ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

大阪のキタの中心地のある北区

大阪市北区は大阪の二大繁華街のひとつキタのある行政区としても有名です。大阪のひとつの中心地でもある梅田駅は再開発の影響もあり、オフィス街として日本有数の高層ビル街が出来上がっている。一方で東にある天満には日本一長い商店街である天神橋筋商店街がある。商業地として新旧の大阪を代表する地域が同居する行政区でもあります。 また南部にある中之島には、大阪市立科学館や国立国際美術館、大阪市立東洋陶磁美術館などもあり、文化面でも大阪を代表する施設があります。 大阪の商業、文化などのひとつの集積地であり、交通の要所でもあります。またバブル期以降都心回帰が進んだことから、人口が増加し始め、現在では12万人以上が生活をしています。

自動車は小さなキズから塗装が悪化することも

人間のキズというのは、少しくらいのキズであれば放っておけば少しずつ回復していき、いずれはそもそもキズがなかったかのようにきれいに治ります。しかし、自動車は生物ではないため、放置しておくと劣化や悪化をしてしまうことなります。場合によっては錆などが発生し、自動車の塗装に大きな悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

金属にはキズがつかないよう処理してある

自動車のボディというのは金属でできています。そのため時間が経過することによって金属が酸化し、錆が発生するのです。そうした錆を避けるために自動車の板金には電着塗装が行われています。金属というのはさまざまな方法で処理を加えることによって耐久性が改善されます。熱処理を行ったり、各種メッキなどを行ったりすることによって耐蝕性や耐摩耗性を改善させることができます。 自動車の板金の場合にはイオンを含んだ塗料の中で金属に電流を流すことによって強く塗料を固着させ、錆などの防止をすることができるのです。

表面の処理が落ちると錆が発生する可能性も

電着塗装は金属の表面を塗装と強く固着させているのです。こうした塗装はなかなか落ちるものではないですが、長年経過したのちに剥がれ落ちることや、強い衝撃を受けて剥がれ落ちることもあります。表面の処理が剥がれ落ちて直接金属が外気に触れるようになってくると、空気中の水分と反応して酸化して錆が発生してしまいます。 自動車の表面をこすってしまったときに、板金が直接目視できる状態になっている場合には急速に塗装や金属が悪化していくこともあります。

あらかじめ対策をすることによって費用が抑えられることも

そうした塗装の剥離を防ぐには外的な衝撃によって発生するキズを極力防ぐことです。塗装の最も外側が硬度の高いものでできていればそれだけ擦過傷などが発生しにくくなります。 そもそもキズが付きにくい状態になっていれば、キズも付かずその後にかかる修理などの費用もかかりません。通常の状態でキズが付いてしまった場合には、錆が発生してしまう前に塗装の補修をする必要があります。またキズがついてもその塗装の補修を行わなかった場合には、板金自体がダメージを受けることになり、結果としてその面全体が大きな被害を受けてしまうため、その分修理の範囲が広がってしまう可能性すらあるのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE