ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

新旧の大阪が見える下町と最新のビルがある街

福島区は大阪市の行政区のひとつで淀川の南にあります。最も海側である此花区と梅田のある北区の間にある区です。古くは淀川の河口であり、多くの蔵屋敷が置かれ、廻船の起点である大坂の港として非常に栄えていました。現在では高層マンションや大規模団地が建設され、区内の大部分が住居となっています。交通の要所であり、神戸方面への窓口となる駅周辺にはオフィスビルや商業地が集積しています。また古くからの長屋も残る街であり、下町らしい街と最新の高層ビルの両方がある区となっています。 中央卸売市場や新橋筋商店街、福島聖天通り商店街など特徴的な商店街もあり、野田阪神野外音楽ステージは区の公認路上ライブの場所としてアマチュアミュージシャンへの活躍の場を提供しています。

自動車につく細かいキズを防ぐカーコーティング

自動車の塗装の表面には、無数の細かいキズが付いています。大きなキズの場合には少し離れたところから見てもはっきりとキズがついていることがわかるでしょう。しかし、そうした大きなキズ以外にも塗装の表面には目視することが難しい細かいキズがたくさんついています。洗車キズなどもそうした細かいキズのひとつです。

光を当てることによって確認することができるキズ

こうしたキズを確認するためには光を当ててみると良いでしょう。細かいキズは近くで見てもわからないものです。しかし光を当てて表面を確認してみると無数の小さな線が入っていることがわかるはずです。キズというのは表面の塗装が削れている状態です。たとえ柔らかいものであっても表面で擦れることによってこうした細かなキズが無数についてしまうことになるのです。

洗車をするだけでも細かなキズが増えていく

ほとんどの人が自分の愛車をできるだけ美しいままに保ちたいと考えているでしょう。しかし、その汚れを落とすための洗車ですら小さなキズが付いてしまうのです。極端なことを言うのであれば通常の走行をしていても粉塵などが塗装面に触れることで小さなキズが付いていくことになってしまうのです。 そうしたキズを極力防ぐためには、できるだけ硬い素材で塗装の表面を覆うという方法です。それがカーコーティングというものなのです。

洗車キズを塗装に付けないために

カーコーティングは、自動車の塗装のさらに外側に皮膜をつくるように施工を行います。もともと塗装の外側には光沢を出し、塗装を保護するためのクリア層というものがあります。たいていの場合、自動車の表面についているキズとはこのクリア層に細かいキズが入って起こるものです。 最も自動車の塗装を美しく保つ方法は、自動車の塗装が最も傷のない状態でカーコーティングを行うというものです。鏡面処理などを行って塗装面を磨き上げてからすぐにできるだけ表面にキズもなく、そして汚れのない状態でカーコーティングを行うのです。 そのためには、コーティングの技術以外に研磨技術や研磨後の処理を行う技術も必要となってきます。 現在では多くのコーティングアイテムをカーショップなどで購入することができます。しかし、コーティングというのは、コーティングそのもの以外にその下処理も非常に重要なのです。本当に美しい状態で愛車の塗装を保つためには、そうした下処理とコーティングの施工の両方をしっかりと行うことができる業者に依頼するのが好ましいのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE