大阪のガラスコーティングはカーメイクアートプロ|ダイハツの施工事例

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

小型車を中心に多くのライフスタイルを支える車を作る

ダイハツは1995年にトヨタの傘下である日野自動車と商品相互供給を締結し、現在でも部品の取引を行っています。1998年には50パーセント異常御株式をトヨタが取得しトヨタの連結子会社となっています。もともとは発動機のメーカーであり、「大阪の発動機」と呼ばれていたのが縮まってダイハツと呼ばれるようになりました。軽自動車や小型車の生産分野に特化しており、スズキと軽自動車のトップシェアを争っている。 衝突被害軽減ブレーキや乗り込みやすさを追究した機能など幅広い層からのニーズを吸収しています。福祉車両が充実しているのもダイハツの自動車の特徴です。

洗車しすぎると逆に塗装を傷つけることも

自動車の塗装を美しく保つためには適切な洗浄が必要になります。しかしそこにはジレンマが発生します。洗わなければどんどんと汚れが溜まってしまう、その一方で洗いすぎてしまうと洗車傷を多く作ってしまうことになってしまう。愛車を頻繁に洗うことによって自ら傷をつけてしまうというのではどうしてよいのかわかりません。

できるだけ汚れる前に保護する方法を

車を長く美しいままに保って行くために最も良い考え方としてそもそも汚れる前にコーティングをするという方法があります。塗装が表面に現れているままでは洗車をすると傷が付く可能性があります。そうであるのならば、新車の段階でコーティングをしてしまうのです。その段階では塗装面に付いている傷は少なく塗装にあまりダメージを与えずにコーティングを行うことができます。

洗車の際には常に塗装面の傷を意識する

またコーティングを行ったあとに正しい洗車方法を行っていくというのも塗装をきれいに保っていくために重要なことです。車をきれいにしようと考えるほど車の塗装面を強くこすってしまうかもしれません。しかしそうした強い力での洗車は車に多くの傷を作ってしまうことにもなりかねません。洗いあげる段階でも面でこするものを使うのではなく、柔らかい素材の隙間のあるもので洗うのが好ましいです。また拭く際にも塗装面は軽く布をかぶせて水分を吸い取るようにしましょう。仕上げの段階でも柔らかいタオルで拭き上げるのが好ましいのです。

汚れてからきれいにするのではなく汚さない方法を

汚れてから頑張ってきれいにすることを考えるよりも、そもそも汚れない方法をとることの方が簡単なのです。自動車の場合、カーコーティングを行うことによって車の表面に付着する汚れを受け止め、それを水洗いで落とすことによって車のきれいさを保っていくことができるのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE