大阪のガラスコーティングCarmake Artpro

BLOG

BMW 新型3シリーズセダン 330I(G20) フィルム施工‼

皆さんこんにちは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するのは、 BMW BMW 新型3シリーズセダン 330I(G20) です! 施工前   施工後   ばらし方などの番外編 リア編 リアハイマウントのカバー 作業中だったため外し方は試せて無いですが、 クリップ・ツメはこんな感じです! ハイマウント本体は従来とほぼ変わらず! リアは両裾の隙間がが少し狭くなり、僕は施工しにくく感じました。 ハイマウントの金具も、結構ぎりぎりまで来てますね(^^;;)   ドア編 全体はイメージがガラッと変わりましたね! ビスの位置は2か所、 ドアハンドル部にめくら蓋で1箇所、 めくら蓋は工具などの差し込める切り欠きが無いので、 ブチルの粘着を利用して外しました! もう1か所はドアアームレスト下に蓋無しで隠れています。 後は上部が差し込みで、10箇所のクリップで留まってますので、 下部からバリバリっと(笑)   ドアの施工の方ですが、 昇降窓は従来と変わらず、施工しにくい点はありませんが、 ドアクォーターがセラミック部の隙間があまりなく(1~2ミリ程度)、 位置決めしずらく、型もシビアに取らないと余計な手間がかかりそうです(^^;;   めんどくさい箇所は増えましたが、慣れれば難なくフィルム施工は出来そうです! BMW 新型3シリーズセダン 330I(G20)のレポートはここまでです。 皆さんのお問合せ、ご来店お待ちしております。  

BLOG

ランボルギーニ アヴェンタドールS Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日は京都府よりお越し頂いた「ランボルギーニ アヴェンタドールS 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼は人気の施工箇所フロントバンパー、ボンネット、左右フロントフェンダー、ヘッドライト左右ミラー、左右サイドステップカバーです。 バンパー、ヘッドライト、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。 まずは施工前の膜圧を計測しました。 フェンダーが349μmでした   バンパー、ヘッドライトが外れた状態です。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます。 脱着したバンパーはフォグランプを取外して施工します。 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です。 フロントフェンダー757μm <img class="aligncenter size-full wp-image-46496" src="https://artpro.blob.core.windows.net/public/2018/12/5757336F-A051-4CA0-9A15-331E3209B658.jpeg" alt="" width="4032" height="3024" srcset="https://artpro.blob.core.windows.net/public/2018/12/5757336F-A051-4CA0-9A15-331E3209B658.jpeg 4032w, https://artpro.blob.core.windows.net/public/2018/12/5757336F-A051-4CA0-9A15-331E3209B658-300x225.jpeg 300w, https://artpro.blob.core.windows.net/public/2018/12/5757336F-A051-4CA0-9A15-331E3209B658-768x576.jpeg 768w, https://artpro.blob.core.windows.net/public/2018/12/5757336F-A051-4CA0-9A15-331E3209B658-1024x768.jpeg 1024w" sizes="(max-width: 4032px) 100v のFenix Scratch Guard施工が完成です。 プロテクションフィルム施工の事ならカーメイクアートプロにお任せ下さい。

BLOG

BMW X3 完成

こんにちは。 本日は1月から進めてましたBMW X3の方が完成しましたので 新たにお見せ致します。 ピラーから上を全てアルカンターラに張替え、ステッチを入れず黒一色なので 高級感がすごいですね。 前から後ろ向きに見るとこんな感じです。   で   今回、張替えが出来ているのにナゼ完成では無かったのかと言うと   このカーボンパーツを待っていました。 純正じゃないの?と思われますが 元々は このようなウッドパーツでした。 このパーツを現物加工でカーボンに変身です。 加工自体に1ヶ月半程掛かりますが、仕上がりは抜群です。 こんな事もやってますので、お気軽にお問合せ下さい。    

BLOG

BMW 8シリーズ (G15)フィルム施工!!

皆さんこんばんは! フィルム部の小川です。 本日ご紹介するお車は、 新型 BMW 8シリーズ (G15)です。 こちらのお車は以前コーティング部でも、 Ceramic PRO施工で紹介させていただきました。 そのタイミングでリア3面もウィンドウフィルムも施工させて頂きました。 施工フィルムは IKC ルミクール NS-015HCです!

BLOG

LEXUS NXドアトリム張替

こんにちは。 本日はレクサスNXのドアトリムの張替えのお話です。 純正のドアトリムは合皮で傷の目立ちやすい生地を使っているのでこの箇所を張替えていきます。 とりあえず、ドアを外して裏側の溶着を外していきます。 そして生地の巻き込み分が増えると収まらなくなったりするので、厚みが重症な箇所は生地をそぎ落としていきます。 この後、下処理をして、ボンドを吹き付けます。 まず見る事は無いのですが、本物のアルカンターラは裏側に数メートル間隔でALCANTARAの刻印がされております。 後は張込をして組付けすれば完成です。 写真で見るとあまり違いが分からないのが残念です…。 同じ黒でも素材が変われば高級感が変わります。 ちょっとした事でもお気軽にお問合せ下さい。        

BLOG

RANGE ROVER ULGO AP-1ガラスコーティング施工

本日はRANGE ROVERにULGO AP-1 撥水ガラスコーティングを施工させていただきました。 下処理をしマスキングテープでゴム類などを保護したら磨きこんでいき、 磨き終わりましたら脱脂洗車を行い、 ULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。 次にULGO SP-1 (トップコート)を塗布した後、 仕上げにLEDパネルでムラが残っていないかチェックして完成です。  

BLOG

ポルシェ GT3 Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

  本日は大阪府よりお越し頂いた「ポルシェ GT3 」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。 Fenix Scratch Guard(フェニックス スクラッチガード)はスプレーで塗装するペイントプロテクションフィルムです。 一般的なお車の純正塗装の膜圧は約100μmほどしかなく、その中でもクリア層は約40μm程しかありません。 Fenix Scratch Guardはスプレーで約15回塗って~乾燥させてを繰り返し行い、膜圧を付けていきます。 最終的にクリア層の約5倍の合計150〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。 また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。 万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能ですが、 従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で 綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。 今回の施工依頼はオールペイントです。まずは施工前の膜圧を計測しました。 ボンネットが128μm           フェンダーが147μm ドア117μm リアフェンダー28.6μm ルーフ325μmです。 ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキング作業を行っていきます 表からの見た目では施工しているか分からないように仕上げるため、マスキング作業にはとても時間がかかりますが、 この丁寧なマスキングをすることで段差や切れ目が生じないように綺麗に仕上がるので手が抜けません。         ミラーカバー分解 黒い部分は全てマット仕上げです。 約10回塗り重ねた施工途中の状態です。 だんだんと艶が上がってきているのが写真でもわかります。 塗り上がり、バンパーやライト類を組付けたあと、このままでも納車できるレベルに塗り上がっているのですが、 さらに艶感をあげていくため丁寧に研磨作業を行い仕上げます。 仕上がった状態をご覧下さい。 まずは気になる膜圧から測定です。 ボンネットが485μm フェンダーが373μm ドア305μm リアフェンダー182μm ルーフ522μmです。       ポルシェGT3のFenix Scratch Guard施工が完成です。 プロテクションフィルム施工の事ならカーメイクアートプロにお任せ下さい。  

BLOG

Maserati Quattroporteダッシュボード張替~前編~

こんにちは。 本日はマセラティ クワトロポルテのダッシュボード張替えのお話です。 前回のこの縮みのあった写真がマセラティの物です。 ダッシュボードの上面だけ取れないので丸ごと外してしまいます。 カプラーの量がかなり多いので大変です。 外れてしまうとこんな感じです。 なかなかマセラティのダッシュボードが外れている状態なんて普段見れないですよね。 表面の革とウレタンが本体から剥離して浮き上がってました。 これを全て剥がしていきます。 革は簡単に剥離したのですが、ウレタンが部分的に剥がれていただけで全体的に張り付いていたので 土台を削らないように刃物で削いでいきます。 細かく残った分はペーパーで削り落としていけば下処理は完成です。 本日はここまでですので、完成次第またアップします。  

BLOG

BMW 8 Ceramic Pro 9Hガラスコーティング4層施工

本日ご紹介するのはBMW 8に Ceramic PRO 9H 4層コーティング施工しました。 下処理、ボディ磨きが終わった後、Ceramic PRO 9Hを各パネル塗布していき、 LEDパネルを使いムラが残っていないかチェックしながら進めていきます。 ボディにCeramicPro9Hを塗り終わったら、 トップコートのCeramicPro LIGHTを塗布して行きます。 追加オプションで、 ホイールコーティングとウィンドウガラス撥水コーティングも施工させて頂きました。      

BLOG

ダッシュボード修理

こんにちは。 本日はダッシュボードの修理+張替えのお話です。 これは日産フィガロのダッシュボードです。 経年劣化で表面のラバーが硬化し、割れています。 この手のダッシュボードは最終的にこうなりますよね。 残念な事に途中の写真を撮ってないです…。 割れて反っているいる箇所は割って剥離し、パテで補修して合皮を張りました。 完成形がこちらです。 そして、同時進行で進めているサニトラのダッシュですが、まだまだ成形い時間が掛かりそうです。 こちらもパテで修正後、合皮で張替えしていきます。 そうしている内に別の革が縮んだダッシュボードが入ってきました。 こちらも進めていきます。  

BLOG

BMW X3 天井張替え

こんにちは。 本日は前回に続き、X3の天井張替えです。 早速、ボンドを吹き付けて張込準備です。 今回はバイザーやピラー同様、黒のアルカンターラで張替えをしていきます。 生地にもボンドを吹き付けて、張り込んでいきます。 アルカンターラは日本のスエードと違い、少し硬く伸びないので張込が大変です。 張込が終わり、部品を組付けるとこのような感じです。 実際は張込だけで3時間くらいは掛かってます。 今回はアシストグリップの凹みがアルカンターラ1枚で張込は不可能だったので、 4箇所に縫製を入れて立体にしてから張り込んでます。 車両に組付けはしましたが、薄暗く見えにくいですがひとまず完成です。 天井・ピラー・バイザーの全てがアルカンターラになると高級感がグッと上がりますね。 この写真では見やすいのですが、モヤモヤとマーブルのような柄があるのが「本物」のアルカンターラでございます。 小さいパーツや、薄い色の生地だと分かりにくいのですが…。 まだ作業が残っているので、全て完成し屋外に出た際にまた綺麗に撮影して掲載致します。

BLOG

BMW X3 ピラー張替

こんにちは。 本日は前回の続きでX3のピラーを張替えしていきます。 元々黒色の内装なのですが、今回は黒のアルカンターラに張替えをしていきます。 これはBピラーですが、プラスチックやメッシュ生地からアルカンターラになると 一気に高級感が出ます。 やはりピラーや天井等はスエード系の生地が一番綺麗に見えていいですね。 次はこの天井をやっていきますが、アルカンターラはあまり伸びない生地なので、 どう張込をするか悩み中です。 無理に一枚で張ると天井本体が変形したりするので…。 作業としては本日はここまでです。 前に紹介させて頂いたポルシェのダッシュボードですが。 張替えが終わりこのようになりました。 ウッドパーツもピアノブラックにペイントしたり、グレーの箇所を黒やダークレッドのしたので 一気に雰囲気がかわりました。      

BLOG

BMW X3バイザー張替

こんにちは。 本日はBMW X3のバイザー張替えのお話です。 写真で変な色に見えますが、実際は黒色です。 これは純正の状態で今回は黒のアルカンターラを使用して張替えをしていきます。 型取りをし、型紙にした所です。 純正のビニールを剥がすと中身は発泡スチロールなのです。 最近の車のバイザーの中身はプラスチックか発泡スチロールです。 縫製をし、バイザー本体に被せた状態です。 ここからはいつものように地道に編んでいきます。 糸を引っ張り過ぎると切れる恐れがありますが出来るだけテンション掛けて引っ張ります。 アルカンターラの場合は生地が破れる可能性もあるので少し怖いですよ。 そして、完成です。 バイザーカバーのように被せてマジックテープで固定するような簡単な物では無いのでそこそこ費用は掛かりますが、 お好みの生地や色を使用したり、刺繍を入れてみたりとバイザーでちょっとしたオシャレをしてみては如何でしょう。  

BLOG

ポルシェ ケイマン内装張替

こんにちは。 本日はケイマンの内装張替えのお話です。 ダッシュボードも張替えなので現在はこのような状態です。 外すとこんな感じ。 純正では上下革を張ってますがやはり所々縮みがあります。 革の下にはこのようなラバーがあり、これも部分的に剥離して浮いていたので全て剥がします。 こう見ると浮いていた箇所は半分くらいありますね。 ノリが残っている箇所だけが張り付いてました。 ダッシュボードの下処理をし、先にメーターフードを完成させました。 シート表皮も到着し、着々と進んでおります。 プラスチックパーツ類をペイントしているので、ペイントが終わり次第一気に組み上げていきます。

BLOG

BMW X2張替施工

こんにちは。 年明け第一回目のブログはX2の張替えのお話です。 純正はMスポーツなのでアルカンターラとファブリックのコンビです。 ドアトリムはファブリックですね。 今回の張替えは新車の張替えです。 純正グレードでは配色が決まってしまいますし、車種によっては オーダーに数ヶ月~1年掛るので純正仕様での張替えもたまにあります。 今回はライトブラウンの革で張替えをしました。 ドアトリムも同様にライトブラウンに張替えです。 センターコンソールも同じく張替えました。 以外かもしれませんが、新車からの張替依頼が一番多く頂いてます。 もちろん新車でなくても中古車でも全然問題なしです。 ちょっとした事でもお気軽にお問合せ下さい。

BLOG

メルセデス・ベンツ GLC220d ULGO AP-1 撥水ガラスコーティング施工

本日はメルセデス・ベンツ GLC220dにULGO AP-1 撥水ガラスコーティングを施工させていただきました。 下処理をしマスキングテープでゴム類などを保護したら磨きこんでいき、 磨き終わりましたら脱脂洗車を行い、 ULGO AP-1 ガラス撥水コーティング(ベースコート)を塗布していきます。 次にULGO SP-1 (トップコート)を塗布した後、 仕上げにLEDパネルでムラが残っていないかチェックして完成です。

さらに表示する