大阪のガラスコーティングはカーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

アメリカ軍の要請からできたオフロードの代名詞

ジープと言えば頑丈、悪路に耐えられる大径タイヤの無骨な車というイメージが強いでしょう。現在はフィアット・クライスラー・オートモービルの傘下にあるその車は、再二次世界大戦時にアメリカ軍の要請を受けて作られました。後ろにスペアタイヤを積んでいること。ドアが取り外せること、そしてフロントガラスすら取り外せるその独自の設計は他の自動車とは全く異なる様相をしています。 現在でも多くの個性豊かな車があり、その武骨さや他の自動車メーカーとは一線を画したコンセプトは一部のファンを熱狂させています。

スマートフォンなどのプラスチックが汚れてくる原因は

スマートフォンを使用するときにその画面にさまざまなフィルムやカバーなどをつけて保護している人も多くいるでしょう。いくら硬度の高い物質でその表面ができているといっても使用していく間に傷がついてしまうことが多々あるからです。またその表面は長く使用していると少しずつ油などが付着していき表面に汚れが目立つようになっていきます。これは指先に付いていた汚れなどが少しずつスマートフォンの表面に付着していきそれが汚れを吸いつけてしまうからです。

車の塗装面もスマートフォンと同じように油や衝撃に弱い

実は車の塗装面にも同じ症状が発生するのです。車の表面というのは金属でできた車体の上に複数の非常に薄い塗装が乗ってできています。この塗装はスマートフォンの表面などと比べると硬度が低く、より弱い衝撃であっても細い線のような傷がついたりしてしまうことがあります。

原始的なカーワックスの仕組みは

従来のワックスというものは植物成分の樹脂を利用したものでした。植物性の蝋を車の塗装の表面に塗布することによって塗装面をコーティングしていたのです。かなり遠い物質ではありますが、通常のろうそくを溶かして机の上などに落としてしまった場合、冷えて固まり、つやが出るのに少し似ているかもしれません。もちろん、自動車のワックスというのはろうそくを塗り込んでいるわけではありません。カルナバと呼ばれる植物の樹脂に溶剤を混ぜて車の塗装面に塗布しているのです。

よりコーティングの劣化を遅くするための工夫とは

しかし、いくら常温で固体化し表面を保護するというものであっても有機物が多く含まれている以上劣化をしていきます。車の表面をコーティングするものは、より劣化が少なくより硬度が高いものが好ましいのです。そのため、旧来使っていたワックスに代わって、ガラスに近い成分のガラスコーティングや遠赤外線などで熱を加えることによって強く固着するセラミックなどが利用されるようになったのです。 いくら施工が簡単だからと言って、油を塗装に付着してさせるのはコーティングという目的である以上好ましくありません。間にそうした汚れが入ってしまうということは常に自動車の塗装面に汚れを押し付けていることになるからです。おそらくスマートフォンの場合でも、カバーと画面の間に汚れがたくさん入った状態にしている人はいないでしょう。 カーコーティングはその施工の前に車の表面をいかに塗装だけの状態で凹凸なく仕上げるかがひとつのポイントとなってきます。専門の業者がコーティングを行うのはこのようにできるだけ理想に近い状態で車をコーティングすることを目的にしているからなのです。

サービス一覧に戻る

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE