ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

住宅街と戦後の大阪のモノづくりを支えた工場のある町

大阪市東成区は中央区の東に位置する自治体です。東は東大阪市と隣接しています。戦前の大阪市発足当初は非常に大きな行政区でしたが、旭区、城東区、生野区と分離し、現在では大阪24区の中で二番目に面積の小さい区となっています。 大阪環状線の駅である鶴橋駅と森ノ宮駅の周辺は繁華街が多く、少し治安が良くないところもありますが、そこから離れた深江側や今里などの地域は閑静な住宅街となっており、東成区そのものも子育て支援などの生活サービスに力をいれている行政区となっています。 また東成区は非常に多くの町工場がある地域でもあります。区内に1000を超える工場があり機械製造や金属加工以外にもハサミ、線香、カツラ、菅笠など非常に多くの品目がここ東成区で作られています。

カーコーティングにかかる時間は

ガラスコーティングを行う際には、愛車を施工業者に数日預けて施工をおこなってもらうことになります。コーティングを行う際には、まず自動車の塗装の表面に付いた汚れを落とし、塗装の表面を磨き上げます。通常の布などで磨き上げるとキズが付いてしまうことになりますが、専用のポリッシャーを使って磨き上げることによって、その塗装の表面の凹凸をなくし、美しい鏡面加工の表面にします。

カーコーティングを行う前に作業を行う必要がある

表面を美しく磨き上げたあとで、その表面を脱脂します。塗装の表面に油分が残っていると、そのうえにカーコーティングを施すことによってコーティングの内側に油分を残すことになってしまうからです。自動車の部品などは基本的に無機質なものでできています。金属などはきちんとその表面を処理することによって酸化などの劣化を遅くすることができます。 しかしコーティングを行う前に油脂がその塗装の表面に付着したままにしていると、その油脂が紫外線などで劣化をしてしまい塗装やコーティングに悪影響を及ぼす可能性があるのです。

コーティングを行う前の施工によって、効果の出来も

カーコーティングを行うためには、洗車をして汚れを落とし、その表面にある細かなキズがないように研磨を行い、その表面の油分をしっかりと落としたうえで施工を行う必要があるのです。 カーコーティングを行うためには、そのための環境が整っていなければなりません。コーティングを行う前の段階で、その施工の出来が大きく変わってくるのです。

時間効率を考えるとコーティングを行う方が得策

カーコーティングを行うのに時間がかかるのはそうした作業を行っているからなのです。その間自動車が使えないことが不便だと考える人もいるかもしれません。しかし、カーワックスやポリマーコーティングを頻繁に施工することを考えると、車の外観のケアにかける時間は非常に短くなっていると考えることもできるでしょう。 カーワックスをかけるには一度に二時間ほどの時間がかかります。これを月に1回、年間12回行うとすると、24時間かかることになります。ガラスコーティングのおおよその持続期間は5年です。一年でワックスにかかる時間が24時間だとすると、1年につき丸1日がかかっていることになります。施工にかかるのが数日だとすれば、5年の効果持続期間の間にカーワックスにかける時間よりもケアの時間が短くなります。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE