ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

花博の行われた鶴見緑地のある住宅地

鶴見区は大阪市の行政区の一つです。大阪市の東側で少し張り出した形をしています。もともとは城東区の一部であり、1974年に分区してできました。大型の集合住宅の建設などが行われ1995年ごろから人口が増加していきました。そうした建設ラッシュのため新しく人口の流入がありました。そのため、少し騒がしいイメージがあります。 鶴見区と言えばシンボルとなっているのは鶴見緑地です。1990年に行われた花の万博のメイン会場となったことでも有名です。大阪市鶴見区と守口市にまたがるこの公園は現在では、乗馬やバーベキューを行うことができるスポットとして市民に親しまれています。また球技場、運動場、温水プールなどの運動施設や庭園などの施設もあります。

洗車キズなどの細かいキズから愛車を守るカーコーティング

愛車はできるだけ長く美しいままで保ちたいものです。自動車の美しさには二種類あります。それは内装の美しさと外観の塗装の美しさがあります。特に重視されるのは外観的な塗装の美しさです。中古市場でも外観によって大きく価格が変動します。 では自動車の外観を守るためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。ひとつの方法としては頻繁に洗車をし、塗装に付いた汚れをきちんと落とすという方法があります。また、自動車にカバーを着けることによって駐車中に鳥の糞を浴びたりすることを防ぎます。

汚れを落とすためには洗車が必要

どちらも汚れの付着を防ぐという意味では非常に意味のあることです。しかし、頻繁に洗車をすることによって洗車キズが発生してしまうのです。自動車の表面には塗装が塗られています。しかし、こうした塗装というのは実は非常に柔らかいものであるため、洗車などの特に力がかかっていない作業であっても、少しずつ細かいキズが付いていってしまうのです。またそれは自動車のボディカバーも同様です。最近の自動車のボディカバーには裏側には裏起毛がついています。以前のボディカバーとは異なり、自動車の塗装にキズを付けないように細心の注意が払って作られています。しかし、こうしたカバーは毎日着けていくうちに洗車キズと同様に細かいキズが付いていってしまいます。

洗車の水分もきちんとふき取らないとイオンデポジット

ではこのようなキズを防ぐにはどうすればいいでしょうか。そもそも洗車もボディカバーも自動車の表面を傷つけないために行っていることです。特に洗車は行わなければ自動車が汚れていってしまうことになります。水で洗い流すだけならばそこまでキズは付きません。しかし、水をそのまま付着させてしまったままにしておくとその水が純水でもない限りイオンデポジットが発生する原因にもなりかねません。最低限の処置として、洗車を行ってその水分を吹きとる必要があるのです。

細かいキズを防ぐためにカーコーティングの利用を

こうしたふき取りなどのキズやボディカバーがこすれることによってついてしまうキズを防ぐためには、自動車の塗装の硬度を上げるしかありません。しかし、塗装のクリア層そのものの硬度を上げることはできません。そのためにできることはクリア層の外側にコーティングを施すという方法です。カーコーティングのうち、ガラスコーティングやセラミックコーティングは非常に硬度が高く、洗車キズが通常の塗装よりも付きにくくなるのです。また最近のコーティングの中には熱を加えることによって修復するものもあります。それぞれの状況に見合ったコーティングを施して、安心して洗車を行えるようにしてみてはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE