ガラスコーティング 大阪|カーメイクアートプロ

COATING COLUMN ガラスコーティング[大阪]

日本でも最も活力のある下町

大阪市旭区は淀川の南側で最も上流にあたる北東にある行政区です。もともとは東成区の一部でしたが1932年の分区によって旭区が成立しました。古くから淀川の影響を強くから受けた地域です。現在では菅原城北大橋のたもとにある城北ワンドがバス釣りに訪れる人に好評を博しており、休日になると朝から多くの人が訪れています。 区の象徴的な植物は花菖蒲です。また区のマスコットキャラクターのしょうぶちゃんは花菖蒲と淀川をイメージしたものになっています。 区の大部分は住宅街で昔ながらの下町であり、住宅内の治安は非常に良いです。また、旭区には大阪を代表する商店街のひとつ千林商店街があります。かつてはその価格競争の激しさから日本一安い商店街ともいわれていました。千林商店街は野坂昭如の小説の舞台地租手も有名です。

春先に自動車の表面が汚れるのは

一見透明に見える空気にも非常に多くのものが含まれています。わたしたち人間のようにいきものがそうした不純物を吸い込んでしまった場合には自動的にそうした細かなちりなどは排出しますが、生き物ではないものにそうしたものが降り積もるとどんどんと蓄積されていってしまうことになります。そうした堆積物は愛車にとっての汚れとなります。 では大気中に含まれていて車の汚れの原因となるものにはどのようなものがあるのでしょうか。

春先にひどく車体を汚す黄砂

春は非常に多くのものが空から降り注ぐ季節でもあります。最も目に見える被害を与えるもの黄砂でしょう。黄砂は中国の内陸部にある砂漠の土が巻き上げられそれが降り注いでいるのです。気候状態によって大きく左右されますが、主に西日本では広範囲に黄砂が降り注ぐことになります。これらの砂は通常の砂と比べると粒子が小さいため、水分を含むと結合し、自動車の塗装のうえで乾燥すると強く張り付いてふき取ることが難しくなってしまいます。またもとが砂であるため無理にふき取ろうとすると自動車の表面に細かなキズを作ってしまうことになります。

一度へばりつくとなかなか取れない花粉

また同様に春に降り注ぐものとして花粉があります。花粉も同様に水分を含むと非常に粘り強くなってしまう性質があります。そのため花粉が降り積もった自動車に雨が降り注ぎます。また空気中に舞っている花粉と雨が固着することによって自動車の表面に降り注ぎ、そこで乾くことによって自動車の表面に張り付いてしまうこともあります。花粉の場合には放置してしまうと塗装の表面に多くのシミができてしまうことになります。

汚れてから対策を考えるのではなく、そもそも汚れにくくする方法を

どちらの場合にもすぐに洗車をしなければシミになってしまいます。しかし、そうした汚れを取るために何度も洗車をすると自動車の表面に多くの洗車キズが付いてしまうことにもなりかねません。カーコーティングは車の表面に硬質な保護膜を作ります。こうした保護膜は通常の自動車のクリア層よりも汚れに強く、洗車キズなども少なくなります。 愛車を美しいままに保つためには汚れてから必死にきれいにすることを考えるのではなく、そもそも汚れにくくなる方法を考えることです。そのひとつの有効な方法が自動車の表面にカーコーティングを施すという方法なのです。

アートプロのカーディティール職人 『匠の技』

PLAY MOVIE