ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

かつては住宅地として現在はスポーツや観光の場所として

港区は日本全国にある行政区の名称です。大阪市にも港区があります。大阪市港区は西区との西側にあります。戦前は最も多い人口のある住宅地でしたが現在ではさまざま施設のあるレジャーの場所へと変貌を遂げています。 赤レンガ倉庫や日本一低い山といわれている天保山、全国的にも有名な水族館である海遊館があるのは港区です。また観光施設ではなく、体育施設が整っているのも港区の特徴です。大阪市中央体育館や大阪プール、大阪市立港スポーツセンターなどもあります。 また弁天町駅前には超高層郡などもあり、大阪環状線の駅のひとつとして港区の中心地となっています。

空から降り注ぐ自動車の塗装に悪影響を及ぼすものは

自動車を外に駐車しているときや、走行しているときには自動車の表面にさまざまなものが降り注いでいます。最初に思いつくのは雨でしょう。雨は空気中にあるさまざまな物質を含んで降り注ぎ、乾燥して水分がなくなると雨に溶けていた物質が自動車の表面に残ってしまうことになります。雨そのものは水蒸気が冷えて地上に降り注いでいるものであるため自動車の汚れを洗い流してくれそうですが、そうした大気中のさまざまな汚れが一緒に降り注いでしまうことに問題があるのです。

海風も自動車の板金の点滴

降り注ぐものは雨だけではありません。季節に応じて降ってくるものもあります。春先の花粉や黄砂に関してははっきりと汚れが見えるため毎年意識して洗車を行っている人は多くいるかと思いますが、夏や冬の行楽に行った際に降り注いでくるものもあります。 夏には海に行楽に行くことが多くあるでしょう。海の近くの風には海水に含まれている塩分が含まれています塩分は金属に付着すると金属を付着しやすくなるという性質があります。また砂浜から巻き上げられた砂が塗装の表面に付着したままにしておくと何かが自動車の表面にこすれたときに細かいキズが入ってしまう可能性もあります。

金属の劣化を早める塩化カルシウム

また冬の行楽の際には雪や融雪剤が降り注ぐかのうせいがあります。雪は雨とは異なり固体になっているため、車体の表面を滑り落ちたりすることによって塗装の表面にキズをつけてしまう可能性があります。 また、融雪剤には塩化カルシウムが使われています。塩化カルシウムは塩素とカルシウムの化合物です。塩素の含まれている物質は金属の劣化を早くさせます。融雪剤は地面に撒かれるものですが、その周囲を自動車が走ることによって巻き上げられ、下部にも上部にも付着することになります。

キズを付きにくくするためにカーコーティングが有効

自動車のキズや板金の痛みを防ぐためにはマメに洗車をすることによって汚れをできるだけ早く落とすことが肝要です。そして洗車をする際につくキズなどをできるだけ少なくするためにはカーコーティングを施すのがお勧めです、カーコーティングは自動車の表面を強化しキズが付きにくくする役割があります。自動車を長くきれいなままに保ちたい場合にはできるだけきれいな状態で、カーコーティングを施してみてはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE