コーティング 大阪|カーメイクアートプロ|セラミックからガラスコーティングまで対応

BLOG

テスラモデル3 断熱フィルム施工事例

 

カーメイクアートプロです。

Tesla EVこそマストな遮熱フィルムテスラのカーフィルム
実は近年、EV普及を背景に、カーフィルムへの注目が高まっているのをご存知でしょうか。
その理由が「遮熱性」です。

電力消費量が航続距離に直結するEVでは、カーエアコンも無視できない消費電力。
そこで注目されているのが、太陽光の熱を遮るカーフィルムです。
実はクルマは、車内空間に対して窓ガラスの占める面積が大きく、そこから日射熱が差し込む夏場は、建物よりも大きな冷房能力を必要としています。

そこで、遮熱性能を持つカーフィルムを施工することで、その窓ガラスからの熱流入を抑制し、エアコンの効きを良くすることが可能です。
実際、とある空調メーカーによると、カーフィルムの施工により「車内温度の低下」「冷房が設定温度まで達するまでの時間の短縮」「空調の省電力化」を確認できたとの実験もあり、エアコンの電力の抑制により、航続距離にとっても良い効果が期待できます。

ガラスルーフを備え、窓ガラスが大きなテスラモデルでは、なおのこと大きな効果を期待できるカーフィルム。
もちろん、太陽光の肌を焼くジリジリした熱が軽減されるため、乗員にとってもより快適なドライブも演出してくれます。

また、カーフィルムならどれでも同じ遮熱性能ではないということも注意しておきたいポイント。カーフィルムの機能として、遮熱性能に関わる赤外線(IR)カットや、健康被害を及ぼす紫外線(UV)のカット性能がありますが、一見同じように見える製品でも、実はメーカー・製品によってこれらの性能は大きく異なります。

同社では、性能の優れたカーフィルムを厳選。
目隠し用途を兼ねた濃度の高いスモークフィルムから、 明るさ・視認性を確保できる高い透明性と高い遮熱性能を両立した製品まで、 ご希望に沿ったテスラウィンドフィルムをご提案致します。

テスラモデル3
フロントガラス・フロントドアにFGR500高性能透明断熱タイプ施工事例

カーメイクアートプロでは
「可視光線透過率測定器」にて施工前・施工後の数値を測定してウィンドフィルム施工証明書をフロントガラスに施工されます、お客様に発行致します。

ウィンドフィルムの施工は密封されたファクトリーにてフロントガラスをドライ成形、張り込み致します。

フロントガラスフィルム張込み時に注意したい箇所が多数ございます。

カーメイクアートプロでは、テスラ板金塗装、整備認定工場とも業務提携を行い、テスラのさまざまな技術提携をおこなって日々テスラの技術研究をしております。

フィルム施工時はクリーンな環境のファクトリー内でフィルム施工を致します。

テスラモデル3
フロントガラス
フロントドアガラス
透明断熱フィルム施工完成画像です。

車内からの視界も良好です。
フィルムが貼ってあるのが全くわからなく仕上がっております。

テスラに最適なフロントガラス3面透明断熱クリアフィルムシリーズ

テスラモデル3サンルーフに断熱フィルム施工当店人気メニューです。

断熱フィルムで 日焼けも暑さも徹底的にブロックします。

カーメイクアートプロでは
「可視光線透過率測定器」にて施工前・施工後の数値を測定してウィンドフィルム施工証明書をフロントガラスに施工されます、お客様に発行致します。

カーメイクアートプロでは断熱フィルム専用体感機をショールーム内に展示しております。

実際のスタンダートフィルムや、断熱フィルムの性能をご確認頂けます。

詳しくはこちらをご覧くださいhttps://www.art-pro.co.jp/service/tart_carfilm/

テスラモデル3 フロントガラス断熱フィルム施工事例
https://youtu.be/GhVxlF8LFO8

この記事をシェアする

一覧に戻る