ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

BLOG

Alfa Romeo Brera天井張替

こんにちは。

本日はアルファロメオ ブレラの天井張替えのお話です。

この状態で見ると天井本体は垂れは無いのですが、サンルーフは垂れ下がり

オーナー様が対処されております。

とりあえず、部品をアレコレ外していきます。

天井が外れ次はサンルーフを外していきます。

サンルーフはユニットごと外していきます。

このように丸々外さないと綺麗な仕上がりになりません。

部品が付いて固定されているとあまり分かりませんが、外してしまうと

生地が完全に剥離しているのが分かります。

もちろん生地は密着していないのでさらっと簡単に剥がれます。

そして残っている劣化したウレタンを除去していきます。

これが天井垂れの一番の原因です。

全て下処理をした後に、新しい生地と天井本体にボンドを吹き付けて張り込んでいきます。

天井本体はこれで完成です。

続いてサンルーフです。

サンルーフも同じく生地の剥離・劣化したウレタン除去してボンドを吹き付け張込します。

これで張込完成です。

サンルーフは一枚ずつ分解出来るのでこの方が作業もしやすいですし、

仕上がりも綺麗になります。

後はフレームと合体させて車両に組付ければ完成です。

天井もサンルーフも直りオーナー様もこれでやっとサンルーフが開けれる!と喜んで頂けました。

完全に生地が剥離してしまうと車内がベタベタのウレタンだらけになり、前後の視界も悪くなるので

危険です。

これから暑くなり、天井が垂れ下がってくる時期ですので少しでも垂れてましたら

お問合せ下さい。

 

一覧に戻る