ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

【堺市堺区】ガラスコーティング Ceramic PRO 9H オプション施工

【堺市堺区】ガラスコーティング Ceramic PRO 9H オプション施工写真


本日は大阪の堺市堺区のメルセデスベンツ E350eの施工を少しご紹介致します。

紹介する内容はボディ磨き、レザーコーティング、プレミアムパッケージ(エンジンルーム、マフラー、グリル廻り、ホイール)になります。

まずは、ボディ磨きからです。

新車でも細かい傷があるので、それらを磨いていきます。


   

  


磨き終わりましたら脱脂洗車を行い、ULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。


   

  


お次はレザーコーティング!

コーティングしているとレザーへの汚れ等々の付着を軽減し、日頃のメンテナンスが楽になります。

黒色のレザーは多少施工が難しいですがムラ無く仕上げます!


  

  


最後はプレミアムパッケージです!

マフラー、ホイール、グリル廻り、エンジンルーム


  

  

  

  

  


これらのパーツは全てガンで吹き付けます!

今ならキャンペーン中なのでお得な価格で出来ますよ!!

後は後日にボディを9Hで塗りこんでいきます!

今日はここまで!短いですけど終わります。



COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

世界遺産や堺市の中心街がある堺区

堺は五畿内のうちの摂津国、河内国、和泉国の境に位置する場所にあったことから堺と呼ばれるようになりました。堺市堺区は日本最大の前方後円墳であり、また世界遺産の百舌鳥古墳群の中心的古墳でもある仁徳天皇陵古墳(大仙陵古墳)があることでも有名な場所です。堺市の中心でもあり、中心街のある堺東駅があります。堺東駅からは徒歩圏内に堺市役所本庁があります。堺市役所は高層建築物となっており、その最上階は無料の展望台となっており周辺の大きな建築物である明石海峡大橋やあべのハルカスなどを見ることもできます。 また市役所以外にも、堺市立中央図書館や堺警察、堺警察など中心となる官庁があります。古く中世は堺商人と言う言葉に代表されるように日明貿易の拠点でもありました。

日本人の自動車に対する意識とは

自動車をきれいに保つことは単純に外見だけのメリットだけではありません。きれいにしていればそれだけ車を丁寧に扱おうとする傾向にあるため、自動車がきれいな人 ほど事故に合いにくい傾向にあるそうです。 良く聞く話では、海外では路上駐車する地域を確保するためにすでに駐車している自動車のバンパーに自分の車のバンパーをぶつけて駐車スペースを確保するというものもあります。

自動車はぶつけない、傷つけない、というという思い

日本人の場合、きれいにしているから自動車をぶつけないようにしようと考えるのではないように思えます。そもそも自動車がへこんだままにして運転していることがおかしいと思う習慣にあり、どこかに傷が入ればすぐに修復しようとする傾向にあります。

自動車は高級品であるという意識

自動車は単に移動するための手段ではなく、高級品であり大切にするものであるという考えがあるでしょう。その証拠として同じように移動するための手段である自転車の場合少し傷が入ったからといってコンパウンドなどできれいに塗装を直そうと考える人は少ないからです。しかし自転車が非常に高価なものになればきれいに取り扱いワックスなどをかける人もいるでしょう。 このことから高級なものである自動車はできるだけきれいに保とうという意識が働くのです。

きれいにすることで事故を防止する役割も

また、自動車がきれいであることによって具体的に事故を防止する役割もあります。 それはガラスの汚れです。ガラスの汚れは昼間はそこまで気になりませんが、事故の起こりやすい夕暮れや、完全に日が暮れた夜間には強い光などを浴びて視界を遮ることがあります。また、社内にふようなぬいぐるみが置いている場合や、視界で揺れ動く埃などが多くある場合、運転への集中力が減退するという調査もあります。 自動車をきれいにしておくということは同時に事故を防止することにもなるのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE