ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN 堺市南区のガラスコーティング[大阪]

泉北ニュータウンで有名なベッドタウン

堺市南区と言えば泉北ニュータウンで有名な区でもあります。2005年に政令指定都市移行が閣議決定し、区名が正式に決定する際に、住民投票では泉北区という意見が大半を占めたが、他の区の名称が北・東・西と方角から付けられたものであったため南区という名称になった。なお堺市には他に堺区、中区、美原区がある。 泉北ニュータウンは1965年から泉北丘陵住宅地区開発事業で作られました。鉄道なども開通し、平成4年には泉北ニュータウンの人口だけで15万人を超えていました。現在の南区全体の人口が14万人だということを考えるとニュータウンの人口の多さが分かるでしょう。

コーティングの性能の違い

カーコーティングというものが開発されて50年近くが経とうとしています。カーコーティングが一般的になりさまざまなコーティングが行なわれています。一般のカー洋品店でもコーティング剤が売られています。コーティングの基礎知識としてどのようなことを知っておけば良いでしょうか。

劣化のスピードはなにによるのか

コーティングのひとつの良し悪しの基準として、その効果期間がどれだけの長さなのかということがあります。 コーティング剤はさまざまな物質でできているものがあります。経年劣化するというのは物質が酸化したり、力や振動などが加わったことから起こります。コーティング剤にどのような物質が含まれているかによってその劣化のスピードもことなるのです。

油脂成分によるコーティング

初期に作られたコーティング剤としてポリマーコーティングがあります。ポリマーコーティングはシリコンやフッ素などを含んだ重合体を塗装の表面に塗布することによって塗装面に艶を出し、また小さなキズなどを埋めることができます。しかし、このコーティング剤には多くの油脂成分が含まれています。油脂成分は劣化が早いためコーティングを行なっても比較的劣化が早くおこります。また油脂成分と言うことは油汚れと親和性が高く、その汚れが内側に侵入してしまうことが弱点としてありました。

硬化するコーティングは劣化が遅い

ガラスコーティングやセラミックコーティングの場合、ワックスやポリマーコーティングと比較すると非常に長い効果期間を発揮します。ガラスコーティングが長持ちする理由としては有機物が少ないため劣化スピードが非常に遅く、また一度皮膜を形成すると長時間その膜が持続するという特徴があります。中にはガラス系コーティングとガラスの成分が含まれているもののほぼポリマーコーティングと変わらないような成分のものもあります。有機的な成分が多ければその分劣化のスピードは早くなります。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE