ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

古くは難波京の南端であり、現在は大阪の南の玄関

大阪の中央やや南東に位置する天王寺区は、関西でも有数の商業地域です。また文教地区としても知られており、多くの名門校がある地域でもあります。名前の由来となった四天王寺や有名な動物園である天王寺動物園があります。北には近鉄のターミナル駅である大阪上本町駅もあります。また阿倍野区と接している南端には大阪市の南のターミナル駅である天王寺駅があります。この周辺は天王寺・阿倍野地域として有名な繁華街でもあります。酒井や奈良、和歌山などから大阪への主要玄関口でもあり、関西の交通の要所でもあります。 また天王寺区は近畿日本鉄道の本社やメガネの愛眼の本書があることでも有名です。

物はキズついてしまうと治らない

生き物は日々細胞分裂をしています。そのため、少しのケガなどであれば、自然治癒して何もなかったかのように再生します。しかし、機械の場合などは自己再生しません。生き物のようにケガをすることはありませんが、キズが入ってしまえばそのままになってしまいます。それは金属であっても変わりありません。金属のような硬いものであっても時間が経過するとともに少しずつ劣化をしていき、いずれは朽ちてしまいます。

板金は錆ないよう塗装が施されている

自動車の場合、車体は板金が使われていますがその表面には塗料が塗られています。塗料の役割は着色をするという役割のほかに、金属が錆びてしまい劣化してしまうことを避ける役割があります。電着塗装によって板金の表面に強く定着した塗料は間に他の物質が入りにくいため、金属が直接的に空気に入りにくくなるため酸化が起こりにくくなるのです。

塗装は軟らかいため保護する必要がある

自動車の板金を守る塗装は軟らかく、通常の自動車の利用方法であっても少しずつ薄くなっていってしまいます。洗車などを行っても少しずつ塗装は薄くなっていくのです。自動佐野塗装の厚さは紙一枚分くらいしかありません。塗装がはがれ直接板金が露出すると今度は車体そのものがダメージを受けることになってしまいます。 その塗装を守るために、塗装そのものよりも硬度の高いカーコーティングで塗装を守るのです。

コーティングを施す利点とは

カーコーティングの役割は、自動車の塗装を保護するほかに、塗装にツヤを出し塗装をより美しく見せる効果もあります。また硬度の高い塗膜で自動車の表面を保護するということは、自動車のメンテナンスを簡単にしてくれます。 また、最近のカーコーティングの中には汚れが付きにくくなる効果があるものもあります。そのため、自動車のケアをしていくうえで時間的な利点も多くあるのです。 カーコーティングの費用は決して安いものではありません。しかし、施すことによって得るものは多くあります。自動車をできるだけきれいに保つためにカーコーティングの施工を検討してみてはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE