ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN 堺市美原区のガラスコーティング[大阪]

21世紀に堺市に編入した最東の区

堺市美原区は堺市に編入する前は美原町と呼ばれている地域でした。1958年に現在の美原区にあたる地域が美原町となりました。それから半世紀近くのちの2005年に隣接していた堺市に編入され、翌年堺市が政令指定都市となったため、同地域は美原区となりました。政令指定都市の区としては浜松市天竜区についで二番目に人口が少ない区でもあります。 堺市には、南海本線、南海高野線、阪堺電気軌道阪堺線、地下鉄御堂筋線、阪和線と五本の路線が通っています。しかし美原区にはどの路線も通っていないことから住民の主な交通手段は車とバスです。電車を利用する場合比較的近くにあるのは東区を走る南海高野線です。有名な史跡としては黒姫山古墳などがあります。

汚れを洗い落とす水 その中に含まれているものは

自動車を洗車するうえで欠かせないもの、それは水です。 どんな洗車の方法であっても水を使わないものはありません。しかし水は場合によっては最も車の塗装を汚すものにもなりえます。洗車にも使う水ですが一体どうして水が汚れをつけることになるのでしょうか。

水道水には必ず不純物が混ざっている

わたしたちが日常で扱っている水道水と言うのは純粋な水ではありません。水道水は河川などから採取した水を浄水場などで消毒し、日常生活に利用できるようにしたものです。水に消毒のために塩素などが含まれています。そのため水道水は純粋な水ではないのです。水自身は自動車の塗装に悪影響は及ぼしません。しかし水道水が車の表面に付着したままにしておくことによって水分だけが蒸発し、含まれていた成分が車の表面に残るため乾燥したそれらの粉末が水垢として塗装の表面に残ってしまうのです。

雨水をすぐに落とさなければ車が汚れてしまうのは

もちろん雨水などにも不純物は含まれています。雨は大気中に浮遊しているチリを含んで地上に降り注ぎます。そのため水道水よりも多くの汚れが含まれています。雨水の場合もそのまま表面に残ったままにしてしまうと塗装の表面に汚れを残します。特に花粉や黄砂の季節にはそれらのチリを含んだ雨が降り注ぎます。花粉や黄砂などは水分を含むと粘性を帯び、それが塗装の上に降り注いで固まってしまうと非常に落ちにくい汚れになるのです。 純粋な水に近いものであればそれだけ汚れは残りません。純水を使って洗車を行なうことによって多くの汚れを落とすことができるのです。

コーティングの下準備として清掃が重要

車をきれいに保つための最も良いひとつの方法はコーティングを行なうことです。ガラスコーティングやセラミックコーティングの場合は硬化した薄い皮膜を自動車の塗装の表面に作り出します。そのコーティングと塗料の間に汚れがあればコーティングをしてもきれいな表面は作ることができません。また塗料に汚れが付着し続けることになります。施工を行なう前には必ず塗装の表面についた汚れ、そして脂分をきちんと落とすことが非常に重要なのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE