ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

新大阪駅のある新旧の交通の要所

淀川区は大阪の行政区のうちのひとつでその名の通り淀川に隣接した行政区です。なお淀川の北に位置する区はすべて淀川という名称が区の名前に付けられています。淀川区はそのうちの中央に位置しています。古くから交通の要所として栄えてきたこの地域は、現在でも新幹線の停車駅である新大阪駅があります。大規模な区画整理などもあり、オフィス街が立ち並んでいます。そのため大阪の副都心に指定されています。 またオフィス街が立ち並ぶ一方で金属製品製造業や機械器具製造業などの工業も盛んな地域であり、市内でも有数の商工業地域です。 しかし、急速に発達したため、少し治安の面で良くないという一面もあります。行政区として取り組んでいるものとして、訪問型病児保育やLGBTの支援、また子供の睡眠習慣改善支援などのほかの自治体にはない特徴的なものがあります。

自動車のカラーは白が一番人気

自動車のカラーというのは、その自動車のイメージを大きく左右させます。そのため、そのカラーリングにこだわる人は多くいます。日本で人気があるのは、ホワイト、シルバー、ブラックです。またアメリカでは日本と同じホワイト、シルバー、ブラックに加えてグレーが含まれます。どちらも無彩色であり特別なイメージを抱く色ではありません。特に白は日本でもアメリカでも人気の3分の1以上を集めています。 しかし、こうした理由の背景には、特に白が好きだからというわけではなく、無難だからというのが非常に大きな理由でしょう。

白に次いで人気のある黒い自動車

一方で、黒の場合にはこだわりを持って選択している人が多くいます。その背景には黒い車というものに対するイメージがあるでしょう。「黒塗りの高級車」というフレーズから一般的にイメージするものはほぼ世界で共通のものでしょう。 黒く磨かれたベンツやセンチュリーなど自動車は広く浸透した高級車というイメージがあります。また、汚れが目立ちにくい白の車に対して、最も汚れや傷が目立ちやすいとされる黒の車を所有しているということはそれだけしっかりと車の手入れをしているという証拠でもあります。

基本的に付着する汚れは白っぽいものが多い

黒の塗装の自動車はなぜ汚れが目立ちやすいのでしょうか。そもそも自動車の汚れというのは大きく分けると、雨などの水分が付着して乾燥したイオンデポジットや鳥の糞、そして油汚れなどがほとんどです。それらの汚れというのは主に白いものです。そのため黒い自動車は汚れが付着したままでは非常に汚れが目立ってしまうのです。

自動車の表面の傷は濃い色の塗装ほど目立つ

ソリッド系の黒の場合には、傷も残ってしまうことになります。自動車の塗装の表面にはクリア層と呼ばれる塗装を保護する層があります。そのクリア層には目に見えないものから目に見えるものまで小さな傷が無数についています。これらの傷というのはその溝が光を乱反射し傷として見えるのです。こうした傷というのは一般的に白く見えます。そのため色が濃い塗装ほどそうした傷が目立つことになってしまいます。 自動車の汚れや傷などを防ぐためには、塗装の最も外側にあるクリア層の更に外側にカーコーティングを行い、クリア層を保護するという方法があります。最近のカーコーティングは従来のものよりも性能が改善されており、カーワックスなどと比較すると非常に長い期間効果を発揮します。自動車を大事に乗りたい、長く美しいままで保ちたいという場合にはカーコーティングを行ってみてはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE