ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ|スズキの施工事例

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

個性豊かな多くの人気軽自動車を輩出する
歴史ある自動車メーカー

スズキは四輪車、二輪車を製造する日本のメーカーです。四輪車、二輪車どちらの販売台数も世界で10位以内に入っており、海外では特にインドでの市場で力を発揮しており、インドの自動車販売の50パーセント以上がスズキです。 スズキの自動車といえばやはり軽自動車でしょう。軽自動車はその本体価格だけでなく税制面や燃費の面でお財布に優しいということや、かわいいデザインの車も多いことから女性に人気のある車も多くあります。また、最近ではスポーティな走りが可能な軽自動車や車内が広くたくさんの荷物を積める軽自動車など、用途に合わせた多くの車を排出させています。

自動車の塗装の厚みは

カーコーティングを行う場合はその表面の塗装を研磨することになります。塗装は下塗りから中塗り、上塗り、そしてクリア層まで含めておおよそ100ミクロンほどです。これはミリメートルに直すと0.1ミリとなります。紙の厚さで言うと一万円札一枚分の厚みです。 こんなわずかな厚みの塗装に付いた洗車傷などをポリッシャーと呼ばれる研磨機で磨き上げその上にコーティングを施すことになります。

研磨を行うことによって少しずつ減っていく

コーティングは塗装と同じように時間が経過すれば少しずつ薄くなっていき厚みがなくなっていきます。そのためそのコーティング剤にもよりますが再びコーティングを行わなければなりません。 洗車傷などが実際の塗装の上につくようであれば、再び研磨を行わなければなりません。

車の寿命を考えると塗装を維持するには

塗装を研磨していくには限界があります。削ればその分塗装の厚みが薄くなっていくからです。現在の車の一般的な寿命は10年から20年だと言われています。この期間塗装が劣化することなく愛車に乗り続けるためにはできるだけ持続力が長く、そして塗装を確実に保護できるコーティングが要求されるのです。

どんどんと延びていくコーティングの効果

技術は日進月歩どんどんと新しいものが生み出されていき、新しい技術でも施工料金も安くなっていきます。最も古い塗装のメンテナンス方法であったワックスの持続期間が1カ月ほどであったのに対して、ポリマーコーティングやフッ素コーティングは3カ月から1年ほど持続するようになりました。ガラスコーティングの場合2年程の持続するようになってきました。 最新のコーティングであるセラミックコーティングの場合、何層施工するかにもよりますが3年から5年ほど持続すると言われています。 長持ちするコーティングであればそれだけ塗装にかける負担も少なくなってきます。愛車の塗装をできるだけ美しいままに保つためには持続力の高いコーティングが望ましいのです。

サービス一覧に戻る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE