Carmake Artpro

BLOG

ロールスロイス ファントム Ceramic PRO 9H 施工完成

こんばんは、 今回はロールスロイスファントムのセラミックプロ9Hコーティングビフォー&アフターのご紹介をします。 ボンネットには細かな傷が無数に付いていますので、複数のポリッシャーとコンパウンドを使い分けながら 鏡面磨きをかけ、スクラッチ傷を磨き取っていきます。 Before スクラッチ傷も全て除去して鏡面仕上げの完成!! 鏡面仕上げが終わりましたら脱脂洗車を行い、 Ceramic PRO 9Hを塗布して行き、 トップコートにCeramic PRO LIGHTを塗布して完成です。 After 最後に動画を載せているので是非ご覧になってください。

BLOG

ランボルギーニ アヴェンタドール Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は奈良県よりお越し頂いた「ランボルギーニ アヴェンタドール 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライトです。 バンパー、ヘッドライト、フォグランプや、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 ランボルギーニ アヴェンタドール のFenix Scratch Guard施工が完成です。 飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討されているお客様はカーメイクアートプロにお任せ下さい。

BLOG

メルセデスベンツ C220 Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

こんばんは、コーティング担当山本です。 本日ご紹介するのはメルセデス・ベンツ C220のCeramic PRO 9H 4層コーティング施工です。 下処理、ボディ磨きが終わった後、Ceramic PRO 9Hを各パネル塗布していき、 LEDパネルを使いムラが残っていないかチェックしながら進めていきます。 本日は2層まで塗りこみました。 明日も塗りこみます。

BLOG

フロアカーペット張替

こんにちは。 本日はソアラのフロアカーペットのお話です。 純正はベージュです。 今回は内装の8割を張替えするのでフロアも色替えです。 内装ごっそり施工する場合は殆どが赤か黒ですね。 とりあえず張替えが終わった物は車体へ乗せていきます。 これだけで雰囲気は全然変わります。 ソアラはとりあえずここでストップし、次にアウディA6の天井を剥がしていきます。 剥がすと言ってもほぼ剥がれてますけど…。 ちなみに車両に組み込んでる状態はこんな感じです。 垂れ垂れです。 今日は剥離して下地を処理した所で終了です。 溶剤を使用してベタベタを除去しているので急いで施工すると溶剤が悪さをして ボンドの密着が悪くなるので乾燥させます。 来週には完成写真をアップします。

BLOG

ASTON MARTIN DB11 Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

こんばんは、コーティング担当山本です。 本日ご紹介するのはASTON MARTIN DB11 Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工です。 下処理、ボディ磨きが終わった後、Ceramic PRO 9Hを各パネル4回ずつ塗布していきます。 仕上げにトップコートのCeramic PRO LIGHTを塗布し、 LEDパネルでムラが残っていないかチェックして完成です。

BLOG

メルセデスベンツ CLS220d ULGO AP-1 ガラスコーティング施工

こんばんは 、コーティング担当山本です。 本日はメルセデスベンツ CLS220dにULGO AP-1 撥水ガラスコーティングを施工させていただきました。 下処理をしマスキングテープでゴム類などを保護したら磨きこんでいき、 磨き終わりましたらULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。 次にULGO SP-1 (トップコート)を塗布した後、 仕上げにLEDパネルでムラが残っていないかチェックして完成です。

BLOG

LEXUS LC500h Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工

こんにちは! 本日はLEXUS LC500hにCeramic PRO 9H 4層コーティングを施工させていただきました! 傷などは少なかったんですが少し艶がなかったのでしっかりポリッシュをし、 艶のある鏡面に仕上げて最後にCeramic PRO 9Hを4層塗り込むことで艶が上がり、 新車のような仕上がりになりました! ホイールとガラス全面撥水も施工しています!

BLOG

Mercedes Benz 500E リミテッド仕様 張替

こんにちは。 本日はベンツEクラス(W124)の内装張替えのお話です。 500Eには「リミテッド」と言う仕様がありまして、シートセンターがグラデーションでペイントされております。 今回はこのリミテッド仕様の革をドイツで復刻版を作っているメーカーから取寄せ張替えをしました。 センターだけではなく、周りはブラックのナッパレザーを使用して張替えております。 サポート部分にはパンチングデザインも入れて 少しアクセントにライトグレーのステッチを入れました。 バックパネルも同様にナッパレザーにライトグレーのステッチで張替えてます。 ドアパネルもリミテッド仕様の革を使用して張替えております。 純正だと年式的にグラデーションの剥離や割れがあるので、張替えるとリフレッシュ出来ていいですね。 https://corecars.jp/mercedes-benz-500e-commentary

BLOG

AUDI TT 内装張替え

こんにちは。 本日はアウディTTの内装張替えのお話です。 純正はシート・ドアはファブリックです。 これはこれで蒸れたりしないのでいいのですが、万が一傷が入った場合にリペア出来ないのが難点ですね。 今回のTTはブラウンレザーにライトグレーのステッチで張替えをしました。 ホワイトボディにブラウン系は合いますね。 これから必要となるシートヒーターも同時に取付しております。 一度シートヒーターの付いている車に乗ってしまうとヒーターの無い車には乗れないとの話があるくらい人気です。 リアシートもいい感じですね。 ドアパネル中央にブラウンが入りバランス的にもいいのではないでしょうか。   ヒーターに関してですが、同じ体制で運転し続けると腰痛になりますが、 ヒーターで温めると少し緩和されるそうですよ。

BLOG

Volkswagen パサート ルームクリーニング&ヘッドライトスチーム施工

こんにちは! 今回は、フォルクスワーゲン パサートのルームクリーニング&ヘッドライトスチームを施工させて頂きました。 ルームクリーニングの方はシートの黒ずみ、シミなどが目立っていましたが、 専用のクリーナーで綺麗に除去する事出来ました。 運転席のシートはリペアの施工もさせて頂きました。 ヘッドライトは白くボケてましたが、ペーパーを当て最後にスチームし新品のように復活しました!!

BLOG

ホンダ アコードハイブリッド カラーフィルム施工

みなさんこんばんは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するお車は堺市よりお越しのN様のホンダ アコードハイブリッドです! 今回はフィルアート美装のグリーンハーフ36を施工させていただきました! 施工後、完成写真です! もともとプライバシーの入っていないガラスだったので良い感じの色合いになってますね! このようなフィルムも取寄せにはなりますが、当店で施工する事が可能です! 当店にはサンプル帳もありますので施工したいがどのような色があるのか等、 気になる事があればお気軽にご来店、お問い合わせ下さい! お問い合わせはこちらから

BLOG

FIAT ABARTH シート張替

こんにちは。 本日はアバルトのシート張替えのお話です。 純正はスエード・PVC・ファブリックのコンビです。 リアシートはフィアットと同じままですが、アバルトなのでいい素材を使用してますね。 今回は全て赤レザーで張替えていきます。 純正デザインのままステッチ箇所を全て黒でいい感じになりました。 シートセンターの溶かしてデザインが入っていた箇所はステッチで同じようにしました。 リアシートも同じく赤レザーに黒ステッチです。 フィアットベースだとMINIのようにステッチで遊んだりパイピングで可愛らしくしたりと 個性を出せていいですね。 そしてフォルクスワーゲン ゴルフ6も張替えをし、ナッパレザーの赤に白おステッチを入れました。 中古車で欲しい車があっても内装が気に入らないパターンをよく聞きますが、 グレード低めで車両のコストを落として好みの内装に張替えるのもアリですね。

BLOG

ジャガー XK ULGO AP-1 撥水ガラスコーティング施工

こんばんは、 コーティング担当山本です。 本日はジャガー XKにULGO AP-1 撥水ガラスコーティングを施工させていただきました。 下処理をしマスキングテープでゴム類などを保護したら磨きこんでいき、 磨き終わりましたらULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。 次にULGO SP-1 (トップコート)を塗布した後、 仕上げにLEDパネルでムラが残っていないかチェックして完成です。 磨き込み前と磨き込み後のbefore/afterの写真も載せていますのでご覧下さい。 Before After コーティング塗り込み&LEDチェック 完成  

BLOG

ポルシェ 911 GT3 RS Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

ポルシェが誇るレーシングスペックモデル「911 GT3 RS」 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工でご入庫頂きました 施工個所はフロント廻り全般、ヘッドライト、ドア、ミラー、更にはルーフにも施工しました 水平対向6気筒エンジンで馬力は525ps、シートに座った時に覚える子供がオモチャを与えてもらったようなワクワク感… 「走るのが楽しい!」と思わせてくれる一台であることは間違いありませんね 膜厚もしっかり付いてプロテクト能力が非常に高くなりました ルーフは元々298μmだったのが、 施工後は448μmに ドアは施工前が141μmに対して、 施工後は341μmと飛躍的に向上しました 今回の施工の様子を「CARMAKE ARTPRO YouTube Channel」にアップしましたので、 是非こちらもご覧になられてくださいね

施工事例

Volkswagen Arteon

フォルクスワーゲンの新型セダン「アルテオン」が入庫しました。 施工内容はFenix Scratch Guardを使用したカラーチェンジで、元色のブラックからマットグレーに色替えを行いました。 施工カラーのイメージは純正で取付されているホイールのマットグレーで、 色調合を行い全く同じ色にオールペイントさせて頂きました。 もちろん施工の際は各パーツを全て取り外し、細かな部分まで色を入れています。 参考価格 Fenix Scratch Guard オールペイント : 1,150,000円+TAX~応談 施工価格はお車のサイズによって異なります。 詳細はお気軽に店舗までお問い合わせください。

BLOG

マセラティ クワトロポルテ ダッシュボード張替

こんにちは。 本日はマセラティ クワトロポルテのダッシュボード張替のお話です。 お預かりした時はこのように革が縮み膨れ上がったりしてました。 やはりダッシュボードに革を使用するのはダメですね。 2cmちょっとは縮んでますね。 膨らみも凄いです。 まぁ革なので仕方ないですね。 上の写真でもそうですが、最初糸の色がグレーのように見えたので グレーで色合わせをしようと思ってましたが、よくよく見ると色合いがグレーにしては少しおかしいと気づき… 端っこを見てみると… 黒でした。 と言う事はこの黒の糸も日焼けしてあの色になってたって事ですね。 革を剥離をた状態がこの状態です。 綺麗にウレタンから革が剥離していたのでさらっと剥離出来ました。 そして完成に一気に飛びます。 今回はナッパレザー調の合皮を使用して張替えました。 ちなみに市場には出回っておらず、アートプロオリジナルで合皮メーカーさんに作って頂いてます。 恐らく日焼けが無ければこのように黒の糸だったのでしょう。 外車はダッシュボードの革が縮んだり天井が剥離したりとありますが、 実際本国ではどうなのかと調べると、本国では天井垂れたりしてないそうです… 日本には四季があるので湿気や気温の変化で起きる症状との事。 もちろん純正で部品交換すると車が買えるくらいの金額になるので弊社で張替えしてみては如何でしょう。 純正と同じように張替えたり、張替えるなら少しアクセントを入れてみるのもアリですね。

BLOG

BENTLEY NEW CONTINENTAL GT FEYNLAB HEAL PLUS 施工

こんにちは! 本日は新型のベントレー コンチネンタルGTに新商材のFEYNLAB HEAL PLUSを施工しました! FEYNLAB Coatingは自己修復性を持つコーティング剤でより強い艶と高い透明度、優れた疎水性を発揮します。 50℃の熱を加えることである程度の細かな傷(拭き傷等)を修復する事が可能です! 後はエンジンルーム、ホイール、ガラス、レザーにもコーティング施工を行っています!

BLOG

ポルシェ911 カレラS BRAY 2層ウインドウガラスプロテクション施工

みなさんこんばんは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するお車はポルシェ911 カレラSです。 フロントガラスにBRAY WINDOW SHIELD SKIN 2層ガラスプロテクションフィルムを施工させて頂きました。 施工風景 完成写真 視認性もばっちり確保です! これで飛び石によるガラスへの傷・ひび割れ等を防げます! 気になる方は是非お問い合わせ下さい。   最後に施工風景~完成の動画です。

さらに表示する