ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

官庁街とビジネス街のある大阪の中心地

中央区は大阪市が成立したころからあった東区と南区が併合してできた区です。大阪の多くの区は分区しているなか逆に併合してできた数少ない区です。 その名前の通り大阪の中心街であり、古くからの商業の中心地でもあります。東側には大阪の象徴である大阪城と大阪城公園があります。またその周辺には中央官庁があります。大阪区庁舎や大阪府警察本部があるのもこの中央区です。南西部にはミナミの町があり、有名な心斎橋も中心部にあります。 そうした商業地などであったため、ドーナツ化現象が進み、バブル期まで人口が亜減少していましたが2000年以降、タワーマンションの建設などにより人口が再び増加しています。 多くの企業の本社が置かれている地域でもあり、その名の通り大阪の、ひいては関西の中心地でもあります。

動物による愛車の被害を防ぐためにカーコーティングを利用する

日本人の国民的な足自動車。ほぼ一家に一台といっても過言ではないほど日本には自動車が普及しており、地域によっては自動車がなければ生活できないという地域もあるほどです。しかし、決して安いものでもありません。自動車を購入したらできるだけ長く利用したいと考えるのが当たり前でしょう。そのためにはカーコーティングなどを利用することが大切です。自動車の塗装にダメージを与えるものにはどのようなものがあるでしょうか。

最も一般的なのは鳥からの被害

自動車の塗装に被害を与えるものはほとんどが自然による被害です。雨や花粉、日光や雪など、発生するのを防ぐことができないものがほとんどです。しかし、中には動的なものであるため、そもそも防ぐことができるものもあります。たとえば動物などによる自動車への被害です。 自動車を駐車しておくと鳥獣害を受けることがあります。最も多いのは鳥による糞害です。鳥はあらゆる状況で糞をします。電線などに止まっているときにも飛んでいるときにも糞をします。 特に駐車場のそばに電線や電柱などがある場合には、繰り返し被害を受ける可能性があります。鳥は習慣的に行動をとる生き物であるため、一度その場所が安全な場所だと判断すると繰り返しそこで行動をとることになります。また、鳥は群れを成す動物であるため、そこに止まる鳥が増えていくことによって、どんどんとその数を増やしていくことになります。

ネコが引っかき傷を作ることも

また同様に車の塗装に悪影響を及ぼす可能性がある動物としてネコがいます。ネコは暖かい場所や日当たりの良い場所を好みます。ボンネットなどエンジンを切った直後の車が温かいため、自動車の車体の下やボンネットの上などにとどまることも良くあります。自動車の車体の上に上るときにはその塗装の表面に爪を立てて飛び乗ることになります。そのため車体に引っかき傷を作るのです。

被害を受けない環境と被害を受けても軽くする対策を

自動車をこうした動物の被害から守るためにはそうした動物が寄り付かない環境を作ることが先決です。しかし必ずしもそうした努力だけで防げないこともあります。そうした被害を防ぐためには、自動車の塗装そのものを保護する必要があります。塗装そのものを強化することは難しいでしょう。そのため、塗装の外側に塗装を保護するためのコーティングを設ければいいのです。現在のカーコーティングの技術というのは20年前と比較すると飛躍的に改善されています。 動物からの愛車の被害を少しでも軽減するために、ガラスコーティングやセラミックコーティングを施すのはいかがでしょうか。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE