ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

淀川沿いはかつては工場地帯として
現在はベッドタウンとして利用されている

都島区は大阪の行政区の一つで東は陸上で旭区、城東区に隣接しています。北には淀川が、西には大川が南には寝屋川が流れています。もともとは淀川の水運を利用して北部に多くの工場がありましたが、高度経済成長期の公害問題からそうした工場は地方へ転出していきました。大規模な工場の跡地は住宅として利用され、現在では大規模集合住宅となっています。また南部の寝屋川の付近には昔から変わらぬ交通の要所である京橋があります。 工場地帯であったころはその工場に勤務する人が多く住んでいましたが、工場の移転に伴って人口が減少しました。しかし住宅地の再開発が進むにつれて人口は回復傾向にあり、ベッドタウンとして定着した現在では10万人以上の人が生活をしています。

自動車を使用していると避けられない糞害

自動車を所有している人ならほぼすべての人が自分の愛車に鳥の糞を受けるという経験をしたことがあるでしょう。駐車している間に気が付けば糞をされていたり、また走行中に糞を浴びたりすることもあります。糞が付着した場所がフロントガラスなどの場合などはまだいいですが、塗装面に鳥の糞を受けてしまうと非常に愛車の塗装にダメージを与えてしまうことになります。

鳥はどのような状況で糞をするのか

鳥の糞による塗装に対するダメージを最小限にするためには、まず鳥の糞のことを知っておかなければなりません。そもそも鳥類は空を飛ぶためにできるだけ体を軽量化させなければなりません。そのため、食べたものもできるだけ体から早く排出するようになっているのです。また鳥類はあまり水分を摂取しません。水分を多くとりすぎてしまうと体重が重くなり飛ぶのに悪影響を及ぼすからです。そのため鳥は飛んでいても止まっていても頻繁に糞をするのです。

塗装に大きなダメージを与える尿酸

また糞の成分も自動車の塗装にとって大きな問題となります。鳥の糞の成分は人間とは異なり、尿酸でできています。尿酸は非常に強い酸で自動車の塗装の上に付着すると素早く塗装を溶かしてしまいます。自動車の塗装に鳥の糞が付着したときにはできるだけ早く洗い落とさなければなりません。帰宅してからでと悠長なことを考えていると、その間にも塗装が侵食されてしまい跡になってしまう可能性もあります。 また駐車中に鳥の糞を受けたときにはいち早く対策を講じる必要があります。というのは、鳥には同じ習慣を繰り返す性質があります。そこで安全に糞をすることを学習すると繰り返しそこで糞をすることになるからです。また、鳥は群れを成す性質を持っています。そこで糞をすることが日常になってしまうと次々に糞による被害を受けるという状況にもなりかねません。

鳥からの被害を防ぐためにカーコーティングを施す

また鳥の糞はその消化の速度の早さから食べたものが未消化のまま含まれていることがしばしばあります。固体が多く残っていれば車体に当たったときに塗装にキズを着けてしまう可能性もあります。また、糞をふき取るときに的確な方法でふき取らなかった場合にはその糞に含まれている細かな固体が塗装の表面で擦れることによって細かなキズがついてしまうことにもなります。 そうした鳥の糞とはなかなか避けることが難しいものでもあります。しかし、糞の被害に気付いたらできるだけ早く対処することや、車体にあらかじめガラスコーティングやセラミックコーティングなど硬度の高いコーティングを施しておくことによって被害を少しでも軽減することができます。硬度の高いコーティングであれば、それだけ糞を受けたときの塗装のへこみが起こりにくくなります。またふき取る際の擦過傷も軽減することができるでしょう。 ずっと室内に保管しておくのでもない限り、鳥の糞は自動車にとって避けられない問題です。塗装に大きな被害を受ける前にカーコーティングなどを施し塗装面を保護してみるのはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE