ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

古くは漁業、近代は工業、現在は住宅と移り変わる海沿いの地区

大阪市の中でも淀川の北に位置する三区には「淀川」という名称がついています。そのうちの最も海側に位置するのが西淀川区です。中島川と淀川に囲まれたこの地域は古くから漁業を中心に発展してきた地域です。その地理的特徴から古くから多くの水害にみまわれた地域でもあるため、区内の多くの神社では海上の守護神である住吉神社が勧進されています。 近現代になると水運や鉄道、橋などが整備された結果、重工業が発展し一大工業地帯に発展しました。近現代に多くの工業地帯が抱えたのと同じような公害問題が発生し水質汚濁や大気汚染が起こりました。しかし、比較的早い対策により大幅な環境改善が行われました。現在では大阪の中心地域への交通の便が良いことや、工場地帯に大型の集合住宅が建てられたことなどから、ベッドタウンとしての新しい役割を果たしつつあります。

日本にはなぜ非常に多くの
カーコーティングを行える店舗があるのか

中古の自動車の価格というのはその走行距離などによって左右されることもありますが、外観によっても大きく変化してきます。同じ走行距離であっても、塗装が新品同然の車と地の板金が見えている状態では全く自動車の価値は異なります。あまりに塗装がひどい場合には中古車としてなんの価値もないという状況もあり得るのです。

日本人独特の自動車に対する感覚が背景に

そうした背景には日本人が自動車を単なる乗り物だと考えているのではないということが読み取れます。自動車はひとつの居住空間であり、ひとつのステータスであり、そしてひとつのファッションでもあるからです。みすぼらしい格好をしている人がなかなか信頼されないように、あまりに外観がひどい車に乗っているようでは社会的に信頼されないということもあります。 こうした自動車に対する信頼というものは、戦後の日本の自動車社会を大きく発展させたひとつの要因であり、そして日本の自動車産業を大きく発展させた原動力でもあります。

ガレージのある海外の自動車文化

海外では自動車というものは、あくまで移動するための乗り物であると考える傾向が強いように感じます。特に都心部を離れ郊外で生活している人を見てみると、買い物なのでために自動車は日常に不可欠なものである反面、社会的記号としての役割は非常に少ないように感じます。 また日本のように多く自動車に対するメンテナンスを行う場所がないということや、自宅にガレージがあるため自動車をそこでいじることが多いということから、自動車の修理は自分で行うものであるという風潮も強くあります。日本のようにプロに任せて修理すること、ましてやその外装に関しての施工を行うというのは車に対して特別な愛着を持っている人か一部の行わないことなのでしょう。外国人の中には日本で走っている自動車があまりにきれいであることに驚き、法律で新車しか走ってはいけないことになっているのでは、と思った人もいるそうです。

多くの施工業者がいるができは業者によってさまざま

日本ではガソリンスタンドなど多くの場所でカーコーティングを行うことができます。またそうした場所でのサービスの内容に関しても、単純な洗車だけでなく、ワックスやポリマーコーティング、ガラスコーティングなども行っているところも多くあります。 これだけ多くの店があるということはそれだけ多くの人が施工を頼んでいるということでもあります。 しかし、その全てのカーコーティングがきちんと納得のいく形でなされているわけではありません。カーコーティングを行うには、その施工を行うために清潔でほこりの立たない環境が必要になります。 そうした信頼のおけるカーコーティングを行える環境が整った場所となると、自動車の外装に関して専門的に取り扱っている施工業者に頼むのが一番なのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE