ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

古くから朝鮮半島とゆかりのある土地

生野区は大阪市の行政区のひとつです。大阪市の東に位置し東大阪市とも隣接しています。西側は天王寺区に接しており、区境にある鶴橋駅は近鉄・JR西日本・大阪メトロの乗り入れをしている駅です。そのため近鉄とJRの乗換駅として非常に多くの乗客に利用されています。 また生野区と言えば桃谷にある生野コリアンタウンでも有名です。関西一のコリアンタウンとしても知られている御幸通り商店街でも有名です。古くは古代から朝鮮半島から訪れた人が住んできたこの地域は現在では観光地でもあり、そして生活に必要なものが揃う地域に根差した商店街でもある。またこのコリアンタウンがあることからも生野区の人口の2割ほどが外国人である。

硬化型と非硬化型のコーティング剤

ガラスコーティングには大きく分けて二種類のものがあります。硬化するものと硬化しないものです。硬化型というのは、そのコーティング剤を表面に塗ることによって硬い膜が出来上がるタイプのコーティングのことです。 カーコーティングというものは自動車の表面にコーティング剤を塗布して塗料の外側に膜を作り、またツヤを出します。 例えばカーワックスは非硬化型の塗膜を作り出します。表面に蝋などでできた膜を作ることによって汚れを付きにくくし、また表面の細かな凸凹を埋めるのです。硬化しないということは実際にクリア層そのものでキズが埋まっているわけではなく、その隙間を蝋の成分で埋めているのです。

ワックスなどは非硬化型の塗膜

ポリマーコーティングといわれるコーティング剤の場合にもこうした非硬化型の塗膜です。それに対してガラスコーティングやセラミックコーティングの場合には硬化するコーティング剤が使われています。 自宅で、コーティング剤でコーティングをしたものの、固体にはならなかった、という人もいるでしょう。もちろん全てのコーティング剤がそうした硬化する成分でできているわけではありません。ガラスコーティングというのはあくまで中にガラスと同じ成分がまざっていることが定義であり、硬化するかしないかは商品によって異なるのです。

効果は高いものの施工が難しい

コーティングの効果としては当然硬化するものの方が高いでしょう。しかし、塗ったコーティング剤が硬化するというのは施工が非常に難しいということでもあります。ムラができたまま硬化してしまうと、表面にそのムラによるざらつきが残ってしまうからです。硬化するコーティング剤の場合、そうしたムラを修復するのにコンパウンドなどで削らなければなりません。そのため、DIYで施工するのは非常に難しいのです。

硬化するワックスを施すなら専門業者で

自身でガラスコーティングを施工してみたもののあまりワックスとの効果の違いを感じなかったという人もいるでしょう。そうしたときにはきちんと硬化型のガラスコーティングを試してみてはいかがでしょうか。 もちろん硬化型のガラスコーティングは施工を失敗すると塗装の表面が凸凹になってしまいます。硬化型のガラスコーティングで確実な効果を得るためには、きちんと専門のコーティング業者で施工してもらうのが良いでしょう。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE