ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

F1でも有名な高級スポーツカーメーカー

マクラーレンはイギリスの自動車メーカーでF1などに全く興味のない人でも伝説のレーサーアイルトン瀬名の名前は知っているでしょう。マクラーレンレーシングは1980代の終わりごろから1990年代にかけてF1で黄金時代を築きました。その1990年に設立されたのがマクラーレンカーズです。高性能市版社の開発を始めました2003年にメルセデスベンツからマクラーレンの名を冠した量産車が販売されました。 公道走行向けに作られた自動車ではありますが、マクラーレンの車は無駄をそぎ落としたスピードのための設計がされたラグジュアリーな作りとなっています。

イオンデポジットとは何か

車の塗装の汚れとして良く話題に挙げられるものとして、イオンデポジットがあります。イオンというのはこの場合水分に含まれているミネラル分のことを指しています。デポジットというのは英語で残していったものという意味があり、預かり金などの意味もあります。またイオンデポジットの場合、デポジットは残留物を表します。つまりイオンデポジットというのはミネラルなどの残留物のことを指しているのです。

そもそも水道水には不純物が混ざっている

水道水というのは基本的に河川などから取り入れた水を塩素などで消毒することによって飲料しても健康上問題ないような水質になるように調整されています。またさまざまな水道局が公式に発表しているように水道水にはミネラルが含まれているため、水滴を放置しておくと蒸発してミネラルが残ります。 家庭でも簡単にできる実験方法として100円で買えるプラスチックのコップで行える実験があります。

コップに水滴を付着させたまま放置する

実験の方法は簡単です。毎日そのコップに水道水を付着させたままにするだけでいいのです。たとえば歯磨き用のコップとして使用して水が切れにくいように底の側を下にして放置します。おそらく一週間から一か月ほどでコップに白い汚れが付着し、それがはっきりと見えるようになるでしょう。これがイオンデポジットです。 実験ついでに完全に凝り固まったイオンデポジットをとることを試みてください。軽くこすってもとることはできないでしょう。

大切な愛車をイオンデポジットから守る小さな努力

こうした汚れというのは水に含まれている不純物が多ければ多いほど発生しやすくなります。先にも挙げたように水道水というのはさまざまなものが含まれており純水ではありません。場合によっては雨水よりも不純物が混ざっていることもあるでしょう。そのため水道水や雨水が車の表面についたまま乾燥して蒸発してしまうと白いシミが出来上がってしまいます。 コップの場合は多少手荒に扱ってこすり落とすこともできるでしょう。しかし、車の塗装の場合にはそのように強くこすり落とすことはできません。私たちが愛車にできるのは日々の生活の中で愛車に付いた水分が蒸発する前に拭きあげることなのです。

サービス一覧に戻る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE