ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

交通の便の良さと住みやすさから高い人口密度を誇る街

大阪市城東区はその名の通り、大阪城の東にある区です。もともとは隣接する東成区でしたが分区して旭区となり、その旭区と東成区の一部をそれぞれ分区してできた区です。発足後30年ほどで現在の鶴見区を分区しています。非常に人口密度の高い行政区であり、東京23区の特別区を除くと全国の政令指定都市の中で最高の人口密度を記録しています。 その背景としては近年大規模な高層マンションの建設があり、また交通の便も良いことから移住してくる人が多くいるのでしょう。また区全体で子育て支援にも力を入れており、自治体の運営する多くのイベントがあります。また後期高齢者介護にも力を入れるなど住むことに重点を置いた行政区です。

カーコーティングを用いて自動車の表面を保護する

自動車に対する人間による被害として引っかき傷があります。自動車の表面に塗装されているカラー層やクリア層というのは自動車の表面温度の変化に耐えるためにも、そして軽量化するためにも、一万円札と同じくらいの厚さくらいしか塗られていません。

一般的な自動車の表面というのは

表面は軽く柔らかい塗料が塗られているため、十円玉などの硬いもので擦ることによってその部分の塗装が落ちてしまうこともあります。そうした塗装を傷つける要素というのは数多くあります。ドアを開けるときの爪やカギを直接使って開けるものの場合、そのカギによる引っかき傷、また服のベルトやアクセサリーなどの金具が当たることによって塗装にキズが付いてしまうこともあります。 これらのキズというのは無意識につけてしまうこともあるため、ふとしたときに自動車の表面を見てみると大きなキズが付いていたということもあるのです。

一見キズがついていないように見えても実は細かいキズが

自動車の塗装の表面というのはよく見てみると細かなキズが無数についています。これらのキズというのは光を当ててみると確認することができます。塗装面に光を当てたり、また太陽光が反射している面などを確認してみたりするとその多くの引っかき傷に気づくことでしょう。こうしたキズというのは自動車の塗装に何かが触れたときにできているキズです。特別に硬いものが接触したわけではなく、洗車を行ったときのキズや汚れをぬぐったときのキズ、そしてそこに指で触れたときですら細かいキズができているのです。 放置をしていれば自動車はどんどんと汚れていってしまいます。しかし、汚れをぬぐうことによってキズが付いていってしまうのです。

キズを付けたくないのであれば硬度の高いコーティングを

そうした汚れを極力少なくするには、塗装の表面をできるだけ硬度が高い状態にすることです。しかし、最初から塗装されている塗料にはそこまでの高い硬度はありません。 ひとつの方法としては、その塗装のキズが入ってから細かなキズを埋めるために、カーワックスやポリマーコーティングを施すという方法があります。しかし、これらの方法というのはキズが付いたあとで行う対症療法です。そもそもキズが付かないために行うものではありません。そもそもキズが付かない方法というのは塗装の表面にガラスコーティングやセラミックコーティングを施し、表面を硬い被膜で覆うという方法です。表面が硬い被膜で覆われていればそれだけキズが付く可能性は低くなります。 自動車の塗装を長くきれいなままで保ちたいのであれば、できるだけ早い段階でガラスコーティングやセラミックコーティングを施すことをおススメします。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE