ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

BLOG

アルピーヌガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例

新車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂き、セラミックプロ9Hガラスコーティング10層コート・プロテクションフィルムの施工を行います。 磨き作業をする前にまずは、徹底的にボディ/ホィール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回ルノーアルピーヌの塗装光沢は71です。 新車塗装膜厚は155μミクロンです。 セラミックプロ9Hコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にマスキングテープにてしっかりとボディを保護します。             ボディ全体を熟練の職人がコンパウンドやポリッシャーを使い分け、スクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行います。 ルノーアルピーヌのボディ塗料には水性塗料を使用しております。耐スリ傷性塗料で塗膜硬度が高く、硬い、塗装面にも対応できる カーメイクアートプロULGOオリジナルコンパウンド3種類FIRST POLISHING・ALLRANNGE・MULTI FINISHINGと塗装の状態に応じたポリッシャーを使い分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 シングルポリッシャー・ミニポリッシャーを使い分け細部まで入念に磨き込みます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 次の工程はセラミックプロ9Hコーティングを10 layer /10層コーティングを塗り重ねていく作業です。 マルチレイヤー(多層)タイプのコーティングシステム。 硬化することによって薄いセラミック被膜が形成されます。 Ceramic Pro 9Hは、約2時間で基本硬化し、マルチレイヤー施工することで薄くかつ強力なセラミック被膜を形成します。 24時間で完全硬化し、Ceramic Pro 9Hの持つ性能を最大限発揮することが可能です。 このセラミック被膜が自動車の塗装を強力にガードし、優れた保護性能を発揮します。 優れた密着性が高レベルでの多層コーティングを実現 Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現しました。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現しました。 耐スリ傷性能以外にも高い性能を発揮 Ceramic Pro 9Hは高い疎水性効果、耐スクラッチ性、耐薬品性、耐紫外線、耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)を誇ります。 高い疎水性およびアンチグラフィティ効果により水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流します。 また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮します。 セラミックプロ9H 10レイヤー(10層) コーティング完成画像です。 肉眼で見てもはっきりと違いが分かるほどパールホワイトが更に美しく輝いています。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の膜厚・光沢計にて測定致します。 ●磨き前71 ●磨きコーティング施工後は93 まで光沢が上がっております。 ●膜厚● 磨き前155μミクロン 磨きコーティング後は154μミクロンです。 カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 今回のアルピーヌ セラミックプロ9H10層コーティング新車場合施工価格はLサイズ¥400.000円税別となります。 また、セラミックプロ9H4層コーティング施工価格にLサイズ  220.000円税別も当店大人気のコースもございます。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。 今回のアルピーヌ ボディ磨き&コーティング施工動画YouTubeを是非ご覧ください→ ルノーアルピーヌおすすめガラスコーティング|セラミックプロ9Hコーティング施工事例 https://youtu.be/ndHPocQPi-Y 〜〜〜〜〜〜〜〜〜 日常のお手入れは CeramicPro 9H施工車用メンテナンスキット Ceramic Pro 9H施工車両に最適なメンテナンスキット「CeramicPro MAINTENANCE KIT」をご用意しています。 コーティング施工車両に最適化されて開発されたメンテナンスシャンプー、撥水性能や艶感を再生・向上させる「CeramicPro CARE」をはじめスポンジやマイクロファイバークロスがセットになった、「CeramicPro」やその他ボディコーティング施工車両に最適なメンテナンスキットです。 Ceramic Pro LINEUP Ceramic Proシリーズはボディコーティング剤以外にも、布やプラスチック・ゴム・本革など、各素材の特性に最適に合わせて作られたコーティング剤をラインナップしております。 これらの製品のうち一部はプロフェッショナルユーザーだけではなく、一般ユーザー様でもご使用いただけるものもございます。 これらのCeramic Proシリーズは、自動車向け用途以外にも様々なシーンでご使用いただけます。 アルピーヌの様々な部分にもCeramic Proを! Ceramic Pro PPF & VINYL ラッピングやプロテクションフィルムにも専用コーティングで強力に保護 フィルムに悪影響を及ぼす溶剤を可能な限り減らした、ラッピングやプロテクションフィルム施工車向け専用に開発された「Ceramic Pro PPF & VINYL」 高い硬度でスリキズなどの軽減はもちろんのこと、耐UV性能でフィルムの劣化や白ボケを防ぎます。 Ceramic Pro WHEEL & CARIPER ホイールやマフラー・足廻りなども保護 特に過酷な環境にあるホイールなどの足廻りやマフラーも専用コーティング剤「Ceramic Pro WHEEL & CARIPER」で保護。高い硬度と保護性能でスリキズを軽減し、汚れが付着しにくく固着するのを防いで洗車時に落としやすくします。 Ceramic Pro LEATHER & Alcantara Care system 大切なレザーシートやアルカンターラシートをセラミックプロコーティングでプロテクト致します。 140℃の優れた撥水性能 優れた耐久性 優れた耐摩耗性 水分や汚れをはじきます レザーシートやインテリアも保護 レザーインテリア専用に開発された「Ceramic Pro LEATHER」。 優れた撥水性や防汚性・保護性能で汚れの付着や摩耗を防止。高い耐UV性によりプラスチックやゴムの劣化や色落ちを防止します。 Ceramic Pro PLASTIC モールやインパネなどのプラスティックも保護 モールやインパネ・タイヤなどの未塗装プラスチック・ゴム向け専用に開発された「Ceramic Pro PLASTIC」。 高い保護性能で汚れの付着を軽減し、適度な艶で美しく保ちます。また耐UV性で劣化や白ボケを防ぎます。 Ceramic Pro TEXTILE 幌やファブリックシートもコーティング 幌やファブリックシートなどの布部分向け専用に開発された「Ceramic Pro TEXTILE」。 セルフクリーニング効果で汚れの付着をふせぎ、撥水・撥油効果で耐久性を伸ばし劣化を防止します。 Ceramic Pro RAIN 雨天時にクリアな視界を確保します。 ガラス用に特別に設計されたコーティング「Ceramic Pro RAIN」。 高い撥水性能で運転時の視界をクリアに確保。ガラスの小キズなどを埋めることができ、晴天時の視界もよりクリアになります。プロの硬度な下地処理と「Ceramic Pro RAIN」の高い性能により優れた耐久性を発揮し、長期に渡って効果を維持します。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 オプションにて フロントガラスプロテクションフィルムの施工も可能です。 オプションにて Fenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工も可能です。 詳しくはこちらをご覧ください https://www.art-pro.co.jp/magazine/alpine-a110-fenix-scratch-guard/

BLOG

RANGE ROVER ステアリング革巻き

茹だる様な暑さが続く今日この頃、如何お過ごしでしょうか? みなさま、どうもこんにちは。 今回ご紹介するのは、レンジローバーのステアリング革巻きです。 何故「革巻き」という表現を使ったかと言いますと、こちらのハンドルはグリップヒーターが内蔵されてます。 剥がして再利用がほぼ不可能に近いので、当店では上から被せる方法を取らせて頂いています。   当然型取りも、元の状態の上から行います。 スイッチパネル等が組み込まれるスポーク周辺は、元の革をカットするなどして、被せる革の逃げを作っておきます。   貼り付けた革を広げ、型紙に落とします。   裁断・縫製で輪にすると、こんな形に。   微妙な位置合わせのあと、編み込んでいくと完成です。   このような案件も承っております。 気軽にご相談下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

Ferrari F12メーターフード張替

こんにちは。 本日はフェラーリF12のメーターフード張替のお話です。 ダシュボードが革だとやはり縮みますね。 完全に土台が見えるくらいに縮んでるので3cmくらいは縮んでるような感じです。 革を剥離するとウレタンと剥離している箇所と密着している箇所で別れます。 残ったウレタンはペーパーでは削れないので削いでいきます。 元のボンドが残っていると密着が悪いのでボンドごと削ぎ落します。 ここまで来れば下処理完了です。 下処理が終わり、新たにウレタンを張付けます。 縫製は前方の下側少しだけなので、型取りをして縫製をします。 張込すれば完成です。 暑くなるこの時期は革の縮みや天井の垂れが発生しますので お気軽にお問合せ下さい。

BLOG

Maserati quattroporte ダッシュボード張替

みなさま、どうもこんにちは。 今回ご紹介するのは、マセラティ クワトロポルテ、ダッシュボードの張替えです。 ダッシュボードだけの持ち込みなので、画像は参考車両になります。   まずはお預かり時の状態です。 見事によれよれになってしまっています。 徐に剥離すると、 何だか、一度手を入れられているような感じもしますが・・・。   さておき、ウレタンも剥がしていきます。 このウレタンと土台自体はしっかりくっついているんですが、表皮とウレタンが剥離する例が多いようです。   以前にも何度か同じ依頼があり、型を残していたので縫製・張込・・・、と順調だったんですが、微妙に型が合っていなくて失敗(笑) 再度型を取り直し、無事完成です。 今回はウレタン付きのPVC(合成皮革)を使用しています。   このような案件も承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

AUDI R8 ステアリング張替

こんにちは。 本日はアウディR8のステアリング張替えのお話です。 まず、純正のステアリングの糸をカットします。 そして純正の革を剥離します。 革を剥がすとボンドが残るので全て除去します。 これが残っていると密着不良等、問題が起きます。 そして太巻き仕様にする為、ウレタンを張付けます。 ここから型取りをし、縫製していきます。 最終は位置を調整しながら生地を被せて糸を編んでいきます。 ダークグレーのアルカンターラに赤色のステッチで太巻きです。 如何でしょうか? ステアリングを張替えると雰囲気も変わりますし、好みに合わせて太さの変更や 素材の変更をすると今まで以上にドライブが楽しくなりますね!!

BLOG

LB Ferrari458 プロテクションフィルム施工

リバティウォーク フェラーリ458 プロテクションフィルム施工 LBWK Ferrari 458 silhouette リバティウォーク様デモカー世界初ドライカーボンシルエットボディにFenixクリアマットプロテクションフィルム&グロスクリアプロテクションフィルム施工が完成致しました。 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。 今回はオールボディプロテクションフィルムを施工致しますので、バンパーやリヤウイング等を取外し作業を行います。 特殊なエアロパーツの為、今回はリバティウォーク様指定工場 TM AUTO SERVICE 様にて脱着作業を行います。     ドライカーボンフェンダー・ボンネットをFenixマットクリアペイントプロテクション塗装を16層(16回)塗り重ねていきます。     Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 【Before】施工前の画像です。       カーメイクアートプロでは、仕上がりにこだわり、細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     ドライカーボンリヤデュフューザーも表裏まで全てプロテクションフィルム施工を行います。     常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     ドライカーボンリヤオーバーフェンダーFenixクリアプロテクションフィルム施工が完成です。 ステッカーも段差なく美しく仕上がっております。     Fenixクリアペイントプロテクションフィルム塗装を約14回塗装後の状態です。     Fenixマットクリアペイントプロテクション塗装を約2回塗装後の状態です。 美しいマットの質感に仕上がっております。     リヤバンパー・フェンダー各パーツごとに仕上げていきます。     Fenixプロテクションフィルム完成後は、オプション作業にてセラミックプロ9Hコーティングも同時に行います。     【After】Fenixクリアタイプペイントプロテクションフィルム完成致しました。 ボンネット・フロントバンパー・フェンダー全体にFenixマットクリアペイントプロテクションフィルムの施工をしていますが、良く見てもフィルムが貼っているかすら全くわからないクオリティに仕上がっています。     リヤフェラーリエンブレムはブラッククリアマットに仕上がっております。     ヘッドライトにはFenixクリアプロテクションフィルム完成。     ルーフ・フロントドア・クオーター・ドアミラー部はFenixクリアプロテクションフィルム施工完成。     LBWKリバティウォーク加藤渉社長様 今回は、LBWK × Fenix のコラボレーションありがとうございました。     LBWKフェラーリ458 Fenixペイントプロテクションフィルム完成動画は、こちらのYouTubeをご覧くださいませ。 ➡https://www.youtube.com/watch?v=YP3SlEtKSwY 【東京オートサロンLBWK2020】       世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。     Before&After     Fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい。 ➡ https://youtu.be/KLNDImcaieU カーメイクアートプロFenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい。 ➡ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix Japan公式サイトはこちらをご覧下さい。 ➡ https://fenix-sg.jp/ Fenix scratch guard ペイントプロテクションフィルムの耐久性動画はこちらをご覧下さい。 ➡https://youtu.be/g9s3LKqfgsA Fenix scratch guard傷が消える特殊性能、自己修復動画はこちらをご覧下さい。 ➡https://youtu.be/PNKRaaS_5yI ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましては、なるべくお早めの事前ご予約・日程のご確認をお願い致します。    

BLOG

テスラ モデル3 LFT ダブルバリアフィルム施工‼

皆さんこんばんは。 フィルム部の小川です。 本日ご紹介するのは、テスラモデル3です。 こちらのお車には、高性能断熱フィルム LFTのダブルバリアフィルム(DB-C90EX) を施工させて頂きました。 こちらのフィルムは 紫外線カット率100%(300nm~370nm) 赤外線カット率99%以上(1600nm~) とカット率の高い透明フィルムになります。 リアに施工スモークタイプも3種類ございます。 上記数値はメーカーより引用させて頂いておりますので、 詳しくはメーカーHPでご覧いただくか、 当店にお問合せ下さい。 完成写真は撮り忘れですが、施工風景写真です。          

BLOG

Maserati gransport ダッシュボード張替

こんにちは。 本日はマセラティ グランスポーツのダッシュボード張替えのお話です。 遠目で見てもボツボツしてるのが分かりますね。 近づくとこのようになってます。 マセラティは薄いビニールのような生地を表面に張っているのでそれが日光により 沸いた状態になります。 この現象が見られるのは今の所グランスポーツだけです。 今回は生地を剥離するのではなく、表面の沸いている薄い生地のみ溶かして除去します。 そして同じような薄い合皮で一枚貼りします。 完成すると違和感ないですね。 今回は黒だったので一枚で可能でしたが薄い生地は黒しかありませんので他のカラーは 10thアニバーサリーのようにステッチが入ります。  

BLOG

MAZDA RX-7 内装樹脂パーツ 傷及びベタ付き補修

今回はMAZDA RX-7の内装の樹脂パーツのベタ付きの補修です。外車でもよく使われるラバーペイント仕上げで 質感は良いのですが加水分解が始まりよくベタ付きの現象が起こっています。塗膜の除去をして別の塗料で仕上げます。 その前にこの車...我々の世代にとっては目を輝かせてしまう名車ですよね。       ということでまずは作業には関係ないのですが外装の写真から。 それでは本題に入ります。               このようにベタ付きが始まり傷がつき、ベタ付きにホコリが付着してこのような状態になります。 ではパーツを外してラバーペイントの剥離作業に入ります。             分解が終わったらパーツをラバーペイントリムーバーで一つずつ剥離していきます。           この剥離作業が結構大変です。 剥離作業が終わったらペイントの下処理をしていきます。 今回は2箇所ほどクラックが起きていたので充填補強作業をします。               次にプライマーを塗り上塗りの準備をします。   分解したついでに細かい部分の掃除もしておきます。 。 続いて上塗りを開始します。       乾燥後トップコートを塗ります。トップコートには添加剤を加え質感を向上させます。         最後に組み立て作業です。           このようにパーツの状態を改善することでまた長く乗っていただけることだと思います。 ご依頼ありがとうございました。      

BLOG

RECARO SP-G シート張替

雨降りが続く今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか? さて、今回ご紹介するのは、レカロのフルバケットシート、SP-Gの張替えです。   おもむろに剥がしていきます。 このシートをお持ちの方はご存じと思われますが、留まっているところがほとんどマジックテープ。 バリバリと剥がしていけば、簡単に丸裸です(笑)   あとは、こねこねしながら被せていけば、完成です。 と言ってもマジックテープなので、付けちゃあ外し、ちょっと位置を変えて付けちゃあ外しを繰り返すので、結構大変なシートなのです(笑)   この様な案件も承っております。 お気軽にお問い合わせください。 ご覧頂き、ありがとうございました。  

BLOG

Ferrari 488 Spider プロテクションフィルム施工

フェラーリ488スパイダー プロテクションフィルム施工事例   世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。   新車フェラーリ488スパイダーのフロントバンパー・ボンネット・フロントフェンダー・ヘッドライト・ドアミラーにFenixクリアタイプペイントプロテクションフィルムの施工が完成致しました。 本日は、大阪府堺市よりお越し頂いた【フェラーリ488スパイダー】のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたので、ご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 【Before】施工前の画像です。     カーメイクアートプロでは、仕上がりにこだわり、細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     通常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     【After】Fenixクリアタイプペイントプロテクションフィルム完成致しました。 ボンネット・フロントバンパー・ルーフ全体にFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工をしていますが、良く見てもフィルムが貼っているかすら全くわからないクオリティに仕上がっています。     フェラーリ488スパイダーFenixクリアタイプペイントプロテクションフィルム完成動画はこちらのYouTubeをご覧くださいませ。 ➡https://www.youtube.com/watch?v=7FT3SWF5OhA       世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。     Before&After     fenixプロテクションフィルム性能の動画はこちらをご覧下さい。 ➡ https://youtu.be/KLNDImcaieU カーメイクアートプロFenixプロテクションフィルムHPはこちらをご覧下さい。 ➡https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい。 ➡https://fenix-sg.jp/ ※カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。 ※カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。 代車貸出に付きましてはなるべくお早めの事前ご予約、日程のご確認をお願い致します。              

BLOG

Alfa Romeo Brera天井張替

こんにちは。 本日はアルファロメオ ブレラの天井張替えのお話です。 この状態で見ると天井本体は垂れは無いのですが、サンルーフは垂れ下がり オーナー様が対処されております。 とりあえず、部品をアレコレ外していきます。 天井が外れ次はサンルーフを外していきます。 サンルーフはユニットごと外していきます。 このように丸々外さないと綺麗な仕上がりになりません。 部品が付いて固定されているとあまり分かりませんが、外してしまうと 生地が完全に剥離しているのが分かります。 もちろん生地は密着していないのでさらっと簡単に剥がれます。 そして残っている劣化したウレタンを除去していきます。 これが天井垂れの一番の原因です。 全て下処理をした後に、新しい生地と天井本体にボンドを吹き付けて張り込んでいきます。 天井本体はこれで完成です。 続いてサンルーフです。 サンルーフも同じく生地の剥離・劣化したウレタン除去してボンドを吹き付け張込します。 これで張込完成です。 サンルーフは一枚ずつ分解出来るのでこの方が作業もしやすいですし、 仕上がりも綺麗になります。 後はフレームと合体させて車両に組付ければ完成です。 天井もサンルーフも直りオーナー様もこれでやっとサンルーフが開けれる!と喜んで頂けました。 完全に生地が剥離してしまうと車内がベタベタのウレタンだらけになり、前後の視界も悪くなるので 危険です。 これから暑くなり、天井が垂れ下がってくる時期ですので少しでも垂れてましたら お問合せ下さい。  

BLOG

ミニクーパー・ミニクラブマンおすすめガラスコーティング|ULGOガラスコーティング施工事例

真っ赤なミニクーパーを 中古車で御購入され納車と同時にカーメイクアートプロにご入庫頂きULGOガラスコーティングの施工を行います。 ブレーキダストや鉄粉を強力な洗剤にてクリーニングを行います。 Beforeエンジンルーム内部は汚れが非常に トルネードガンにてエンジンルーム内部を洗浄を行います。 ボディを磨く前に まずはボディ/ホイール鉄粉除去作業、 脱脂洗車を行い、コンパウンドの油分などを洗い流し、普段お客様がなかなか手入れしづらいバンパーの隙間やエンブレム周り、グリルの汚れなどを強力な洗剤にてクリーニングを行います。 ボンネット裏側まで特殊洗剤を使いながら美しく仕上げて行きます。 細かな鉄粉除去を行い、ボディ全体的にマスキングを行います。 ボディを磨く前に光沢計にて施工前の光沢を測定致します。 今回のミニの塗装光沢は 60です。 ボディガラスコーティング施工後は完成後に測定致します。 ボディを磨く前にcoating thickness tester膜厚計にてミニの塗装膜厚を測定します。 こちらミニの塗膜は98.9μミクロンです。 オリジナルファクトリーペイントの膜厚です Beforeミラーカバー が紫外線で劣化してくすみが出てきています。 Beforeフェンダー樹脂カバー Before Aピラーブラック スクラッチ傷が酷い状態です。 Beforeボンネット ウォータースポットが非常に多い状態です。 右側のみ3工程のコンパウンドやポリッシャーを使い分け 鏡面磨きを掛けていきます。 Before                                                        After 鮮やかな赤色になりウォータースポットも除去致しました。 ミラー・ピラーにも 鏡面磨きを掛けていきます。 ミラー・ピラーにも 鏡面磨きを掛けていきます。分けボディを鏡面磨きをかけて行きます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 ボディ専用ポリッシャーです。 塗装の状況によって道具を使い分けます。 カーメイクアートプロこだわりの磨きツールのご紹介します。 こちらのポリッシャーは主に、細部の部分に使用しますミニポリッシャーです。 エアーポリッシャーや電動タイプ様々な機械を揃えております。 ULGO MOLD COATING プロシリーズブラックモール施工コーティング剤です。 ミニのブラックモール部分はこちらのモールコーティングを施工致します。 Afterブラック樹脂パーツ&ホィールコーティング。 ULGO WHEEL COATING プロシリーズホィールコーティング剤です。 ホィール表面や裏側まで美しくホィールコーティングを施工致します。 次の工程はボディガラスコーティング作業です。 ULGO ガラスコーティングAP1 高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりを実現した、Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング ベースレイヤーに優れた強靱性を持つコーティング層、トップレイヤーに高品位な艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層皮膜を強力に結合させることによってさらなる性能の飛躍を実現した撥水タイプボディガラスコーティングです。 Base Layer(下層) 柔軟性と硬度バランスを高度に追求した高い「耐クラック性」 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、コーティング性能が長期間持続します。 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。 Top Layer(上層) 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ない優れた性能のコーティング剤です。 ※下のガラスのかたまりはULGO液体ガラスコーティング剤を自然乾燥約1週間程でこの様なガラス系個体に変化致します。 塗装面に施工しますと驚きの光沢が蘇ります 高濃度ULGOAP1ガラスコーティング。液体ガラスコーティング剤が硬化するとこの様なガラス状に変化します。 最終チェック工程では 太陽光線のいちばん近い光を当てコーティングのムラなどをチェックして最終仕上げを行います。 After スクラッチ傷などなくなり新車時のように仕上がっております。 After 深みのある青・赤・白色に変化しております。 After 油汚れや、砂汚れを特殊洗剤で分解して隅々まで美しく仕上がっております。 After オプションにてエンジンルームコーティングが完成致しました。 磨き作業、ボディガラスコーティング終了後の光沢計にて測定致します。 ●磨き前 60 ●磨きコーティング施工後は95まで光沢が上がっております。 塗装膜厚計測定では ●磨き前102μミクロン ●磨きコーティング施工後98.9μミクロン カーメイクアートプロでは、塗装を余り削り過ぎないように塗装職人のベテランスタッフが磨き作業を担当しております。 鮮やかで深みのある赤いミニクーパーに仕上がりました。 カーメイクアートプロではコーティング作業が終わりましたら同時に内装清掃にもこだわった仕上げを行います。 普段お客様が手の届かない細かな場所などをクリーンアップさせて頂きます。 コロナ感染予防対策としてカーメイクアートプロでは大切なお客様の預かり車輌全て 納車直前にシュフレ除菌抗菌剤を施工してご納車致します。 ULGOガラスコーティング施工車輌の全てのお客様に無料にてコーティングメンテナンスキットを付属しております。 ULGOメンテナンスキットコーティングお客様用が使いやすく日常のお手入れが簡単に。 [キット内容] ●ULGOコーティング専用ボディシャンプー ●ULGOコーティング専用ボディメンテナンスクリーナー ●洗車用ソフトスポンジ ●ソフトマイクロファイバークロス こちらのメンテナンスキットは普段お客様が日常洗車の際に簡単にご使用が出来るメンテナンスキットとなっております。 日常はこちらのメンテナンスキットで洗車メンテナンスを行ってください。 ご使用方法などは担当スタッフが、納車時に使用方法などご説明させて頂きます。 ULGO保証書・施工証明書(5年間サポートプログラム)も発行させて頂きます。 愛車を長期間美しく保つ為に1年毎にコーティングプロメンテナンスのご案内 コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。 塗装面やコーティングは物質であり、地球上に酸素がある以上、酸化、劣化が進んでいきます。 カーメイクアートプロでは、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態で付き合っていく為には日常の洗車等のお手入れはもちろんの事、1年に一度はプロメンテナンスが不可欠です。 納車から数年後お車の状態により3コースのプロメンテナンスコースをご用意しております。 ボディ・インテリア様々なプランをご用意しております。 こちらのサービスにより愛車をいつまでも美しさをキープ致します。 今回のミニクーパー ULGOガラスコーティング価格はSサイズ新車登録から1年以上経過した車両¥100.000税別となります。 新車価格¥85.000税別となります。 その他オプションにてウィンドコーティングやインテリアコーティングなどご用意しております。 その他コーティングプライスリストはこちらから↓ https://www.art-pro.co.jp/pricelist/price_coating_dom.pdf 今回のミニクーパーボディ磨き&コーティング完成動画はこちらYouTubeをご覧下さい↓ https://youtu.be/x3yRpH4lCbk ミニガラスコーティングおすすめブランド セラミックプロ9H こちらセラミックプロ公式サイトからご覧下さい↓ http://www.ceramic-pro.jp/ 世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、 次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。傷や飛び石からボディを強力にガードします。 カーメイクアートプロコーティングページ↓ https://www.art-pro.co.jp/service/coating/ ULGO鏡面磨きコーティング作業動画です↓ https://youtu.be/0kMEsMW2nIk ミニクーパーのボディ プロテクションフィルムやボディラッピングもカーメイクアートプロにお任せ下さい。 カーメイクアートプロでは飛び石傷などからボディを保護するFenix scratch guardの施工も行なっております。 カーメイクアートプロFenixページはこちらからご覧下さい↓ https://www.art-pro.co.jp/service/protectionfilm/ Fenix japan公式サイトはこちらからご覧下さい↓ https://fenix-sg.jp/ ミニ本革仕様シート張替 はこちらの動画YouTubeをご覧下さい↓ https://youtu.be/KYmS-Zvr4ZY カーメイクアートプロでは無料代車5台完備しております。代車には抗菌除菌コート施工済み車輌となります。 カーメイクアートプロではフルフラットキャリアカーを完備しております。 大阪市内までは無料にてご自宅や会社まで引取り納車可能です。 また、遠方のお客様には有料にてお引き取り納車も可能です。

BLOG

ferrari 360 天井張替

いまだ梅雨が明けない今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか? さて、今回ご紹介するのは、フェラーリの天井張替えです。 なんとも面白い形で剥がれてしまっていますが、あまり触れない方がいい状態にまで進行しています。 下手に触れると、間に挟まっているウレタンがぽろぽろと落下。しかもそれがねちょねちょなので、シートだけでなく、人や服まで汚しかねません。 ですので、ご依頼をお考えの方は、なるべく早めのご連絡をお待ちしております(笑)     周辺のパーツを外し、おもむろに剥がしていくと、直貼りのボンドが残るので、これらも極力除去します。   型紙があるので、生地とウレタン10数ミリを貼付けて、天井にも貼付け。 パーツを戻し、完成です。今回は贅沢にアルカンターラを施しました。   この様な案件も承っております。 お気軽にお問い合わせください。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

スズキ キャリー天井張替

こんにちは。 本日はスズキ キャリーの天井張替えのお話です。 流石に年数が経っているので国産でも生地が垂れて来ましたね。 天井にある支えのバーを外すと一気に落ちてきました。 この時代はフェラーリのように天井に直接貼り付けているようです。 地道に剥離していきます。 外車のようにベタベタしていないのが幸いです。 天井の処理を終えた後は養生してボンドを吹き付けて 生地を貼り込んでいきます。 生地はオーナー様の持ち込みだそうですが、今でも手に入るのですね。 この後は縁に差し込みすれば完成です。 この年代の軽自動車を見たのは久々です。 古き良き時代ですね。

BLOG

Lamborghini Murcielago シート張替 さらに続き

みなさま、どうもこんにちは。 前回の型紙で使用する材料に描いていきます。 今回はアルカンターラを使います。   薄いウレタンを張り付けて、裁断していきます。     裁断されたものを、順番に縫い合わせていきます。     縫い終えると表皮の完成。 元と同じように、ボンドで貼り付けつつ、表皮を被せていくと、センター部分の完成です。     センター部分の裏側にもボンドを塗り付け、「牛っ」と押し込み、完成となりました。 ヘッドレストはペイントにより黒に変えています。     このような案件も承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 ご覧頂き、ありがとうございました。

BLOG

ワゴンRステアリング張替

こんにちは。 本日はスズキ ワゴンRのステアリング張替えのお話です。 純正の状態です。 年式からしてもまだ綺麗な状態ですね。 一先ず、純正の革を剥がし縫い代が入るように溝を掘ります。 そしてボンドを付着。 太巻きの為、ウレタンを張り付けます。 ここから型取りをしていきます。 元の状態からだと太さが違うので型を取っても合わないのです。 型取りが終われば縫製をしていきます。 そしてステアリングに被せます。 生地の沿い具合から見てキツイのは分かります? 一回り小さいくらいに作らないと内側の編み込みでシワが出るので 生地が裂けるんじゃないかってくらい引っ張って被せます。 後は位置を合わせながら編み込みです。 ココは全て手作業で編んでいくので時間が掛かりますし、目が疲れるので 夜には出来ない作業です。 完成はこのような感じです。 上下はアルカンターラを使用し、左右はナッパレザーを使用しました。 写真の加減で手前側がかなり太く見えますね。 ステアリング張替え等お気軽にお問合せ下さい。 こそっとミラーに写ってる怪しい人は無視して下さい。  

BLOG

PORSCHE GT3RS プロテクションフィルム施工

ポルシェGT3RSおすすめプロテクションフィルム Fenixクリアペイントプロテクションフィルム施工事例   世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。   本日は大阪府よりお越し頂いた「ポルシェGT3 RS Fenix Scratch Guard施工が完成致しましたので、ご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックススクラッチガード)は、スプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜厚は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardは、スプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜厚を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150~200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また、走行時の飛び石や雪かき、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で、キレイな状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回はボディ全面に施工を行いますのでバンパーやエンジンフード、ミラー、リヤウイング全て脱着して細部まで美しく仕上げていきます。     施工前にフロントドア・ルーフ・フロントフェンダー塗装の膜厚を測定致します。 ●フロントドア膜厚は134μm ●ルーフの膜厚は286μm ●リヤフェンダーの膜厚は115μmです。     クォーターパネルも施工する為、ポルシェ純正ストーンガードフィルムも剥がします。     細部までプロテクションフィルムを施工する為に全てのパーツを脱着して美しく仕上げていきます。     GT3 RSデカールを貼ってFenixクリアプロテクションフィルムでキレイに段差なく、フラットな状態に仕上げていきます。     フロントフェンダー約16回クリアペイントプロテクション塗装が完成した状態です。 テロンテロンの美しい状態です。     フェンダー・ドアトリム・ルーフと順々に作業を進めていきます。     通常の塗装工程は2コート塗装しますが、Fenixペイントプロテクションフィルムは厚みをつけるため約16コート・16回スプレーして乾燥を繰り返し、スプレーすることでクリア感ある分厚いフィルムに変化する特殊フィルムです。     約16回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧ください。     Fenixプロテクションフィルムの強みは膜厚が非常に分厚く、クリア感が非常にあり、磨く事やボディコーティングの施工も可能です。     【After】 Fenixクリアペイントプロテクションフィルム完成致しました。     ヘッドライト・ミラー・ボンネット・フロントフェンダー・ルーフ・リヤウイングにFenixクリアペイントプロテクションフィルムの施工していますが、よく見てもフィルムが貼っているかさえ全くわからないクオリティに仕上がっています。     リヤウイングのサイドはFenixクリアマットに仕上げております。 また、リヤウイングは裏側まで繋ぎ目なく全てクリアペイントプロテクションフィルムが美しく施工が完成致しました。     GT3 RSデカールもキレイに仕上がっております。     フードカバーにはFenixマットクリアペイントプロテクションフィルム施工完成。 純正クオリティに仕上がっております。     リヤバンパーのダクト中側まで、繋ぎ目なく美しく仕上がっております。     施工後のトータル膜厚はフロントドア286μm、リヤフェンダー305μmまで膜厚があります。 飛び石やウォータースポット、鳥フンなどから大切なお車をガード致します。     また、Fenixオプションにてホイールやキャリパー・ルーフ・カーボンリヤウイングなどにもペイントプロテクションフィルム施工が可能です。         世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。 新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。 愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。 傷や飛び石からボディを強力にガードします。     Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。     マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。     カーメイクアートプロのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。     サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。     【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】 純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。  

さらに表示する