ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

地域によって全く違った顔をもつ行政区

西成区は大阪の行政区のひとつです。大阪の区は分区もしくは合併していることがほとんどですが、西成区はその区域内の管轄の変更が行われることはあったものの、成立以来分区などをしていない唯一の区です。 西成というと、まずイメージにあるのはあいりん地区や飛田新地でしょう。とくにあいりん地区北西部にあったこの日雇い労働者街のあった地域が西成区全体のイメージとなってしまっていることがありますが、西成区はその地域によって大きく町の雰囲気が変わる地域でもあります。 西側の木津川沿いの地域では工場と住宅の入り混じった地域が、北部の駅や繁華街に近い地域には宿泊施設や飲食街などが立ち並び、東部の阿倍野区と隣接する地域は閑静な住宅街となっています。その地域ごとにさまざまな顔を見せる西成区。犯罪発生率などに関しても風評被害が多く、海外から多くのバックパッカーを受け入れる地域でもあります。

下取りするときのことも考えてカーコーティングを施す

自動車を新車で購入してから、廃車になるまで同じ車に乗り続けるという人もいるかもしれませんが、多くの人はその自動車を売却し新しい車を買うでしょう。自動車を売却する際の価格というのは中古市場での価格に非常に大きく左右されます。購入希望者が多い人気の車種であれば、中古市場での価格は高くなります。反対に購入される可能性が低い自動車の場合、相対的に価格は低くなっていきます。 その価格は車種、年式、走行距離などの要素によっても大きく変わりますが、塗装の影響も大きく受けることになります。

中古の買取価格は中古市場での販売価格に左右される

日本の中古自動車市場というのは外装の影響を非常に大きく受けます。まだ十分に走る車であっても、あまりに塗装が剥げあがっている場合などは購入する人が全くいなくなるため買取価格がゼロになる可能性があるからです。塗装の状況だけでなく、カラーリングなども大きく価格を上下する要素です。人気のある白や黒の場合は高く買い取ってもらえることも多くなります。反対に赤や青、黄色などの場合には買取価格が白や黒などの場合と比べる買取価格が安くなってしまいます。

コーティングを施すことによって買取価格も高くなる

カーコーティングは自動車の外装をきれいに保つことができます。カーコーティングを施し、きちんと洗車をして汚れを洗い流すことによって自動車の塗装というのはかなり新車に近い状態に保つことができます。もちろん紫外線などによる塗装の色の褪せなどを完全に防ぐことはできませんが、それでもカーコーティングを施してきちんと洗車をしてきた車と何も施さず通常の頻度で洗車をしてきた自動車では、5年、10年と経過したのちの塗装の状況が全く異なってきます。もちろん中古市場での買取価格も全く異なるのです。

自動車を美しいままに保つ費用のコストパフォーマンス

カーコーティングを施すことはカーワックスなどとは違い、決して安くはありません。しかし、塗装に対してキズが入ってしまったときなどの出費や買取のときの価格の差を考えるとそこまで大きな出費にはならないはずです。 また、自身で乗り続けている間にきれいな愛車に乗れるということも考えると決して高い施工費用ではないはずです。そうしたことも含めて、できるだけきれいな状態から継続してカーコーティングを施してみるのはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE