工を進めてまいります。 コーティング施工後には、耐久性や性能を最大限に引き上げるため、 遠赤外線ヒーターにてコーティング施工面を焼き付け乾燥を行います。 光沢は97 膜厚は ボンネット105ミクロン フェンダー105ミクロン トランク121ミクロンまで膜厚が上がりました。 FEYNLABコーティングシリーズは塗膜の中までしっかりと結合して更に膜厚もしっかりと向上する世界トップクラス本物のボディコーティングです。 今回のスバルWRX FEYNLAB SELF HEAL LITEの施工価格は Mサイズ¥180.000となります。 オプション施工させていただいた、 FEYNLAB ウィンドウコーティング施工の価格は¥15,000 ホイールコーティング施工は¥28,000となります。 その他オプションにてインテリアコーティングなどご用意しております。

ガラスコーティング

マツダCX3 ULGOガラスコーティングコーティングAP1撥水タイプコーティング施工事例

2019年式マツダCX3 走行距離3.000キロ鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のマツダCX3の塗装光沢は81です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてベンツの塗装膜厚を測定します。 こちらのCX3のボンネット塗膜は99 .1μミクロン フェンダー110μミクロン リヤゲート96μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です。 ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 マツダCX3Sは指定塗料RM水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、 Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) * 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 * 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 * 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 * 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) * 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 * 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 * 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります。 コーティング作業が終了後には自然光に最も近いLED調光式ライトを使用して隅々までチェックを行います。 ボディコーティング作業が終わりました。 スクラッチ傷など全て無くなり 新車時以上の光沢や輝きが復活しております。 アフターの光沢計にて測定します。 Before 81 after102 アフターの膜厚はボンネット98.8ミクロン。 フェンダー109μミクロン リヤゲート95.8です。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 ホィールにはULGOホィール専用ガラスコーティング施工済みです。 黒い樹脂パーツにも樹脂専用コーティングを施工済みです。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティング施工で日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のマツダCX3 ULGOガラスコーティング価格は Lサイズ税別¥110.000となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。

ボディープロテクション

アバルト500 fenixカラーラッピング赤色からブラックカラーペイントプロテクションフィルム施工事例

世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新工法スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 約2年前にマットブラックラッピングを施工しましたが,屋外保護のためフィルム表面劣化が酷くなってきました。 今回はリフレッシュの為ラッピングを剥がして、耐久性の良いfenixブラックカラープロテクションフィルムの施工を行います。 気温が低いとラッピングのノリが残って綺麗に剥がれません! クリーンブース中でオリジナルの塗装を痛めずボディを温めながらラッピングを剥離致します。 ドア・フェンダー・リヤウイング・リヤゲート・ドアノブ・デュフューザー・フロントグリル・・・その他パーツを全てブラックカラーに仕上げました。 fenix剥がせるブラックカラーペイントプロテクション塗装! fenixクリアペイントプロテクションフィルムの間の層に水性RMソリッドカラーペイントして→fenixトップクリアペイントの作業を行います。 fenixカラープロテクションフィルムは 通常の塗装よりも作業工程が多層構造のため全く違います。 貼るタイプのラッピングでは細かな箇所の施工が非常に困難ですが、fenixカラープロテクションは ドア内側まで美しく仕上がっております。 まるで新車の様な仕上がりです! 剥がす事も可能です!

オーダーメイドインテリア

Mercedes-Benz TE280

施工前は純正の当時のままでファブリックシートやフロアカーペット等 内装全てが経年劣化で汚れがあり、ウッドパネルの殆どに割れや縮みが発生しておりました。 今回は内装一式を張替えさせて頂きました。 ファブリックシートはヨーロピアンレザーを使用し張替え。 変色・割れ・縮みのあったウッドパネルは全てリペアではなく ウッドの張り直しからやっております。 経年劣化で割れていた部品は純正品を海外より取寄せをし、交換しております。

リペア&クリーニング

MINI Cooper

施工前は純正のファブリックシートです。 カラーラインはラバーです。 今回施工に使用した素材はナッパレザーのレッドにステッチも同色のレッドです。 施工箇所はシート全席とダッシュボード・ドアのカラーラインになります。 参考価格 シート全席張替 ¥330.000 ダッシュボードカラーライン ¥120.000 ドアカラーライン左右 ¥38.000

オーダーメイドインテリア

BMW M3CS

今回施工に使用した素材はナッパレザーのレッドとナッパレザー調合皮です。 日当たりにより革の縮みを防ぐ為、ダッシュボード上部とドアパネル上部には 合皮を使用しております。 施工箇所は前後ドアパネル上部・ドアトリム・ドアアームレスト・ダッシュボード一式・ センターコンソール一式となります。 ステアリングのエアバック周りのパーツはペイントしております。

ガラスコーティング

世界初キズが消える自己修復機能コーティングFEYNLABアヴェンタドールに施工

まずはボディーを鏡面に磨きをかけていきます! ポリッシャー機材やコンパウンド、バフをアレンジしながら鏡面ボディーに仕上げていきます! ホイールも磨きをかけてコーティング! 車を綺麗に保つ上で多くの方が気になるのは、洗車傷やスクラッチキズと言われる微細な小傷を気にされているオーナー様が多くいらっしゃいます。 塗装面はとても柔らかいため、触ったり擦ったりするだけで簡単に洗車キズやスクラッチキズが付着します。 手洗い洗車を行っても傷が付着しちゃう程、塗装面はデリケートです。 この洗車キズを防ぐためには硬いコーティングを施工することが今までの常識でした。しかし、どんなに硬いコーティングを施工しても、キズが付きづらくはなりますが、全く付着しないというコーティングは存在しません。 スクラッチ傷や洗車キズ対策に有効なガラスコーティング ファインラボヒールプラスは今までの常識を覆した次世代コーティング剤です。塗装表面に付着する微細な小傷は、塗装面の温度を50℃以上に温めることで、付着した洗車キズやスクラッチ傷が復元するという驚異的な効果を実現しました。 濃色車のオーナー様や洗車の回数が多い方におすすめのガラスコーティングです。 ファインラボヒールプラスの特徴 ファインラボヒールプラスはセラミックコーティングの被膜を形成する特殊コーティング剤です。被膜の構造は6層構造となりまして、被膜の厚みは10~12μという驚異的な厚みを形成します。 従来のガラスコーティングは被膜の厚みが0.3μに対して、ファインラボヒールプラスは30倍以上の被膜の厚みを形成します。

ガラスコーティング

フォルクスワーゲン ティグアンULGO撥水タイプガラスコーティング施工/メッキモール磨き・メッキモール9Hコーティング施工

Before塗装表面には鉄粉とウォータースポットが付着した状況です。 ボディをULGO特殊コンパウンドを使用して鏡面ポリッシングを行います、 塗膜の状況にてポリッシャーやコンパウンドを使い分けして、ボディ全体を鏡面ポリッシングして行きます。 新車状態の綺麗なボディに仕上げて行きます。 今回はオプション作業のガラス面のウォータースポット磨きコーティングも同時に行っております。 今回のフォルクスワーゲン ティグアンにはULGOガラスコーティングAP-1撥水タイプガラスコーティング、 メッキモールには、 ULGOメタル施工コンパウンド・メタル9Hコーティングを使用して美しく仕上げております。 白くなったブラックモールにはFEYNLABモールブラックを使ってコーティングし仕上げました。

オーダーメイドインテリア

Tesla Model 3

純正は本革仕様のシートとセンターコンソールにドアトリムはアルカンターラです。 今回施工に使用した素材はヨーロピアンレザーのホワイトを使用し、 シートセンターにはキルティングとパンチング加工を施しております。 ヘッドレスト下にはアートプロブランドのT-ARTの刺繍を施しております。 参考価格 シート全席 ¥250.000~ ドアトリム4枚 ¥35.000~ センターコンソール ¥20.000~ キルティングデザイン追加 ¥50.000~ ステアリングカーボン加工 ¥138.000~

オーダーメイドインテリア

BMW X7

元々、ブラックの本革仕様でしたがキルティングデザインを無くす事と内装の色替えで オーダー頂きました。 今回施工に使用した素材はナッパレザーの赤色に純正に近いダークグレーのステッチを使用。 フロントシートはベンチレーションがあるのでパンチング加工を施し、キルティングデザインは 無くしてしまいフラットで張替えしました。 施工箇所はシート・ドアトリム・ドアアームレスト・センターコンソール

オーダーメイドインテリア

Tesla Model S

T-ART Tesla Design テスラ専門ブランドT-ART テスラモデルSレッドナッパ本革シート・ドアトリム コンソール・ダッシュボード・リアルカーボンステアリング加工が完成致しました。 全シート張替参考価格 ¥336.000~ ドアトリム張替参考価格 ¥84.000~ ダッシュボード張替参考価格 ¥270.000~ センターコンソール張替参考価格 ¥100.000~ キルティングデザイン追加 ¥50.000~ カーボンステアリング加工参考価格 ¥138.000~

さらに表示する