ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

大阪南部の台所、中央卸売市場東部市場のある行政区

東住吉区は大阪市の行政区です。大阪市の南にあり、大和川を隔てて松原市と接しています。また大和川の南にも一部東住吉区があります。もともと東住吉区は住吉区の一部でした。住吉区から東住吉区と阿倍野区が分区し、その分区した東住吉区が周辺の自治体と合併したのちに平野区と分区しました。そのため、東住吉区は東に平野区、西は阿倍野区と住吉区と接しています。 東住吉区と言えば永井陸上競技場が有名です。現在ではヤンマースタジアムと呼ばれているこの競技場は、大阪市が所有していますが、その管理に関してはセレッソ大阪スポーツクラブなどの指定管理者が行っています。その管理を行っているセレッソ大阪のホームスタジアムとしても有名です。 もうひとつ有名なものとして駒川商店街があります。大阪の中でも非常に有名なこの商店街は十字の形に通りがあり、その大部分がアーケードで覆われています。大駒川まつりやハロウィンなど商店街で独自のイベントも行っています。

硬質のコーティングは取り返しが付かない

カーコーティングを行う際には、その下準備として塗装の磨きを行います。最近のカーコーティングは表面に塗布した塗料を自然に乾燥させることによってその主成分を硬質化させ、膜を作るというものです。 硬質の膜を作るということは、以前のカーワックスやポリマーコーティングよりも下準備が重要になるのです。

以前のコーティングはカーワックスに近い感覚

そもそも従来のカーワックスやポリマーコーティングというものは、硬質するものではなく、ロウや油などの比較的軟性の高い物質で塗装の表面に付いたキズを埋めるというものでした。またロウや油などで表面につく汚れを受け止めることによって汚れが直接的に塗装に付くことを防ぐ役割がありました。硬化しているわけではないため、洗車をして洗い流すときに、汚れとともにその保護膜も洗い流しています。 こうしたコーティングの場合、自動車の表面を触ると手にそのコーティングが付着することになります。

最近のコーティングはクリア層の外側に硬い被膜を作る

硬質化するガラスコーティングやセラミックコーティングの場合、完全に皮膜が車体の表面に作られることになります。その厚さは極めて薄いものですが、その皮膜の内側に汚れなどが残っていた場合、その皮膜の内側に長く汚れを残してしまうことにもなりかねません。そのため施工を行う前にはしっかりと汚れを落とし、脱脂を行っておく必要があるのです。また、業者によって大きな差がでるのは、その洗浄や脱脂などをどこまで行うのかということです。

一度施工すると取り返しがつかないため、確実な技術を持った業者を

板金の中心などをきちんと作業することはもちろんのこと、板金の隅や他のパーツとの隙間、開けなければ見えない部分など細かい部分まで作業を行っているのか、ということも非常に大切な要素となります。 トランクを開けたときやドアを開けたときなどにだけ露出する部分もあります。こうした部分をきちんと清掃や脱脂しないということはそれらのパーツの隅々までコーティングが行われていないことになります。コーティング業者を選ぶ際にはそうした細かい場所まで洗浄しコーティングを行ってくれる業者を選ぶようにしたいものです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE