ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

都心回帰により年齢層が下がった最古の歴史を持つ区

大阪市西区は大阪市の行政区のひとつです。大阪市が成立して以来区域と名称が変更されていない唯一の区です。 しかし、その変遷に関しては非常に興味深い地域でもあります。日中戦争以前は中華街があり、また戦後には進駐軍の飛行場もありました。中華街は現在では倉庫街となっており、進駐軍の飛行場後はオフィス街の公園である靭公園となっています。 また心斎橋に近い堀江はかつては家具の街として知られていましたが、現在では若者の街として知られています。前述の靭公園と合わせておしゃれなカフェや雑貨屋が立ち並ぶ地区となっています。 また、西区と言えば、大阪ドームもあります。オリックスバッファローズの本拠地である大阪ドームは野球の試合だけでなく、ライブやコンサートそしてさまざまなイベントを行う大阪のイベント会場となっています。

自動車の塗装の表面を滑らかにするコンパウンド

自動車のケアグッズを見ていると、コンパウンド入りのものがあります。コンパウンドとは英語で混合物や合成物という意味です。自動車のケア用品として利用されているコンパウンドという用語はさまざまなケア用品に含まれた研磨剤のことなのです。 通常のカーワックスなどのケア用品にはコンパウンドなどの硬いものは含まれていません。こうした磨き上げるための微細な研磨剤が含まれているのです。

そもそも車の塗装に細かいキズが入るのはなぜ?

愛車のケアをするときにこうしたコンパウンド入りの磨き剤などでケアをすることもあるかもしれません。コンパウンド入りの磨き剤で車の塗装を磨くことは確かに自動車の表面をきれいにする役割があります。しかし、それがどのような作用で起こっているのかということを知っておかなければなりません。 車の表面のキズというのは塗装の最も外側にあるクリア層に亀裂が入ることによって起こっています。自動車の塗装は車体から発生する熱や、また日光などによって車体の表面が温かくなっても亀裂が入らないようになっています。 クリア層にキズが入るのは、主に外的な力がかかったためであり、物がぶつかったりこすれたりすることによってクリア層が削れ、それがキズとなるのです。

コンパウンドは削れた塗装の周りを削り落としている

コンパウンドによってそのキズがなくなるというのはある意味で正解であり、ある意味で不正解でもあります。実際にコンパウンドを使用してみるとそうしたキズはなくなります。それは、研磨剤を利用して周辺のクリア層を削り落とすことによって特別に削れている部分をなだらかにすることによってキズが目立たないようにしているのです。キズというのはその部分だけ深く削れることによってそのキズがはっきりと出てしまうのです。周辺の塗装も同時に削り落とすことによってそのキズを目立たなくしているのです。

クリア層の外側を硬度の高いコーティングで覆う

塗装を保護する最も良い方法は硬度が高いもので覆うことによって塗装全体を保護するという方法です。強い衝撃に耐えるためには、それだけの硬度が必要になります。カーコーティングでクリア層の外側に更に強度が高い塗膜を作ることによって保護することができます。 もちろんどんな物質でも劣化することやキズが付くこともあります。しかし通常の塗装のクリア層だけでは防ぎきれないキズまで防ぐことができるのです。 キズが付いてから塗装の保護を考えても、すでにキズが付いてしまった部分や落としきれない汚れが付いてしまった部分に関しては取り返しが付きません。 購入してからできるだけ早くしっかりとしたカーコーティングメーカーに頼み施工をしてもらうことが大切なのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE