ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

大部分が海や川に面する住之江区

大阪市住吉区は市の南西に位置し、その区境の大部分が海や川となっている区です。陸上では西成区と住吉区に背逸しており、川を隔てて退職と堺市と接しています。その面積の大部分が埋め立て地であることから区内の大部分は平地となっています。もともとは住吉区の一部であり1974年に住吉区から分離して住之江区ができました。 住之江区は海に張り出した地域であるため、その大部分は他の自治体の湾港地域のような役割もしています。大型の冷蔵施設を備えた倉庫などがその西部には多く見受けられます。また貿易に関する施設なども多くあるのも特徴です。また区の名前がついている住之江競艇上なども全国的に有名です。

自動車のクリア層を保護するコーティングは

コーティングには硬質化した皮膜を形成するものと、単純に表面に塗布されるだけのものがあります。表面に塗布するだけのものは実際に硬い膜ができるわけではありません。自動車のボディというのは板金でできていて、その板金の表面が何らかの形で錆ないように処理されています。そのうえに非常に薄い塗料の膜が作られています。塗料には錆を防止するもの、車体の色を形作るもの、そしてその色を保護するためのクリア層があります。

硬質化しないコーティングはワックスに近い

硬質化しないコーティング剤というのは油や蝋などを想像すればよいでしょう。脂や蝋などで表面の細かいキズを埋める働きをします。しかし、実際塗料についたキズを消しているわけではなく、そのキズを目立ちにくくしているだけです。またコーティング剤が塗装面に平面を作り出すため、キズが目立たなくなるのです。

ガラスコーティングは硬質化する

一方でガラスコーティングの一部やセラミックコーティングの場合、実際に硬質化する膜を作り出します。イメージとしては木工用ボンドを机にたらしたものを想像してくれればいいでしょう。表面に完全に膜ができているため、その内側に影響を与えないのです。こうした膜というのは非常に薄く、数ミクロンの厚さでできています。硬質化する膜の場合、何度も膜を重ねることができます。

硬質化するコーティングは重ね塗りできる

硬質化した膜を何度も重ねることによってより鮮やかで深いツヤをもったコーティングを作り出すことができるのです。 特にこうした硬質化するコーティングというのは油や蝋のようなものと比較して硬度も高いため自動車を外的な衝撃から守るのです。またこうした硬質の皮膜は油汚れや紫外線にも強く、クリア層をより保護するのです。 このようなコーティングは施工が難しいことや施工を失敗すると取り返しが付かないということがあります。そのため、硬質化するコーティングの場合には専門の業者に施工を依頼することが好ましいでしょう。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE